【パチンコ】V-ST機で大当たり中に玉飛び不良が発生してV入賞を逃したが、満足な補償内容ではなかった-回答

今回は、遊技中のトラブルについてのご質問にお応えします。

 

KZ さんからのご質問

はじめまして。

 

いつも楽しくブログを拝見しています。

 

KZと申します。

 

今回は先日V-STのパチンコで起こったトラブルとホール側の対応について質問したく、投稿しました。

 

先日遊戯中に大当たりし、ST獲得しました。

 

しかし、大当たり中に玉飛び不良が発生してしまいました。

 

店員さんをすぐに呼びましたが、V入賞を逃してしまい時短突入。そのままスルー。

 

その後獲得できなかった出玉+100発ほど補償してもらいました。

 

ここで楽太郎さんに質問です。

 

①ガラス扉を開け、Vアタッカーに直接玉を入れた後に玉飛び不良を解消して欲しかったのが正直な所です。このような対応は法律や規則の観点からできないのでしょうか?

 

②今回はST機でしたが、確変機の場合や定量台の場合の出玉補償はどうなりますか?

 

滅多に起こらないトラブルですが、気になりましたので質問しました。

 

お忙しいところ恐縮ですが、ご回答いただけると幸いです。

 

よろしくお願いいたします。

 

※以下の情報は私の身元に繋がりそうなので本文では伏せて投稿いたしました。ご了解下さい。

 

・ホールは■(注:県名)です。

都道府県ごとに対応に差があるのでしょうか?

 

・機種は■(注:旧規則の高継続甘デジタイプ機)でした。

初当たり約200発+100発の300玉補償して貰いました。

________

ここまでが、KZ さんからのご質問です。

 

それでは回答です。

回答

結論

まずは、2つのご質問について、それぞれ端的に回答させて頂きます。

 

①ガラス扉を開け、Vアタッカーに直接玉を入れた後に玉飛び不良を解消して欲しかったのが正直な所です。このような対応は法律や規則の観点からできないのでしょうか?

 

これに関しては、大当たりや確率変動の契機となる操作を店側が直接的に手動で実施する事自体が、射幸心をそそる行為として風適法に違反するというのが、堅苦しい事ではありますが実情としてあります。

 

普通に発射出来ていればV入賞し損なうという事はまず無いと(実際にはユーザーの遊技状況によってはV入賞し損なう事はある)ユーザー寄りの考え方をすれば、不測のトラブル時の非常措置としてこれを店側が代行として実施する事は、ホール営業の円滑な運営や当該ユーザーとの事後トラブル防止の観点に立てば、実施しても構わないかと思います。

 

しかし、仮に、この行為を他の誰かが問題視し、風適法違反として都道府県警本部なり所轄なりに通報した場合には、法令に照らし合わせれば非常措置とは認められないものと考えます。

 

本件については、おそらくは上記のような事情を考慮して敢えてV入賞させなかったのではなく、単に対応したスタッフが当該遊技機の仕様や状況を十分に理解していなかったために起こってしまった残念なトラブルだったというのが、私の所感です。

 

②今回はST機でしたが、確変機の場合や定量台の場合の出玉補償はどうなりますか?

 

ホール営業は、遊技の結果得られた玉/メダルの数量に相当する賞品の提供が可能な業態です。

 

つまり、その反対の言い方をすれば、遊技の結果としてではないかたちで、賞品交換に充てる事が可能な玉/メダルを提供する事は、射幸心をそそる行為として風適法に違反すると考えられます。

 

なので、ユーザーの立場で考えるような「遊技を続行していれば得られたはずの出玉/メダル」というものに対して、それをホール側が「補償」するのは風適法違反にあたる可能性が極めて高いという事です。

 

これは、遊技機の仕様であるSTや確変ループなどの違いにより獲得期待値(メーカー側の出玉設計上の獲得平均値)がどのようなものであっても、一部の役物抽選機のように大当たり出玉の数量がほぼ一定でも、どのような場合においても同じ事が言えます。

※実際に風適法違反かどうか判断するのは各都道府県の公安委員会或いは訴訟事案になった際には裁判官であり、本回答はあくまでもホール営業管理における経験上の私見です

 

