SANKYOの新機種CRフィーバーR-18Rは、エロ過ぎて恥ずかしくて打てなかったり、警察庁から怒られたりしないのか?

今回は、SANKYOの新機種「CRフィーバーR-18R」は、打ち手的にも取り締まり行政的にも、アリなのかナシなのかについて考えてみたいと思います。

 

CRフィーバーR-18R

まずは、同機の機種情報の確認です。

 

<CRフィーバーR-18R>

4月9日導入開始

R18

機種絡みの記事では、まずはスペックの確認から入るのが常ではありますが、今回の焦点は「そこじゃない」ので細かい事は割愛します。

 

本題は↓

R18画像集

©SANKYO

 

こういった演出面に関してです。

 

上記の画像2点につきましては、ご覧の通り画質/サイズを落として、見にくいように加工させて頂いての紹介になります。

 

これは、まだホールデビューしておらず、メーカーとしては「転載不可」扱いにしている営業資料だからです。

※メーカー側から正式にご連絡頂いた際には、画像は即時削除させて頂きます。

 

今回、私が心配しているのは、同機における演出上の表現として、「フェチ」という言い方をしてはいるものの、取り締まり行政的には「善良な風俗、清浄な風俗環境に影響を及ぼす、害する恐れのあるエログロ表示」と見做されるのではないか?という事です。

 

[参考]weblio英和辞典より

fetish

1:呪物、物神、霊が宿り魔力があるとして未開人などに崇拝される木像・石など

2:迷信の対象、盲目的崇拝物、盲目的な愛好、狂信

3:拝物性愛 (fetishism) の対象物

【語源】ポルトガル語「魔術」の意

※「未開人」という差別用語に関しては、参考の辞典に記載してある通りに紹介した次第であり、私自身にとって好ましい表現ではありません。

 

たまらん!

同機の画像や演出に関しては、

 

「SANKYOが独自に実施した調査を元に、男性諸氏がグッとくる、女性のたまらん仕草だけに拘ってチョイスしたみたいです」

 

とは、付き合いがある販社の営業マンの弁です。

 

続けて、

 

「女性をパーツで見て、どこがイイかと聞かれれば、私は断然、ワキ派ですね」

 

ワキを堂々と見せられる女性は自分に自信があるので、同じく自分に自信があるオラオラ系の男とか、キャリア志向が高い男とかと相性がいいんですよ」

 

「私なんかは、ご覧の通りのヘナチョコですけど、ワキを露出する服を着ている女性とご一緒した際には、何かあるかも知れないのでデキる男を気取って、もしもの時に備えるようにしています。なかなか、成功しませんけど」

 

「営業資料見ましたけど、グレーの下着を穿いて、腹這いにペッタンしている画像なんか、たまらんです。SANKYOは、ここらへん、よ~~~く分かってますよ。認めざるを得ません

 

との事でした。

 

恥ずかしくて打てない!

では、こういった機種の遊技にあたり、打っていて恥ずかしくないのか?という点について、私自身は「無理!」です。

 

あーんな画像やこーんな画像が表示されるたびに、一体どんな顔で液晶画面に向き合えば良いのか?

 

また、見られている自分、というものを意識した際に、どうしても社会人としてかなり恥ずかしいという意識が働いてしまいます。

※パチンコ嫌いの方にしてみれば、「パチ屋みたいな、趣味としては極めて下卑た空間に居て、恥ずかしいも何もないだろう」というご意見もあるかも知れませんが、そこらへんは置いておきます。

 

この記事を書いている最中に、嫁さんにも先程の画像を見てもらいましたが、

 

「18歳以上の遊びな訳だから別にいいんじゃない、とも思うけど、女性目線ではこういう台の前にお座りしてニヤニヤしている男って気持ち悪いよね。無表情でも、それはそれで不気味だけど…」

 

「まあ、いいんじゃない?打つ人は、誰が何と言おうと打つんでしょ?人からどう思われるか気にしながらパチンコ屋さんに通っている人って、もうそんなに残ってないだろうしね」

 

との事でした。

 

では、先程の知人の場合はどうかと言えば、

 

「この機種、打てるのか、ですって?スペックとか釘とか度外視して言いますけど、打てます」

 

「恥ずかしいとか軟弱な事ぬかす奴は、打たなきゃいいんです。楽太郎さんも良く言ってるじゃないですか、パチンコってのは、万人を満足させる事はもう無理だって」

 

「だから、機種ごとに、それぞれジャストフィットする客層を掴まえていく方向にシフトすべきなんです。島田紳助もお笑いとか音楽論とかで、昔そんな事言ってたじゃないですか。時代を代表する芸人とか歌とかは、もう出て来ないって。個別のニーズに充て込むかどうかだけが重要なんですよ」

 

「SANKYOはね、分かってますよ。私はこういうの嫌いじゃないです、アリです」

 

との事でした。

 

警察庁的には?

