営業時間中に店員が来て、耳元で「店長が赤字営業すると言ってました」等と特定日/機種を示唆する行為はNGですか?-回答

今回は、スロットコーナーの営業手法に関するご質問にお応えします。

 

坊’z さんからのご質問

楽太郎さんに質問があります。

 

スロットのイベントについてなのですが、普段使いしている店ではないので毎回そうなのかは知りませんが、■(注:都道府県、市町村名)の■(注:店名)という店では営業の途中で店員が来て

 

「■(注:日付)は■■(注:機種名)をサメ・エビ・アンコウにすると店長が言ってました」

 

と耳元でささやいて行ったり、交換する時にレシートを渡しながら、そんな事を言ってくる時があります。

 

友人に聞くと、こういう告知をするのは以前に店名を冠にしていた日、あとは■(注:数字)の付く日のようです。

 

ぞろ目の日は、やったりやらなかったりのようです。

 

■月■日には、4~5日前から

 

「店長が言うには、今度の■月■日は■■(注:機種名)を頑張るそうです」

 

「真っ赤にするみたいです」

 

などとささやいて告知をして、当日は■■のシマだけ昼12時からのスタートで抽選にしていました。

 

他には、友人が言うにはイベント禁止になる前はAタイプ台のハマリ回転数が777回転以上になるとスタンプを押してくれて、満タンになるとAタイプ台で好きなのを希望日に予約して6で打てるというサービスをやっていたようです。

 

私は別に違反がどうとかは気にしないので、店が還元度の高い営業をしてくれさえすれば別に気にしないのですが、友人は

 

「通報したらアウトなんじゃね?」

 

と冗談半分で言っています。

 

楽太郎さんがみて、質問させていただいた内容はNGでしょうか?

 

それとも、証拠になるようなポスターもないですしHPもSNSでの発信も何もやっていないのでグレーでしょうか?

 

広告についての規制は詳しくないのですが、広告物を発信していないのでただ単にそういう隠れイベントを把握している常連だけが内々で楽しんでいるだけだとも思うのですが、もしも誰か店を通報した場合は違反になるものなのでしょうか?

 

証拠がないので警察が見つけて処分するのは現行犯でないと難しいとも思いますが・・・・・

 

よろしければお答えいただけると嬉しいです。

 

質問は以上となります。

 

どうぞよろしくお願いします。

________

ここまでが、坊’z さんからのご質問です。

 

それでは、回答です。

招き猫

回答

結論

まず最初に、結論からお話しします。

 

規制違反か、法令違反か、という判断には個別に解釈が伴う訳ですが、

 

  • 口頭での示唆/告知(=証拠となる物理的なモノ、或いはデータ等が一切ない)によって、特定の営業日や機種/コーナーに集客しようとする行為
  • 特に妥当な理由、必要性がない状況における、特定機種/コーナーの時差開店

 

これら2つの営業行為は、広告宣伝規制および業界側が定めたガイドラインに違反し、また風適法上でも「射幸心をそそる」と解釈されるものであると言えます。

 

また、実際に、健全化を推進する組織による、是正勧告/指導の事例もあります。

 

後段で、資料も示しつつ、解説させて頂きます。

 

解説

本件と同じような内容のご質問は、割と多く寄せられるのですが、その際に回答用に参照している資料があります。

 

これは、東京エリアにおいて、都遊連健全化センターが各組合員(=ホール)に通知したものなのですが、ご覧頂く事で、結論でお話しした事がご理解頂けるかと思います。

 

<資料>

健全化センターH.24年9月

[参照]2012年(平成24年)9月27日通知

都遊連健全化センター 7月および8月の活動状況レポートの一部

 

勧告/指導を無視するお店も…

こういった、健全化を推進する組織については、エリアによって活動が旺盛か否かは程度の差があるでしょうし、またそもそもそういった組織が組合内に存在しない場合もあるかも知れません。

 

残念ながら、全ての都道府県のこういった事情を網羅する程の情報は手元にはありませんので、そこら辺の解説はできない事をご容赦願います。

 

健全化組織の役割としては、法令をより無難に解釈して、こういう営業手法を継続していると当該エリアの傘下組合員が何らかの場面で所轄或いは都道府県警本部(=東京都の場合は警視庁)から厳しい指導や処分を課される可能性が高いので、そうならないように、健全化組織の方で事前に是正勧告/指導する、というものであると言えます。

 

なので、あくまでも「注意」程度に捉えて、電話や立ち入りでの是正勧告/指導を何度受けても、それを無視してしまうようなお店が沢山ある、というのは事実です。

 

今回話題にしているお店にしても、もしかしたら既にご当地の健全化組織から勧告/指導されている可能性はあるかと思いますが、常連客にとってはマイナスはない、むしろ有難いイベントなので通報されるという事が無いまま、たまに実施できているのかも知れません。

-広告-

お断り

ブログ/Twitterで発信活動をさせて頂いておりますと、ユーザーの皆さんが釘曲げや違法な告知物(ポスターや配信物等)の画像を送って下さり、

 

「店を晒して欲しい」

 

というご要望をお寄せ頂く機会も、非常に多いです。

 

ですが、過去にも申し上げている通り、私は取り締まる側ではありませんし、仮にお寄せ頂いた情報に勘違いや誤りがあった場合には、当該ホール企業/店舗から発信についての責任を追及されるのは、情報提供者であるユーザーの皆さんではなく、私という事になります。

 

発信活動に際して、そこまでの責任は負えませんので、これに関してはご理解頂きたく存じます。

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

※「参考になった」という方や、常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2019年5月30日公開

3 comments on “営業時間中に店員が来て、耳元で「店長が赤字営業すると言ってました」等と特定日/機種を示唆する行為はNGですか?-回答

  1. 匿名

    この記事の内容だと、逆切れオーナーのスロキチもアウトですよねこれ?

    「繁盛店になるまでは超薄利で営業します!」

    射幸心煽りまくりのことをブログで堂々と店名出して宣伝してましたから、オーナー自らw

    楽太郎店長から記事ネタにされて逆恨みしての謝罪要求とか、会話見てましたが、個人的には全く謝る必要なかったと思いますよ。

    だって、あいつ自分で規制に違反して弄られる原因作ったんですよね、それで俺を馬鹿にするな、お前は何様だ、俺はお前から舐められるような人間ではない!とか言っちゃうアスペ屑ですからw

    Reply
  2. 匿名

    でもコンサル最狂はスロキチじゃなくてブルマンなんだよなあー
    あっちのが弾け具合が凄い
    ツイッターをラインみたいに使ってるし(笑)色々すごい

    Reply
  3. 西住まろ

    閉店しちゃいましたが、
    「明日は海が熱×→暑いですよ」と天気予報を耳打ちで教えてくれる店がありましたww

    Reply

コメントをどうぞ! ※返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m