ホールに出て来てスロットの高設定のヒントを教えてくれる店長の心理を教えて下さい-回答

今回は、店長の心理についてのご質問にお応えします。

 

大丸 さんからのご質問

いつもブログを拝見させて頂いております。

今回は、通っている店について疑問があるので、質問させて頂きます。

 

店長が、高設定台のヒントを教えてくれる理由はどこにあるのでしょうか?

 

この店のスロットは設置●●台で(注:100台以下です)、ごくごくたまにですが店長が朝からホール回りしています。

 

その時、常連に限り高設定台のヒントを教えてくれる場合があるのです。

 

「今日は6が6台以上、5が3台以上」

「サミーとオリンピア」

「アルゼ系かも」

「天井999のやつかも」

 

このように、一方的に言ってきて、こちらから詳しく聞いてもこれ以上のことは話しません。

 

実際に入っているのかというと、私の実体験ではヒントをもとに探して打って、偽物語A・番長3・モンハン狂竜戦線などで56挙動が出たので、本当だと思います。

 

常連の中に会話する人が居て、その人が言うには朝から来てお金を落としていく常連にヒントを出してやることで今後も通う動機付けをしている、という意見でした。

 

店長の心理はどのようなものですか?

 

店側に何かメリットがあるから、そのようにしているのでしょうか?

 

教えて下さい。

お願いします。

________

ここまでが、大丸 さんからのご質問です。

 

それでは、回答です。

犬!

回答

店長の心理

まず、結論からお話しします。

 

私見では、たまにホールに出て来て、当日の高設定台のヒントを出す行為の狙いは、下記の3点です。

 

①常連客に対して、高設定の使用実績を示すため

②早い時間帯から売り上げを伸ばそうとしている

③店長による情報発信を権威付けするため

 

こんな感じです。

 

以下で、それぞれについて見て行きます。

 

ヒントを出してくれる理由

①常連客に対して、高設定の使用実績を示すため

普段はまともな設定が少ないが、たまに適当数の高設定を使用する時があり、その際、価値が伝わりにくい(判別ができない)一般客ではなく、今後の来店動機にも結び付けられる常連客に掴ませたいという心理が働いているのかも知れません。

 

こうする事で、実際にはまともな設定が入っていない営業日でも、高設定を探そうとする常連客を一定数維持できるとも期待しているでしょう。

 

では、言っている内容が100%本当なのかと言えば、その可能性は低いと思います。

 

しかし、低設定オンリーの配分にした日には、たとえ休憩回しフォローであってもホールに出たくない、常連客と会話もしたくない、このような気持ちになる店長は多いと言えます。

 

なので、ヒントを出している時点で、適当数のまともな設定の台は、確かに存在していると思います。

 

②早い時間帯から売上を伸ばそうとしている

例として挙げて頂いたヒントの内容ですが、ある程度目星が付けられそうでいて、割と範囲が広いものになっているかと思います。

 

そのため、狙う過程で各人が複数台に触る事になり、それによって早番時間帯からそれ相応の売り上げが期待できる状況にもなるでしょう。

 

或いは、そのような展開になる可能性が高い常連客の顔ぶれ、人数、曜日、天候状況などの時にしかヒントは出していない、そこらへんはしっかり見極めて振る舞っているとも言えるかと思います。

 

③店長による情報発信を権威付けするため

安っぽい見方をすれば、「俺はほかの社員とは違う」という事であり、「レアキャラ降臨で、君たちにヒントでもくれてやろう」という感覚はあるかも知れません。

 

ただ、こういうのは小規模店舗ではそんなに悪い事ではありません。

 

理由としては、マニュアル化された大手ではやりにくい施策であり、差別化、ヤンチャさのPR、つまり要所で面白い営業をしてくれるかもという期待感に繋がる場合があるからです。

 

リニューアルなどの「ここぞ!」という時に、変なイベントを買うよりは、店長さん自ら前もって常連客に「やる気がある日」として告知しておいた方が効果的な営業になる場面はあるでしょう。

 

そういった時の発信力の強さ、信頼度は、今回教えて頂いたような振る舞いによって培われている、このように見えます。

 

まとめ

別にメディアやまとめサイトなどで話題になるお店だけがまともな営業をしている訳では無く、自社/自店が地元の常連客とうまくやって行ければそれでOKだと考えている事が窺えるような営業をしているホールも沢山あります。

 

この楽太郎としても、小規模店舗には小規模店舗なりの営業手法があっても良いと思っております。

 

大手店舗よりは、こういった味があるお店に通いたいと思う客層は昔から常に一定数居る訳ですから、そのようなニーズを掴みに行くお店が生き残る事も、業界の多様性の維持にとっては良い事なのかも知れません。

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「自分もヒントが欲しい、と思った方は、そっと押して下さい。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2018年4月9日

7 comments on “ホールに出て来てスロットの高設定のヒントを教えてくれる店長の心理を教えて下さい-回答

  1. Pingback: ホールに出て来てスロットの高設定のヒントを教えてくれる店長の心理を教えて下さい-回答 | パチパチスロスロあんてな

  2. けん

    これが唯一残されたイベント告知なのではないかと思います。
    私の通っているホールでもこのようなことが行われています。
    当初は、某掲示板で「設定情報が洩れている」と非難されていたのですが、
    現在では、「専業がうっている機種がイベント対応機種である」という
    認知がされてきてその機種の稼働が上がっているのが現実です。
    店長も、機種までしか教えていないのはこの質問主とも同じです。
    例えば、専業がゴッド系を天井狙い以外で打ってたら、ゴッドイベントであることが決定しますし。
    専業が一人もいなければ、今日は弱い日なのかな?と推察できます。
    いわば、専業を「高設定告知札」と同じように活用している
    うまい例だと思われます。
    この行為はおそらく禁止行為には触れないので今後広がっていくのではないでしょうか?

    Reply
  3. ショウ

    マイホだと店長降臨告知に加えて、データランプ色でも熱さレベル示唆しますね。
    地域1番など目指す気が全くないようで、ユルい感じが好きな一定数の客は常にいる様子です。
    個人的は応援している店です。

    Reply
  4. 遊技

    まだ緩い地域ってあるんですね。
    口頭でのそういったやりとりすらも所轄から注意される地域はどうしようもないです。

    Reply
  5. 匿名

    通報したら即アウトレベルですよ
    俺なら速攻で通報するよ
    でも、パチンコ依存症で頭がやられてる人はこの行為を「アンチ」って騒ぐかもね

    Reply
  6. 特進

    今日は頑張ってるから探し出してねって以前は何処の店でも言っていたと思います
    それを一歩踏み込んだ言い方になってるだけで特にこれと言って悪いとは思いません。探し出すにも金は掛かりますし時間もかかります。店側からすれば出す気でせっかく入れたから昼間で稼働無しだとやっぱりじれったくなるのは人の心情でしょう。そうしたらイベント禁止されている手前こういう方法を取るホールも出ても仕方ないかと思います。最初はヒント出してたが次第に店長がホールにいる時はやる気がある日だと認識されればヒントを何も出さずとも頑張ってねで皆探すようになるんじゃないでしょうか

    下手なコンサルや企画会社に莫大な金をつぎ込んでガセイベントで集客目的より全然良いのではないでしょうか

    Reply
  7. ゴンザレス

    会員(常連)限定イベント→色々アウト

    ライターモドキでイベント集客→二度と来ない、飛蝗や野良犬並に汚く食い散らかすだけの自称プロや軍団が来るだけ。

    普段遊んでくれてる常連への還元なら、これしか無いかもしれませんね。

    Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m