知人からのメール内容紹介【G20大阪サミット入替自粛日程】【メーカーの販売日程】【依存問題対策】

今回は、普段から遣り取りしている同業の知人からのメール内容を、極力原文に近い状態でご覧頂きます。

 

知人A氏からのメール

(導入部略)

※所属ホール企業に関する記載があります

 

それと、大阪サミット(注:2019年6月28日、29日)に絡んでの入替の自粛についてですが、■遊協からはまだ何の話も下りて来てませんが、総務委員会の人が言うには

 

「1月の執行部会で話は出ている」

 

との事でした。

 

内容は、警察から要請があるか、それに近い言い方で理事会クラスの大きな会合で行政講和が出た時には、6月初週~6月29か30日で変更承認申請の持ち込みを自粛する方向で検討するというものです。

 

私、持ち回りで■(注:所属組合での役職名)をやっていまして、その関係で聞いた話です。

 

既にメーカーも、少なくとも2社は販売スケジュールにそれと同じ時期での自粛が来る事を織り込んでいるようで、ざっくり作成した年間販売予定表で6月前後の予定だけ抜けてました

 

例えば■(注:メーカー名)は、年間4タイトル出したい、もちろん適合状況次第ですが、GW前後にメインタイトルを出してその後は自社の認定切れ機種の撤去規模をカバーする形でポンポン出して行く、最大のヤマ場は10~11月で相当な台数が動くんじゃないかという事でした。

 

これは担当営業の上司の発言ですがさすがにオフィシャルではないでしょうが、■(注:メーカー名)としては絶対に今年は12万台以上売りたい中で6月を除外しているので、ホールよりは警察庁と距離が近いメーカーですから警備規模などの情報や前例を考慮して、自粛日程を織り込んだのだと思っています。

 

年間で見た時に全国的にどうなるか、ある程度読めて来たかと思います。

 

基本はサミット自粛が前述日程で来て、それプラスでエリアごとの大きな行事に合わせて自粛がある感じでしょうか。

 

なので、サミット自粛しかないエリアも出て来るのかもしれません。

 

それと、以前楽太郎さんが仰っていた

 

「今後はギャンブル等依存症問題啓発週間(注:5月14日~5月20日)も業界に大きな影響を与える」

 

という事ですが、これは今年はメーカーの販売スケジュールにも影響するのではないかと思っています。

 

いくらGW連休が終わったからといって、啓発週間の真っ只中に大々的にPRしてメイン機を販売する事はメーカー側も難しいでしょうし。

 

なので、GW直前の販売商戦が拡大する、というのと、サミット自粛直前にあたる5月27日の販売商戦が急拡大する、という風に見ています。

 

今のところは、ですが。

 

私はこの手の話に疎いのですが、

 

「警察庁は今後、啓発週間内における業界の自己都合でのアクション(入替、広告宣伝等)を極力抑えさせる方向で指導する」

 

「対世間を意識したアクション(業界における依存問題対策の取り組み状況の広報等)を奨励する」

 

という楽太郎さんの見解は”ある話”だと思いました。

 

啓発週間は今後毎年やって来るわけですがそこで何をやるか?

 

というのは未定だというのは吉田氏(注:POKKA吉田氏)のレポートでもまた別の言い方で書かれていましたし。

 

前々回に頂いたメールで

 

「警察庁が主導したか全日遊連、日遊協が自主的に言い出したか分からないが、啓発週間内に全国のホールで数日間の休業日を設けるというプランもあった

 

との事でしたが、それは今年はそうならないようでほっとしています。

 

私としても、この期間に組合の方で強制的に店休を設けるような真似をしてしまっては、ホール営業は依存症患者の生産工場だ、ホールが無くなれば依存症は無くなるのだ、と認めるようなものだから絶対にやってはいけないというのは、楽太郎さんと同じ意見です。

-広告-


サミットの入替自粛ですが、早く決めてしまわないとみなし機の問題が再浮上するでしょうから、全日遊連と各方面組合のスピード感が問われる事になるでしょうか。

 

急場で自粛が決まった場合に、買って入れ替える事ができないからベニヤを張るのかというとそれは嫌だというホールもあって、こっそりそのまま設置していたら立ち入りを喰らったりお客が通報して露見するという最悪のパターンも出て来るかもしれません。

 

去年、阿部理事長はホールは状況が良くないので自粛はしたくない、とアナウンスしていましたが、

 

【参考】WEB GreenBelt

『全日遊連、2019年の入替自粛は予定なし』

2018年9月26日up

 

過去のサミットでは例外なく自粛しましたし、2万人規模で警備人員を集めるイベントでは業界はそれに自粛で協力して来たわけですから、今年に限ってやらないという事は無いでしょう。

 

入替のパワーゲームを一息つけるメリットもあるわけですから、自店では決まれば歓迎しますね。

 

そういうホールは中小中心に多いでしょう。

 

いやなのは結局大手だけです。

 

営業エリアに■(注:大手ホール企業店舗)がありますが、彼らは28%も高射幸性機を持っていますし。

 

(以下、略)

※営業エリアの事情が記載されているため、ご本人より非公開とのご指摘がありました。

________

知人A氏からのメール内容は、上記の通りです。

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

 

 

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2019年2月5日公開

3 comments on “知人からのメール内容紹介【G20大阪サミット入替自粛日程】【メーカーの販売日程】【依存問題対策】

  1. 匿名

    全然関係ない話だが、都内来週またファン感謝デー。
    いつも思うが、1等、2等など豪華賞品と称して用意された賞品
    本当に欲しいと思ってる客なんているのだろうか?
    特に実用家電などは自分で気に入ったデザインのものしか自宅に置きたくはないと思う。
    ましてや、未だに大型テレビとか失笑ものである…。

    これなら当たりorハズレだけにして、
    より多くの客にささやかな賞品が渡されるほうが効果はあると思う。

    そもそも、こんな遊び心のない無意味でクダラナイ祭を
    定期的に開催するのはやめろと皆思っていることだろう。

    Reply
    1. 匿名

      過去に空気清浄機と電子レンジが当たったことがあるけど、使わないのでずっと未開封のまま。
      お菓子や飲み物、カップラーメンを配布する店舗もあるのでそちらのほうがありがたいですね。
      遊戯中にもらっても邪魔になることもあるので、一番無難なのは飲み物ですかね。

      Reply
  2. 入れ替え自粛とかどうでもいいからさ、いつ潰すか早くおしえてよ。社員の行く末なんて知らんよ。賭博開帳なんだから、犯罪者の事など関係ない。もちろん、わけのわからん理屈で合法となっているが。

    Reply

匿名 にコメントする コメントをキャンセル