パチンコ旧基準機の納品ゲージや釘調整について-回答

今回は、旧基準機の納品ゲージ等に関するご質問にお応えします。

 

トラボル太 さんからのご質問

楽太郎さんこんにちわ

 

パチンコの「釘」の事でお聞きしたいことがありまして、質問フォームを利用させていただきました。

よろしくお願いいたします。

 

旧台が認定されて延命されているのを見かけるとたまに遊技するのですが、私が通っているホールですとほとんどの旧台が他入賞釘が開け調整してあり、しっかりと入るようになっています。

 

その分スタートの入りは良くないのですが、こういう調整にするのは立入りを警戒してのことだと思います。

 

打つ側といたしましては回してくれた方がうれしいのですが警察の目を気にする以上しょうがないかな、と割り切っています。

 

質問なのは、なぜ他入賞釘を開けるのか、です。

 

ホールとしては、ここは真っ直ぐ(メーカー出荷状態)にして、スタートをもう少し開けた方が打ち気をそそって稼動が上がると思うのですが違うのでしょうか?

 

私なりに考えた理由は、旧台だと開けないと入らないものがあるのではないか、ということです。

 

旧基準、新基準という区分がいつからそうなったとか、詳しい事は頭に入っていませんが、北斗無双くらいから他入賞が入りやすくなったと認識しています。

 

つまり、旧台だと、そもそも入りにくい出荷釘の台がある?

 

この台は出荷釘でも沢山入るけど、別の台だと開け調整しないと全然入らない、などという違いはありますか?

 

質問は以上となります。

よろしくお願いいたします。

________

ここまでが、トラボル太 さんからのご質問です。

 

それでは、回答です。

 

回答

入賞しにくいゲージは、ある

ご質問への回答が前後しますが、通っておられるお店の古めの機種の一般入賞口周りがプラス調整されていて、なぜそうなのかトラボル太 さんの考察によれば

 

・旧台だと、そもそも入りにくい出荷釘の台があるのでは?

※この台は出荷釘でも沢山入るけど、別の台だと開け調整しないと全然入らない、などという違いがあるのでは?

 

との事でした。

 

これに関しては、どの機種の納品ゲージ(メーカー出荷時の釘並び)なら一般入賞口がしっかり拾って、どの機種の場合は拾いにくいのか、具体的に機種名を挙げて説明させて頂くのは困難です。

 

理由としては、お応えしにくい事ではありますが、私自身は検定時と異なる釘の状態で販売された可能性がある遊技機=「不正」遊技機の撤去問題が起こるまでは、1台も納品ゲージのまま運用した事がないからです。

 

一応、20年の業界キャリアがあり、それこそ数百型式/何万台も釘調整して来たかと思いますが、ただの一度も無調整で営業現場で使った事が無いので、具体的な機種名を挙げたり検証データを元にしてお話しする事はできません。

 

しかし、ゲージの観点から、こういうタイプの機種は拾いにくい/拾い易い、という違いがあるのは確かです。

 

また、こういった違いがある事は、メーカー側も正式に認めています。

 

まさに、「不正」遊技機の存在が撤去問題に発展する直前期に、日工組が警察庁に提出した書面があり、そこにトラボル太 さんがご指摘の「旧台だと、そもそも入りにくい出荷釘の台があるのでは?(だから、立ち入り検査時に確実に拾うように、プラス調整しておかなければならない)」という考察への回答があるかと思います。

 

以下で、書面を参照します。

 

資料

出荷釘1

出荷釘2

※資料はA4用紙2枚ですが、読みやすいように余白カットしてあります。

 

書面を素直に読めば、さすがに1個も拾わないような納品ゲージの機種は無いが、取り締まり行政側が把握している検定機とは異なる状態で出荷していた機種はある、という事になります。

 

運用上の考え方は?

