貯玉/メダル再プレーがメインのお客さんは、お店側から好ましく思われていないのか?-回答

今回は、貯玉/メダルによる再プレーに関係する事についてお話ししたいと思います。

 

業況が悪いと・・・

打ち手の皆さん、特にパチンコ専門の方は、会社退勤後に行きつけのホールを覗いてみたら、

 

  • 当日当たり回数=0
  • 確変回数=0
  • 回転数=0
  • 前日当たり回数=0
  • 前々日当たり回数=0

 

こんな感じの、オールゼロの台や、さすがにここまで酷くはなくても、

 

「マイホ、もしかすると、潰れるんじゃねーかな・・・」

 

こう思わざるを得ないようなデータの台を沢山目にする機会が増えているのかな、と思っております。

 

実際、新規導入した機種のパフォーマンスが悪かったり、規則改正を睨んで色々と手持ちの機種を撤去したり認定申請する中で残した旧台がイマイチだったり、もちろん運用の仕方でも集客状況は上下する訳ですが、

 

「パチ屋の数字の中身はよく分からんが、いちファン目線で、致命的なまでに状況が悪い

 

というお店も多々あるものと推察します。

 

そんな状況だからかどうかは分かりませんが、今年の夏場以降、

 

  • 「近所のお店は、今まで~だったのを~に変更して、節約しているようにみえるが、先行きは危ないと思いますか?」
  • 「貯玉/メダルを全部引き上げようかと、判断に迷っています。潰れる前兆みたいなものは、どこらへんに出て来ますか?」
  • 「県内が等価じゃなくなるという噂を聞きましたが、営業にどのように影響しますか?」

 

こういった具合に、行きつけのお店の事を多少なりとも心配するようなお問い合わせやコメントを頂く機会が多くなっている気が致します。

再プレーノーサンキュー?

再プレー客はウェルカムじゃない?

そんなお問い合わせの中で、結構多いのが、

 

「貯玉/メダルが適当数あって、1日の上限数(2,500個/500枚)以内に感触が悪ければ、退店するという立ち回りをしている。

 

ふと思ったが、こういう自分みたいに現金投入しないお客は、お店にとって好ましくなく、ひょっとしたら裏で嫌なお客だと思われているんじゃないか?

 

こういった主旨のものがあります。

 

その都度お返事しておりますが、先月から今月にかけても似たような感じのご質問を3件お寄せ頂いており、本日も1件お返事致しました。

 

毎度、ちょっとずつご質問や回答の内容は違う訳ですが、大体中身は同じなので、せっかくですからこの機会に

 

  • 「別に、再プレーメインのお客さんだからといって、ウェルカムじゃない訳ではありませんよ」
  • 「どうぞ気になさらず、遊んで下さい」

 

という意味を込めまして、本日お返事した内容を、記事の体裁に読みやすく仕立て直して、紹介させて頂こうかと思います。

 

まあ、サービス提供、遊技環境を提供している業種なのに、当のお客さん側から懐具合を心配されたり、こんなお客だと迷惑なのかな、と気に掛けさせている時点で、そのお店の営業は失敗しているとも言えますが、そうならざるを得ないような営業状況のお店も増えているご時世ですから、そのフォローという意味合いも込めての記事になります。

 

遣り取り内容

F さんからのご質問の主旨

「再プレー客ばかりだと、お店的には好ましくありませんか?」

 

回答

結論から申し上げると、

 

全ての遊技客がそのような再プレー状況になる訳ではなく、それもまた営業の一部であるので、特にマイナスとしては捉えていない。

 

このようになります。

 

ごく簡単に、お店側のお金/玉/メダル/景品の動きを説明しますと、

 

①発券、券売(紙幣投入による、残高のICカード/ICコイン化)

②消費(残高を取り崩しての遊技=玉/メダル貸しボタンのPUSH)

③遊技

④景品交換or貯玉/メダル

⑤再プレー

 

・・・こんな感じなのはお分かりかと思います。

 

お店における売上とは、①は現金売上、②は実質的な売上(玉/メダル貸し金額)

 

と区別できます。

 

また、④ における、景品交換か貯玉/メダルか、これについては、貯玉/メダルされたものは、区分上では「本来であれば、その日に失うはずだった粗利金額が、失われなかった」=交換待機状態と言えます。

 

なので、例えば当日に景品交換(主に金景品/特殊景品による換金)せずに、何日かに分けて再プレーして頂く事に関しては、過去において失うはずだったものが後日に振り分けられているだけなので、これを損として考える事はありません。

 

ただし、例外もいくつかあります。

 

会計処理の仕方や売上金の扱い、入金の仕方などはお店によって違う訳ですが、手元に日々現金収入が無いとやっていけないようなお店だと、どうしても近視眼的な現金の見方をしてしまうので「今日の営業は損したなー」と思ってしまう場面も出て来ます。