では、肝心の取り締まり行政側としては、こういった「エッチな機種」についてどう思っているのかに関しては、こちらをご覧頂こうかと思います。

↓ ↓ ↓

2013年(平成25年)5月29日

日工組 通常総会後の懇親会にて

 

警察庁生活安全局保安課課長 古谷洋一氏による祝辞の一部

________

お願い事ばかりで恐縮だが、射幸性の面ばかりでなく最近、目立つかなぁーと感じる事がある。

 

液晶の画像表現の中に、やや善良な風俗、清浄な風俗環境に影響を及ぼす、害する恐れのある表示が行われていると取られかねないものがある。

 

それはエログロ(エロチックでグロテスクなこと)的なものです。

 

業界内で、そうした問題がないよう自主規制、あるいは各社内で事前チェックされているとは思うが、問題視されるものがあり、色々な場で業界の健全化が問われている中で、足を引っ張られるような事のないよう、組合員各社におかれては配慮いただきたい。

________

©娯楽産業協会 2013年5月30日up

 

こんな感じです。

 

まあ、警察庁が良し悪しを判断するためには、こういう機種が世に出ている事を感知する必要がありますが、個別の機種ごとに演出面まで把握しているなどという事は有り得ないでしょう。

 

しかし、女性の身体をパーツ分けしてエロ演出のネタにするのはいかがなものか?といった事で差別的且つ不健全だ、などと物議を醸したり、たまたま警察庁の偉い人がプライベートでこの機種を遊技したり何かの機会にホールで見かけて「最近はこんなのが営業の用に供されているのか、けしからん!」と問題視される場合もあるのでは、と思います。

 

警察庁の偉い人が、プライベートでパチ屋みたいな空間には出入りしないだろう、という事に関しては、必ずしもそうとは言えない模様です。

 

先程紹介した、2013年5月当時の警察庁生活安全局保安課課長 古谷洋一氏は、当時の日遊協会長深谷氏との「2013年新春特別対談」の場で、このような遣り取りをしておられます。

↓ ↓ ↓

深谷氏

「余談ですが、パチンコをされたことはございますか」

 

古谷氏

「大学時代に多少経験があり、賞品でもらったレコードは今も大切に保管してあります」

 

「その後は御無沙汰していましたが、昨年3月の移動内示の後、当時の勤務地の名古屋で約30年ぶりにぱちんこ店に入ってみたところ、ハイテク化された遊技機に手も足も出ず、早々に退散することに…」

 

「幅広い客層が手軽に安心して楽しむことができる環境づくりを個人的にも是非お願いしたいと思っています」

________

[参照]日遊協広報誌 2013年1月号より

 

ここまでが、対談での遣り取りの一部です。

 

 

以上、SANKYOの新機種CRフィーバーR-18Rの演出面について、色々とお話しさせて頂きました。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「打つ/打たないは別にして、演出だけは気になって来た…」という方は、下のボタンをそっと押して下さい↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2018年3月21日

7 comments on “SANKYOの新機種CRフィーバーR-18Rは、エロ過ぎて恥ずかしくて打てなかったり、警察庁から怒られたりしないのか?

  1. パチンコ自体が18禁なんですから、エログロの表現については特に規制する必要はないかと思っています
    美麗をもっと真面目?に打っておけばと後悔していたので、今回は堂々と打ちたいと思いますw

    Reply
  2. Pingback: SANKYOの新機種CRフィーバーR-18Rは、エロ過ぎて恥ずかしくて打てなかったり、警察庁から怒られたりしないのか? | パチパチスロスロあんてな

  3. かかし

    CRFフィーバービーチにその原点を見る思いがします。ただあの当時のセンスの方が許せる気もします。好んでよく打ってましたし、見切りも粘りも相性よくいい思いをさせてもらったことを思い出しました、コイツはスペック的にも演出的にも打ちませんけどねw。

    Reply
  4. ゴンザレス

    何だろう。この販社の人には親近感のようなものが湧きますな(笑)是非一度話してみたい。

    しかし、仮に警察のお偉いさんから文句があるとすれば当然

    課長(仮)「何だね‼あのエロい機種は‼即刻組合に指導をしたまへ!」

    平「( ゚д゚)(゚д゚ )<課長、あのいかにもエロそうな台を打ったらしいぜ(ヒソヒソ」

    となるわけで、それはそれで面白いやり取りだなぁ、と思ってみたり(笑)

    Reply
  5. さくら

    楽太郎サンお久し振りです(*´▽`*)昔京楽からイエローキャブとかCCガールとか台ありましたよね(*σ´ェ`)σさくらは女性ですがエロい台は好きで打ちますね(*^▽^*)女性だから打てるってのもあるけど、怖い台やエロい台は比較的好きで打ちます(*´艸`*)SANKYOならガガの台よりはましな感じがします( o´ェ`o)

    Reply
  6. 匿名

    アニメキャラがあはん!となるのはええんか?やったぜ!
    もうキタエリの歯磨きをしこたましてやるんじゃ
    楽太郎もやれ

    Reply
  7. すいすい

    たぶんですが、プチ毒を以て毒を制すじゃないかと思います。

    ホールを見れば、血しぶきが飛ぶ、幽霊が叫ぶ、拘束具を着せられた使徒が暴走して共食いをする、死にたくないカイジ、などなど・・・フェチなんかよりずっとひどい内容の台ばかりです。

    ともすれば、上記にあげた作品などは過激な表現過ぎる内容など 難癖付けられるご時世ですから、フェチはたぶん噛ませ犬用の意図すら感じられます。

    打ちました、当たり(判り)やすかったですし、出玉も良かったですよ。

    何がだめなのか、聞きたいくらいです。

    Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m