次に、トラボル太 さんが通っておられるお店の調整の仕方として、ほとんどの古めの機種の一般入賞口は拾い易くプラス調整してあるが、その分、スタート入賞数はいま一つ物足りない状態である、との事でした。

 

これに関しては、お店側の運用上の心理として

 

古めの機種が打てる、という価値だけを提供し、それ以外の価値(回り方など)は一切提供する気がない

 

機種(ゲージ)に応じて叩き分けするのが面倒なので、一律同じ考え方(=遊技産業健全化推進機構の立ち入り実射時に、確実に拾うように)で調整している

 

こういった事が挙げられるかと思います。

 

①に関しては、このブログでは何度も申し上げておりますが、パチ屋のセオリーとしては複数の価値を一緒に提供する事は無く、逆の見方をすれば敢えてそうしているお店こそが優良店であると言えます。

 

例を挙げれば、新台導入時の場合、新台だという価値だけを提供して厳しく運用して売上/粗利担当にする、というのがセオリーなら、より多くのお客さんが触ってみたい新台だからこそ甘く運用する、という事が可能なお店なら、「新台」と「甘めの運用」という2つの価値を同時に提供している事になり、それがストロングポイントになるという事です。

 

②に関しては、これは(そもそも釘に触るなよ、というご指摘は置いておいて…)打ち手の事を考えて昔ながらのマメな運用を心掛けるのであれば、スペックに応じて調整の仕方を変えて、その機種の悪いところを補正して、良いところを際立たせるという運用が(伝統的なパチ屋の在り方としては)理想的です。

 

しかし、そうするだけの金銭面/時間的な余裕が無い場合、ご指摘の通り一律同じような運用にして放置、という状況にもなろうかと思います。

 

そちらのお店の設置機種や配置が分からないので、これ以上突っ込んだ事は申し上げられませんが、おそらくはそういった機種はバラエティーコーナー設置でしょうから、乱暴な言い方をすれば「打ちたい人は勝手にどうぞ」みたいな運用なのではないかと推察します。

 

実際に、私の管理店舗でも、「不正」遊技機の撤去問題以降はどの機種であっても一般入賞口がしっかり拾うように運用しており、その分だけ分間スタート数値に関わる事に関しては打ち手目線では「物足りない」ものになっている台が多いかと思います。

 

しかし、それでもある程度勝手に稼動する台は沢山あり、そういった台は大体は、新基準機よりもスペック力で勝る、ちょっと古めの機種です。

 

なので、トラボル太 さんが通っておられるお店の考え方を邪推すれば

 

  • 「確実に拾わないと面倒な事になるから開けておく、その分だけスタート周りは厳しくする」
  • 「それでも打つお客さんは多いから、この運用の仕方は正解」

 

こんな感じかと思います。

 

 

以上、十分な回答になったかは分かりませんが、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

※釘調整に関するご質問は毎月沢山お寄せ頂きますが、ひとつひとつの回答にパワーが掛かるのと、記事にしてお応えし辛いという事情があり、返信が遅れがちです。

※釘調整=無承認変更、検定型式の不正改造を礼賛したり、正当化しようという意思はありません。あくまでも、数十年来この業界が行って来た伝統芸能的なものとして、また現時点ではある程度それを行わないと利益コントロールできないという事情の説明として、お話ししております。風適法の下で営業するのであれば、法令順守の観点から、将来的には例外なく検定型式での営業に変わって行かなくてはなりません。

 

 

「釘調整の記事は書くな!」、という方は、そっと押して下さい。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2018年3月22日

17 comments on “パチンコ旧基準機の納品ゲージや釘調整について-回答

  1. 匿名

    釘曲げという犯罪を犯す理由にユーザーのためとか遊技者目線でなどと都合の良い事を言うなよ
    そう言う偽善面した悪人気質な部分がパチンコ業界が国民から嫌われてる所なんだけどまだ理解出来ないのか?

