深夜が主流だった「遊技機の点検確認作業」を、日中に移行していく方針が決定

今回は、遊技機の点検確認等に関わるバックヤード事情についてお話しします。

 

遊技機の点検確認について

読者の皆さんにおかれましては、ホール営業における遊技機の取り扱いについて、細かい事まではご存知なくても、部品交換やら何やらの場面では、正規の変更かどうか/検定型式が保全されているかといった観点で「点検確認」が必要だ、という事を見知っている方が増えて来たかと思います。

 

このブログでも、特に今回の規則改正に伴う認定申請事情として、販社さんはこういう業務にあたっていて大変な毎日を過ごしていますといった具合に、いくつかの記事でお知らせしておりました。

 

【参考】

①2017年10月12日公開

『本日より、認定申請時の点検確認料が値上げ』

 

②2017年11月1日公開

『認定申請狂騒曲-旧台を残すために奔走する裏方事情について』

 

業界の悪習

この点検確認や、ホールの管理業務の一部に関しては、「悪しき慣習」「狂った感覚」と呼べるようなものがあります。

 

それは、この手の多くの業務は、サービス残業/早出で行われたり、無理なスピード感を求められたりする、といった事です。

 

遊技台を開けての作業が必要な場合は特にそうで、これは営業時間中にごちゃごちゃやると稼動にマイナス影響したり、「何か悪い事でもやってるんじゃないの!?」といった疑念を抱かれてしまうと考えるホール経営者が多いからそうなる訳です。

 

働き方改革がどうの、被雇用者の心身の負担がどうのと、営業者の法的義務に関してのチェック目線が厳しいものになっているご時世であっても、比較的大掛かりな設備変更や入替等の場面でも極力「ひと晩作業」で終わらせようとしたり、従業員には時間外労働手当を出さず、出入り業者に過度な負担を強いてでも、営業日数/時間を少しでも多くしたい、機会損失したくないと考える守銭奴的な考え方の経営者がいまだに多いのが、この業界の姿と言えます。

 

ただし、私くらいの世代であれば、そういった働き方が当然という認識で若手時代を過ごしましたし、またそれに見合うだけの給料を貰っていたり、物品等の支給も含めてそれ相応の待遇で扱われていた者も割と多く居たのも事実ではあります。

 

しかし、今はどうかと聞かれれば、妥当な給料/待遇でそういった業務にあたっている業界人がどれだけ多くいるのかと考えた時に、疑問符が浮かぶと言わざるを得ません。

 

そういった意味では、いい加減この業界も、まともな雇用の感覚、時間や金銭の感覚に改めていかないと、いつまで経っても社会の底辺業種という誹りに苦慮し続ける事になるでしょう。

 

そんなこんなで、今回、業界6団体代表者会議で、新たな方針が取り決められましたので、紹介させて頂きます。

 

資料

日中の点検確認

点検確認中

腕章

 

まとめ

時間外業務全般に係る負担に関して、ぱちんこ業界はかなりルーズであり、メーカー側/販社側/ホール側の全てにおいて経営者クラスは見て見ぬふりをしたり、それがこの業界なんだと開き直って現場に暗黙の了解的に強いて来た時代が非常に長かったというのは、先程参考として紹介させて頂いた過去記事でも述べさせて頂いております。

 

そういった「時代錯誤的な業界の常識」を改めるための方針として、今回の決定事項には大きな意味があると、私としてはそのように思っております。

 

最後になりますが、打ち手の皆さんにおかれましては、ご遊技中のホールにて、何やら遊技台を開放して色々とやっているような場面に出くわしても、正規の点検確認業務な訳ですから変に誤解なさらないようにお願いしたいと思います。

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「無報酬の時間外労働が当たり前というのは、前時代的な悪習だ」と思う方は、下のボタンをそっと押して下さい↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2018年3月15日

5 comments on “深夜が主流だった「遊技機の点検確認作業」を、日中に移行していく方針が決定

  1. Pingback: 深夜が主流だった「遊技機の点検確認作業」を、日中に移行していく方針が決定 | パチパチスロスロあんてな

  2. しょうゆ味

    早ければ3年後くらいにはそうなっているかもしれませんね
    しばらくは旧態依然のままだと思いますが後進のためにも必要な変化だと思います
    こういう決まり事は大手ホールほど浸透に時間がかかるという体質があるのであまり期待はしていませんが…

    これも業界縮小の影響なのだろうなと思います
    昔は販社も機械が売れていたので深夜のサービスをしてもそれに見合う報酬があったのが
    機械が売れずサービスに報酬が見合わなくなったということなのだろうなと思います
    労働環境の改善とはとってつけた建前で…
    縮小のスパイラル、業界内でのカネの流れが変わっていく過程における現象のひとつなのでしょう

    Reply
  3. 伸治

    近所のホールは既に日中に行っております(・∀・)
    「点検なんて閉店後にやれよ、うるさいなぁ」と思ったりするのは、
    それが“当たり前”な時代にパチ屋でバイトしてたからですね(-ω-;)
    ステレオタイプ思考は良くないですね(-ω-;)
    先月ぐらいから日中に点検やってたんで、近所のホールの店長や
    もっと上の経営者は先見の明があるのかもしれませんね(・∀・)
    ただし、設定配分はだいぶえげつないので、もうちょっと客に還元して欲しいなと思います(-ω-;)

    Reply
  4. 匿名

    うちの方も既にやってますね。以前は新台月曜オープンだったのが、月曜の昼間点検、火曜オープンって感じです。1日稼働停止するので、売上的にはどうなんですかねえ?

    Reply
    1. syouyu

      お疲れ様でございます
      もともと店休日のない地域だったのが、入替翌日は店休日をとって点検確認と警察検査、翌日オープンということでしょうか

      噂では入替作業自体が日中へ移行するとかしないとか…
      もし入替作業が昼間となれば、運送、入替作業、点検確認をケツの決まっている検査時間までに…と考えるとまたムリな工程になりそうだなあと思っています
      2日間も休むなんてそれこそ売上的にもありえないでしょうし

      Reply

コメントを残す