 

日々の営業で得られる現金を、日々の物品の購入なりまとまって月々請求される各種支払いなどに即時充てている零細店であれば、再プレー比率が高まれば「痛いな 」と考える場面はあるでしょう。

 

また、別件では、再プレー手数料をとってはいけなくなったという都合上、極度に再プレー客が多いお店の場合であれば、それが営業数字にダイレクトに影響して来ます。

 

最もそれが色濃く出てくるのは、低貸し専門店です。

 

1日の遊技客の50%以上が、当日再プレー上限数の玉/メダルだけ借りてそれ以上遊技しない、一般の現金遊技客が非常に少ない日が続く、という場合であれば、好ましいか好ましくないかと聞かれれば、ウェルカムではないと思ってしまう場面もあるかと思います。

 

ただし、いずれの場面でも、お店にとって好ましくない=打ち手にとっては好ましいという事は往々にして良くあり、これに目を瞑れるお店や気にならないくらいの一般客来店があるお店であれば、再プレーはあくまでも全体稼動の中の一部であり営業数字の構成要素のひとつに過ぎないと考えるのが普通です。

 

ちなみに、前述の①~⑤でお話しした事が、イマイチ良く分からない、という場合は、ポケットを2つイメージして頂くと良いでしょう。

 

右のポケットでは、特殊景品(金景品)を買ったりなど、お店側のバックヤードとしての事務的な会計処理をしています。

 

左のポケットでは、玉/メダルを貸し出して遊技してもらい、お客さんが獲得した個数/枚数に応じて景品を提供したりしており、その中で結果的に大部分が金景品/特殊景品の提供(換金)に繋がって来ます。

 

現金を投入して頂いたり売り上げた当日に換金されず貯玉/メダルされたのであれば、本来は金景品/特殊景品(金景品)として当日お客さんから持っていかれるはずだったものが交換待機状態になる訳ですから、減った特殊景品(金景品)分を即時補充する=右のポケットで翌日なり近日中に購入する必要も無くなります。

 

まあ、一番分かりやすく説明すると、こんな感じになるかと思います。

 

いかがでしょうか?

 

十分な回答になったかどうかは分かりませんが、また何かありましたらどうぞお気軽にご質問/ご意見などお寄せ下さい。

________

ここまでが、本日F さんにお返事した内容を、記事の体裁に仕立て直したものです。

—広告—

 

まあ、要するに、

 

エリア内に贔屓にしているお店があれば、お客さん方は、現金遊技だろうが再プレーメインだろうが、どうぞ気になさらず遊んでやって下さい!

 

このようになります。

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

「そろそろ潰れるんじゃねーかな、と思ってしまうお店は、近所にあるぜ」という方は、下のボタンをそっと押して下さい↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2017年12月11日

17 comments on “貯玉/メダル再プレーがメインのお客さんは、お店側から好ましく思われていないのか?-回答

  1. Pingback: 貯玉/メダル再プレーがメインのお客さんは、お店側から好ましく思われていないのか?-回答 | パチパチスロスロあんてな

  2. あじうじん

    はじめまして、あじうじんと申します。いつもブログ拝見しています。現役店長の楽太郎さんに伺いたいことがあります。コメント欄で質問することに問題は無いでしょうか。お返事お待ちしています。

    Reply
    1. 楽太郎 Post author

      ※こちらのコメントに関して、あじうじん さんからはTwitterのDMでご質問をお寄せ頂き、既にお返事済みです。

      Reply
  3. 東京の通りすがり膿物語

    貯玉再プレーの問題からはズレますが
    月末に名古屋へ用事で行くついでに
    名古屋駅近くの昭和レトロな中規模店で打ってこようと思っていたのですが、
    ふとPワールドを見たら 削除されていまして、
    10月か11月にあわただしく閉店したようで。
    パチの聖地といわれる名古屋でも…
    立地が良かったからこそ競合も激しいのでしょうが、本当に厳しいですね。
    2月に向け、こういうケースが増えそうで、さみしい限りです。

    Reply
    1. 楽太郎 Post author

      東京の通りすがり膿物語 さん
      いつの間にか閉店というパターンは結構ありますね。
      一昔前はDM送付やらメール配信希望の会員が多かったのでそれで閉店に気付けたでしょうが、今はメリットが無いのでそういった情報配信サービスを利用しておらず気付かなかった、という人も居るんじゃないかと思います。

      Reply
  4. 匿名

    会員カードを入れて貯玉で遊んでいると確率内に当たらないことが非常に多いです。(打った記録を残しているので自分の履歴ではそうなってます)
    こんな状態なのでお店側で何か操作をしていると疑わざるを得なくなりますが、そんなことはないのでしょうか?ないとするならそれを保証してくれる方法があったりするんでしょうか?
    当たり確率を表示しているのに疑われる意見が多いのは(文句を言う人の方が多いからということもありますが)確率を信用できないからだと思います。どれだけ長期で見れば確率どおりになっているか、差しさわりのない範囲でお店のデータを見せてくれたりできないですかねぇ・・・