    Reply
  2. 56

    釘の違法調整で出率が下がった台を打たされたユーザー
    →普通の業種なら全額返金もの
    金返せ

    Reply
  3. Pingback: パチンコ旧基準機の納品ゲージや釘調整について-回答 | パチパチスロスロあんてな

  4. GON

    いろいろと嫌味を書かれていますが、私はパチンコ屋の内情等を正直に書いてくれる楽太郎さんには感謝しています。これからも内情を語ってくれることを願います。
    釘調整なんてどこもやってきたことだし、今更それをここで叩いても意味ないでしょ。ただ、これだけ叩く人が多いと大衆娯楽であった一昔前とはだいぶ変わったなぁと思います。

    Reply
  5. 匿名

    叩いてるのはいつも同じ人だと思いますけどね。
    すごく、マメにチェックしてそう笑

    楽太郎さんのブログ見るようになってから色々と見方が変わったので、すごく感謝してます。

    Reply
  6. 匿名

    いくら綺麗事並べても釘曲げしてる犯罪者には違わないでしょ?
    あれほど警察から釘曲げは違法だからするなって言われてるのにまだやるって確信犯じゃん
    上から利益を上げるように言われて釘曲げという犯罪をしなきゃいけない業界とかブラック過ぎるでしょ

    Reply
  7. ゴンザレス

    いわゆる旧基準でも、右打ち等で一般入賞口にある程度入ることが前提(H社の一部の台とか)の物もありますから、何とも言えんでしょうね。

    しかし、釘関係は荒れますね・・・。酷い所もあるから、気持ちは分からんでもないですが(´・ω・)

    個人的には、馬鹿正直に答えるのは、かなり誠意がある行為だとは思いますが、避けた方が良いかもしれませんね。

    Reply
    1. ゴンザレス

      とは言え、一般入賞口に入れることで長時間遊べる遊技を目指していたはずなのに、一般入賞口をちょっと閉じるだけで回転数をグッと下げられている新台を見ると、少々イラッとするのも事実ではありますが。

      旧基準より投資が速い新基準新台とか、何を考えているのやら。

      Reply
  8. daidai

    犯罪というのなら、構成要件を一つ一つあげて、その該当性を適示した上で、それぞれについて刑事法上の違法性を述べてから指摘してくれないと議論になりません。さらにいうと、風適法は刑事法ではなく行政法規であり行政罰があるとしても「犯罪」という用語は誤用であり、行政罰と刑事罰を混同した無知の自認に他なりません。
    そうでなく刑事法上問題となるというのであれば、まずどの法律のどの条文から問題になるのか指摘いただかないと何を話しているのか分かりません。

    まあ問題提起ではなく、単に荒らして都合の悪い議論を封殺するための業界関係者の戯れ言であって、本来スルーが推奨なのでしょうが、教養も知能指数もあまりにも低いのでコメントしました。

    ただ、楽太郎さんも分かった上で敢えてやってますね。業界関係者にとって「触れたくない話題は何か」の炙り出しにはいいのかもしれませんね。

    Reply
  9. かずま

    ゴンザレス様もdaidai様も私にしても、初期からの読者ですから、「業界の事を考える際の判断材料を提供する」というブログ運営方針を理解しているので話について行けますが、新ブログになりブログ村のスロットジャンルランキングに参考したあたりから⚫ねだのといった低脳なコメントが増えたように思っております。
    ここまで業界のタブーに切り込んで読者参加型の運営をしているブログは他に無く、大変貴重だと私は思っております。

    Reply
  10. サザビー

    パチンコ屋のクセに常識人ぶるのがムカつくんだよなあ

    しょせんは朝鮮玉はじき屋でしょ

    コロされたって文句言えない立場

    Reply
  11. 匿名

    別にクソボッタ釘と言いたいだけだろ
    いいんじゃねえのベースさえあれば
    CR変動停止でも適正ならばそれでええやん
    知らんお客からは嫌われて客数がどんどん減るが、それが適正なんだから

    Reply

コメントを残す