全日遊連がメーカー団体に「認定機への確実な部品供給」を要請

今回は、遊技機の認定絡みの問題についてお話ししたいと思います。

 

組合組織の在り方について

この楽太郎、コメント欄やお問い合わせなどで

 

「楽太郎さんは組合信奉者だけど、実際のところ全日遊連とかあっても意味ないと思います。組合としての取り決めを無視しても何の不利益も発生しないなら、存在する意味なんか無いのでは?」

 

こういったご指摘を受ける事がたびたびあります。

 

しかし、取り締まり行政側が遣り取りする際の窓口として、或いはメーカー等との団体交渉主体として機能するのは組合組織な訳であり、その取り決めに従う事は個々の店舗の方針が抑制される側面はありますがそれでもやはり必要な組織であると、私としてはそのように考えております。

 

傘下ホールが一致協力して組合組織に力を持たせて、巨大な力を有している監督官庁や大手メーカー(団体)と対峙する以外に、中小ホール企業の集合体とも言えるぱちんこ営業が生き残る術は無いとも思っておりますが、そうあるためには全日遊連にはやるべき事はやって頂く必要があります。

 

これから紹介させて頂く、メーカー団体への要請文については、規則改正に伴う認定申請絡みの事で必ず話題になる事ですから、私としては言うべき時に言うべき事を正式に通知してくれたのかなと、そのように評価しております。

 

要請文の内容

2017年(平成29年)11月9日に、全日遊連から

 

  • 日工組(主にパチンコメーカーで構成される組合組織)
  • 日電協(主にスロットメーカーで構成される組合組織)

 

これらに対して発出された通知書面の内容がこちらです。

↓ ↓ ↓

________

認定機への部品供給について(要請)

 

時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 

さて、認定機への部品供給について、部品の製造業者の廃業や型番の変更があったことなどを理由に、部品供給が困難となる旨を主張する遊技機メーカーが散見される状況にあります。

 

遊技機の部品在庫の保有期間については法律的な縛りがなく、各遊技機メーカーの判断に委ねられていることは十分承知しておりますが、風営法において認定制度が規定されている以上、「検定期間3 年」及び「認定期間3 年」の6 年間については遊技機メーカーとして部品供給を行う道義的責任があるものと考えております。

 

また、私どもホール営業者といたしましては、最長6 年間は使用できることへの対価として高額な遊技機購入代金を支払っておりますので、これまでも欠品を理由に部品供給をストップする遊技機メーカーに対しては個別に申し入れを行うとともに、貴組合に対しましても、6 年間は部品供給を確実に行うことを傘下の組合員メーカーに指導されますよう、繰り返し要請してきたところであります。

 

今後、規則改正に伴う膨大な数の認定機が生まれることを踏まえますと、認定機への部品供給は、我々ホール営業者にとって正に命綱であるとともに、業界存続のための大きなポイントとなることからも、傘下の組合員メーカーに指導の徹底を図られますよう、ここに改めて強く要請いたします。

________

ここまでが、全日遊連が発出した通知書面の内容です。

 

要請文のポイント

この通知書面の重要な点は、

 

風営法において認定制度が規定されている以上、「検定期間3 年」及び「認定期間3 年」の6 年間については遊技機メーカーとして部品供給を行う道義的責任があるものと考えております

 

この一文に集約されています。

 

実際の営業現場では、認定を取得してほんの数ヶ月の遊技機に主基板故障が疑われる異常が発生して、正規に交換発注をしたところ、在庫が無い事を理由に泣く泣く撤去せざるを得なくなったという場面もあります。

 

要は、ホール側としては認定制度の利用によって遊技機としての延命措置を図ったつもりでいたものが、それが叶わない場面も多々あるという事です。

 

今回の通知書面は、このような事情について、改めて問題提起したものとして重要な意味を持っていると言えます。

 

また、これは、打ち手の皆さんにとっても人ごとではありません。

 

日ごろ通っているお店の大好きな台が認定申請した事で、規則改正後も向こう3年間は正規に設置が可能となった事でホッとしていたら、例えばレバーや液晶画面が故障しましたとなった際に「これくらいならすぐ直してくれるだろう」と思っていたら、そのまま撤去されてしまうという場面も出て来る訳ですから。

 

メーカー側も、交換在庫の常備に色々と面倒な事情もあるのかも知れませんが、通知書面にもあります通り「最長6 年間は使用できることへの対価として高額な遊技機購入代金を支払って」いるとも言える訳ですから、最大限の努力を払って善処して頂きたいと、私としてはそのように思っております。

 

認定制度の概要おさらい

このブログに限らず、ここ最近のみなし機の取り扱い関連の情報が出るたびに頻繁に話題にされる事ですから、この認定制度についてそんなに詳しくは無かったという読者の方でも、どんな感じでぱちんこ業界が遊技機を取り扱っているのかご理解頂けて来たかと思います。

 

ですが、尚も「よく分からん!」という方がいらっしゃった場合は、とても分かりやすく図示してある資料が手元にありますので、参考にして頂ければと思います。

↓ ↓ ↓

認定制度概要

[参照]