    Reply
    1. 匿名

      自分は年間30万回転くらい回してますけど全然確率どうりにはならないですよ
      期待値稼動して収支取れてる人で確率が収束するとかオカルト信じてる人はいないでしょうね
      ただ10万回転も回せば100の1なら90から110くらいの間に収まりますけどね

      Reply
      1. 匿名

        30万回も回して確率どおりにならないのでは一般人だとどうにもならないレベルですね。
        回らない当たらない楽しくないのが今のパチンコというわけですね。(娯楽にならないのでやめるが正解としか思えませんね)
        コメントありがとうございました。

        Reply
    2. 楽太郎 Post author

      匿名 さん
      打ち込み個数、枚数にもよりますが経験上2カ月集計だと一般的なデジパチやAタイプ機なら初当たりに関してはほぼ設計値の近似値になりますね。
      営業データ公開系の記事は結構沢山公開していますが、ご希望はホールコンピュータの営業データを画像で公開する事だと思いますので、それについてはご希望には添えません。申し訳ありませんが、見る者が見れば簡単に身元バレするので解雇リスクが生じますm(_ _)m

      Reply
  5. らおす

    貯玉のシステム関係の営業を仕事をしています。
    最近中小の法人さんから「閉店時の貯玉の清算の件に関して…」といったお問い合わせ頂きます。

    特に認定問題で2/1以降、設置出来る機種がほぼない…賃借の都合、世代交代による事業継承が出来ないなど・・・様々な事情をお抱えです。

    数年前までは、「貯玉は自己責任」といった風潮が強かったのですが、
    今は閉店時に貯玉を清算するといった考えがかなり業界に浸透してきてますので、即閉店はあまりないと言っても過言ではないと思います。
    閉店するようなお店はある程度お察しがつきますし。

    また、法人さんからご相談を受ける中で多いのが、
    再プレーを減らしたい…減らした際にどの程度影響がでるのかといった話はよくでます。
    楽太郎さんの管理店舖では影響をあまり想定していないようですが、他法人では、かなりの痛手もしくは危惧されているところは思っている以上に多いかもしれません。
    都道府県によっては再プレー上限を認めないエリアもありますので。

    Reply
    1. 楽太郎 Post author

      らおす さん
      なるほど。
      私自身が関東圏しか勤務歴がなく、知人の多くも再プレー上限1万円エリアなので、一般客の存在感が低くなって相対的にも再プレーの存在感が上がりしんどい思いをしているお店の苦労はすぐには理解できませんでした。
      ご指摘ありがとうございますm(_)m

      Reply
  6. 兼業くん

    昨年へそくり代わりにコツコツと貯玉して
    20円スロットで7万枚程になりました
    そうこうしているうちにMHでは貯玉再プレイの上限が今年から無制限になり
    もう一生現金投資をすることは無いと思いましたが・・・・
    9月に自身のスロット人生で初と思えるような不運が連発し、ムカムカしたので
    全て換金しちゃいました
    これはさすがに店からすれば迷惑だったでしょうかね?

    なぜか?それ以降、又順調に貯玉は増えているのですが・・・

    Reply
      1. 楽太郎 Post author

        うさぎ団 さん
        私も基本的にはアンラッキー人材なのですが、一撃がデカかったり、希少な魅せ場がある人材でもあります。
        魅せ場=良い意味でも悪い意味でも、ですが。
        なのでブログネタには困らない感じです。
        身元バレ防止のため、そんなに頻繁に稼動記事を書けないのがネックですが。

        Reply
    1. 楽太郎 Post author

      兼業くん さん
      毎日良設定を使用している前提で営業している小規模店の場合だと立ち回りが店側から把握されているので、羽振りが良さそうな常連客だから返して貰おう的に、狙いがちな機種には良設定が入らない等の「対策」をされる可能性はあるかも知れませんね。

      Reply
  7. Pingback: ぱちんこ衰退新聞 18.01月号 | ぱちんこ衰退速報!

  8. あっきん

    常々気になっていたことがあるのですが、例えば、各台計数機&等価交換のお店で一万円を入れて、五千円で当たり、残金は五千円とします。
    コインを計数機に流したところ250枚でした。
    この場合自分がよくやるのが、残金五千円を全てコインに変えて計数機の枚数を500枚にして1万円に換金(古物商のお店で)という行為です。
    この行為は店にとってどのような意味を持ちますか?
    売上が増えるからよいものなのか?
    よろしければ教えてください。

    Reply

コメントを残す