新規則パチンコ機に搭載される「段階設定」機能の追加情報

 今回は、パチンコの段階設定機能の事についてお話ししたいと思います。

 

規則改正概要の確認

まずは、今回の規則改正で認可されたパチンコの段階設定機能について、ごく簡単に振り返って確認し、過去記事で「今後の見通し」として解説させて頂いていた事も改めて述べさせて頂こうかと思います。

 

細かい規則上の項目を抜粋したり、具体的な数字を使用してのお話は一切致しませんので、さらっと読み進めて頂ければと思います。

 

段階設定機能については、最大6段階まで搭載が可能であり、特定の段階設定に限って突出した確率の変動の仕方をさせる事などは不可、とされています。

 

なので、スロットの設定6が他段階設定と比べて突出してAとBの抽選確率が良いといったエクストラ仕様なのと同じ感じで、最高設定だけ確変割合等がズバ抜けて優遇されているとか、そういった仕様にはできないという事になります。

 

また、見通しについては、おそらく当初は6段階設定搭載機が沢山出て来るという状況にはならず、せいぜい3段階くらいのものが様子見で出て来る事になるだろうというお話をさせて頂いておりました。

 

これは、どのメーカーにとっても適合率が思わしくない状況にある型式試験の事を考えた際に、敢えて6段階も設けて面倒事を増やしはしないだろう、という観測をもとに述べさせて頂いておりました。

 

では、実際のところはどうなるのか、という事に関しては、ホール側が把握している限りの情報はごく限られているので不明な点が多いと言えます。

 

3月1日の会合の内容

2018年(平成30年)3月1日に、日工組にて「新規則ぱちんこ遊技機に関する説明会」が開催されました。

 

この場では、新規則パチンコ機の保安通信協会への持ち込みは2月1日から始まっている事が明かされたものの、では実際にいつ頃になったらホールへの設置が進む見通しなのかに関しては、「現時点では各メーカーとも未定」との事であった模様です。

 

この会合において、資料を開示して説明があったのは下記3点です。

 

①規則改正に伴う組合での取り組み

・型式名の変更について(例:CR楽太郎⇒P楽太郎)

・くぎ確認シートについて(これまでメーカー毎に仕様が異なっていたが、全釘をマーク付けしたA4サイズに統一。複数枚になる場合もあり)

・性能表示モニタについて(主基板上の4個の7セグモニタにて、ベース値を常時表示する)

 

②性能表示モニタの概要について

・モニタのセグ表示内容などについて、図を用いて説明

 

③設定変更装置について

・設定変更装置の操作方法などについて、図を用いて説明

 

以上の3点です。

 

今回、この③の説明に用いられた資料を画像で紹介させて頂こうかと思います。

 

設定変更装置概要

P設定変更

P設定変更2

この資料は、A4用紙2枚で構成されているものですが、本記事では見やすいように余白カットしてあります。

 

ご覧頂けるように、造りや操作の仕方自体は、ごくシンプルなものになっているようです。

 

楽太郎の心配事

以上、ようやく情報が出て来た、パチンコの段階設定機能について、ごく簡単にではありますが紹介させて頂きました。

 

この機能の搭載に伴う、私の心配事としては、

 

①一部の打ち手の間で、デジパチ遊技機の扱いに関しての疑念がより一層高まる

・抽選確率がおかしい

・店側は、都合が良いように確率操作している など

 

②設定変更の不正(ゴト)行為の事例が上がって来る

・中古機として流通したものが、悪意ある者の手によって不正な改造を施されて再設置される

・ゴト師による不正な設定変更 など

 

③ホールにおける内部不正が横行する

・店長以上のものが把握していないところでの設定変更が行われる

 

他にもありますが、ざっとこんな感じです。

 

また、打ち手目線で見れば

  • 釘調整以外に、正式に認可された利益コントロール手段を得た訳だが、これで本当に酷い釘曲げが無くなるのか?
  • 釘調整が抑制された/完全に無くなったパチンコなんか、面白くない
  • ホール側はどうせ、打ち手にとって一番不利な段階設定で放置するはず

 

こういった事を考えている方も多いかと思います。

 

新規則機の設置が進んでから、パチンコシーンがどういった状況になるのかについては、私自身もまた「色んな意味で楽しみ」に思って待っているところです。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「段階設定機能が付いても、ホール側はガンガン釘調整するだろうな!」、と思う方は、そっと押して下さい。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2018年3月1日

4 comments on “新規則パチンコ機に搭載される「段階設定」機能の追加情報

  1. 伸治

    遠隔だ!とかいうオカルト信者は減るかもしれませんが、スロットみたいに
    ベタピン営業してる店は今以上に叩かれるでしょうね(-ω-;)
    釘曲げもどうせやるでしょうし、釘を1本も使わない台が出来たとしても、
    傾斜角度を変えて全然回らないように設置するでしょうし、
    いずれにせよ、ぼったくり店はあの手この手でぶっこ抜いて来るんだろうなと思います(-ω-;)

    Reply
  2. Pingback: 新規則パチンコ機に搭載される「段階設定」機能の追加情報 | パチパチスロスロあんてな

  3. ソムリエ

    今までパチンコの台上カウンターって
    何の意味もなさなかったんですけど
    「総回転いくつで何回当たりだから、これは高設定かな?」
    というノーマル機スロットみたいな、打つ動機を客に提示出来ると考えます。
    上の方の言うとおり「釘」や「傾斜」をいじらなければの話ですけど

    Reply
  4. 匿名

    結局はメーカーよりパチンコ店が100%出さない様にできるので台のポテンシャルを潰されておもしろくなくなり客離れが加速。バカ業界自分で自分の首絞めて更に酷くなる

    Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m