しかし、取り締まり行政側が認可した法令上の規格に則っている遊技機=検定機を正常に動作する状態で営業の用に供するのがホール営業であると解釈すると、その遊技機を設置しての営業で、不可抗力ではない類の明らかな不備や整備不良等があった事によりユーザー側が損害や機会損失(逸失利益)を被った場合は、民法に照らし合わせると不法行為又は債務不履行により、もしも立証可能なのであれば損害賠償請求できると考えられるかと思います。

 

これを本件に置き換えてみると、例えば仮に当該遊技機の発射に係る箇所に故障等が見受けられた場合には、上記のような事が当て嵌まって来るでしょう。

 

ただし、賠償が得られるか得られないか、得られた場合にどの程度になるか、算出の仕方はどのように行うのか、といった事までは実際に訴訟事案になってみないと分からない事ですので、ここでは割愛致します。

 

…回答としては、こんな感じになります。

 

後段で、補足として解説を続けさせて頂きます。

 

補足解説

どちらのご質問についても、店側としては「ユーザーへのしかるべきケア」と、「遵守する必要があり、違反すれば厳しい罰則(行政処分)が課される可能性もある法令」との間で、非常に悩ましい判断が必要になる事案と言えます。

 

こういった「面倒事」の回避あるいは免責として、ホールに限らずほとんどの業種の営業店舗では、不測の事態での判断が難しい性質の事については「遊技約款/ハウスルール」として周知になる場所になるべく詳細に常設掲示してあるのが一般的です。

 

本件に限らず、営業施設内において特に施設利用客の行動を制限する、或いは客側にとって都合が良い性質の行動であっても施設内ではそれを禁止するような類のルールの場合は、口頭でその都度「そのような行動、施設設備の利用の仕方は禁止です」と声掛けするのではなく、書面の形でしっかりと明示しておく必要がある、と言えます。

 

営業施設内においては、提示されているハウスルールに則って振る舞うという事を承知した上で施設利用する旨を施設側と客側で事前に確認/承諾している=民法上の契約が成立していると考えられます。

 

逆の言い方をしますと、このルール提示が十分になされていない営業環境においては、仮に何らかのトラブルが発生した場合に、客側は妥当な内容であれば施設側に(損害賠償)責任を求める事が可能であると思います。

 

近年では、パチンコスロットどちらも仕様が複雑化していたり、SNSの発展によりホール側のちょっとした不備や至らない対応があった際にも大きく問題視されたりする傾向があります。

 

こういった状況を考慮すると、これはあくまでも私見ですが、今後はホール側はより一層細かくハウスルールを提示し、面倒な事が発生した際に、或いは面倒事に発展しないように「免責」可能なように備える流れが定着するものと見通します。

 

 

以上、十分な回答になったかは分かりませんが、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

※「参考になった」という方や、常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2020年2月19日公開

2 comments on “【パチンコ】V-ST機で大当たり中に玉飛び不良が発生してV入賞を逃したが、満足な補償内容ではなかった-回答

  1. 匿名

    考え方が間違ってます。
    いくらルールを明記していても一方的にどちらかに有利になるようなものは民法上、契約とは認められません。
    明らかに設備の不備や機器の不良であるにも関わらず、ルールに書いておけば一切の補償は必要ないと言うのはそれこそお粗末なアドバイスではないか?
    それならば台一台毎に注意事項を記載しておく必要があるのでは?
    台によっては頻繁に玉飛び不良が起こる事が分かっているはず。
    北○無○等サ○ー系の台を打つ場合はメンテナンス不足により、度々玉飛び不良が起こる危険性が有りますが、それでも遊技されるお客様に限っては何の補償も致しませんので、よろしくお願いします。と書いておけば良いのでは?
    何故不具合がある物をメーカーに改善させられないのか?不具合を不具合と何故言えないのか?
    この台には不具合が有りますとちゃんと言える業界にして下さい。
    最近のコンビニのお弁当、魚の骨についての注意書きまで書いてある。

    Reply

コメントをどうぞ! ※返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m