「toyusho」2017年11月号(Vol.96)

発行:東日本遊技機商業流通組合

 

—広告—

 

最後に

検定が切れそうな遊技機をそのまま継続設置したい場合は、検定切れの前に認定申請を行う(在庫としてではなく、その遊技機が”設置中”である事が必要条件)事が理想です。

 

しかし、営業規模が小さいお店の場合にはそもそも系列店移動する機会自体がなかったり、最悪の場合だと「故障した場合でも、正規の手続きを経ないで、こっそり部品交換しちゃえばOK!」といった具合に認定制度の範囲外で勝手に営業の用に供している場面もあったりするのが実情です。

 

どれくらいの割合でそういった不良店舗があるのかデータ化するのは不可能ですが、私見では法令順守意識が低いお店はまだまだ存在し、適正な遊技機の取り扱いが出来ていないのが実際のところだと思っております。

 

改めて、旧来的且つ時代錯誤的な感覚で営業する事は危険であり、組合の取り決めや制度を理解して遵法営業に努める事が肝要であると申し上げて、結びとさせて頂きます。

 

 

以上、認定申請に関係した直近の組合の動きについて、ごく簡単にではありますがお話しさせて頂きました。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「認定機=部品交換が保証されている訳では無いのか…知らなかったぜ!」という方は、下のボタンをそっと押して下さい↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2017年11月9日

8 comments on “全日遊連がメーカー団体に「認定機への確実な部品供給」を要請

  1. 通りすがり

    これは難しい問題ですね。
    本当に軽微な部品変更や型番変更、急な生産中止で部品交換ができなくなるのは実際日常茶飯事ですし。
    じゃああらかじめストックしておけよってなるとその分コストがかさみます。

    加えて、この業界の特性上規則(内規含む)や解釈基準の変更、警察庁からの通達、ゴトによるセキュリティ上の問題が発覚等で、ストックしていた部品が使えなくなる可能性も高いです。

    よって、部品のストックについては民生品より余計なコストがかかるわけで、そうなると間違いなく台の価格に反映されます。

    「最長6年間は使用できることへの対価として」というくだりもわからなくはないですが、ホールの方々はそれより遥かに短期間で機械代が回収できるよう台の選定・運用をされているはずですので、実際は6年の運用を想定して対価は支払っていないと思われます(勿論、長く使えるのに越したことはありませんが)。

    権利を主張することは大事ですが、この辺の事情も鑑みた上で、お互いに納得のいく着地点を探るしかないですね。

    Reply
  2. 絶句

    だーかーらー!
    毎日違法釘曲げに手を染めてる犯罪者が順法とか、ふざけんなっての!
    お前いっつも言われててまだわかんねのか?
    脳が腐ってんの?
    違法換金してて順法とかよう言えるわな、ほんまに

    Reply
  3. 匿名

    自動車などは決められた年数(10年だったでしょうか)部品を供給する義務があるのですが パチ業界もあれば良いとおもいますがね。

    Reply
  4. 匿名

    あなた方今まで良い思いして!規制入ってこの様かよパチンコ屋が潰れようが何のメリットないで

    Reply
  5. ゴンザレス

    某社「分かりました。ではバラ売り不可のセットで●十万円でご提供いたします。お高い?いえいえ、これはお客様に長く満足に使っていただくための『配慮』。オーホッホッホッホッ!!お客様が満足されたら、それが何よりの報酬で御座います・・・」

    しかし家電なんかは製造中止後、5年くらいは部品提供だかの義務があるらしいですが、台には無いんですね。知らんかった。経産省でなく警察庁が所管している弊害ですな(´・ω・)

    Reply
  6. 匿名

    いつも記事を楽しみにしている読者Gです。
    違法だからとかどうとかってコメントを良く見るようになりましたが、
    ここに違法だの何だのとコメントしたところで何も変わりませんよ。
    楽太郎氏を誹謗中傷しても何も変わりません。

    「あなたは何がしたいのですか?」

    Reply
  7. 半人前

    打ち手としてはホッパーやレバー、ボタン等が遊技中。特に天井間際やボーナス、AT中等に壊れた際違法とは分かっていても直してもらいたいですけどね。
    打ち手側でそうした調整や無承認変更を批判する人って、そういった際も文句言わないんですかね?
    それとも自分はもう遊技することが無いから、なんでもかんでも文句言ってるんですかね?

    Reply
  8. 匿名

    そんなことよりメイドインアビスの演出を妄想しようぜ
    右にナナチ役物(もちろんふあふあの)がついているから、停止中にさわると応答する
    んもぁ? 高確率でしゃべる
    んなぁ~ 設定123456 発生確率1/10
    お前うっとうしいんだよ!設定135 発生確率1/60
    おぉ、お前のさわりかたがいやらしいんだよ!設定246 発生確率1/120
    レバーを叩いたときに
    内部の電熱線が発熱しナナチが温かくなる(激アツ)
    ナナチのほおが赤くなる(激アツ)
    ナナチはかわいいですねボイス発生(当確)

    ふあふあのナナチに根性焼きを入れた者→アビス行き

    はやく開発して、どうぞ

    Reply

コメントを残す