スロットで出しているとスタッフが「筐体内の小箱の蓋を開ける」時がありますが、これ、何ですか?-回答

今回は、スロット筐体や店側の対応についてのご質問にお応えします。

 

yamada さんからのご質問

こんにちは楽太郎さん

 

いつも楽しく拝見させていただいております、早速ですが自分の行くホールでの出来事なのですが、前々から腑に落ちない事がありまして質問させてください。

 

そのホールでは4以上確定演出すら見た事ないような店なのですが、仕事等であまり時間の取れない身分の自分は、

 

「負けるのは仕方がない ある程度遊ばせてもらえればよし」

 

くらいの考えで通っている養分です。

 

ただそんな低設定ばかり打っていても、事故を起こして間違って出てしまう場合がございます、そんな時は当然頻繁に追加補充が行われるわけですが、その時の店員の行動がどうも腑に落ちないのです。

 

大した枚数を持っていない時はコインを補充して、払い出されていないコインを出す以外の行動は一切しないのですが、ある程度の枚数を持つとそれ以外に何か機械内の小さな箱の蓋をあけたりします。

 

勿論多分アルバイトであろうその店員が、出ている台を出なくするボタンを押したり(笑)、設定を打ち換えたりなんて事は微塵も考えてはおりませんが、低設定ででない前提の台が爆発しているので、上からの指令で何か不正が行われていないか確認しているのではないかと勘繰ってしまいます。

 

あれは一体何をしているんでしょうかね?

 

もしお分かりになるのであれば教えて頂きたく存じます。

________

ここまでが、yamada さんからのご質問です。

※全文そのままです。

 

それでは、回答です。

筐体内の小箱

回答

分からん!

このブログには日々色んなご質問/ご意見などをお寄せ頂いている訳ですが、毎月大体50~60件くらいの営業に関するお問い合わせの内、1割程度は

 

「筐体内のこれ、なんですか」

 

「ホールに、こんなもの(設備機器、店舗備品らしき落し物)がありました、なんですか」

 

「遊技機のこの箇所(基板)って、どんな役割があるんですか」

 

「遊技中に液晶画面に不具合が出て、結局直りませんでした。どういう状況ですか」

 

こんな感じのものがあります。

 

お店によって、使用している周辺設備機器やセキュリティ関連の備品はかなり異なるので、ズバリこうですよ、とまでは申し上げにくいのですが、毎回分かる範囲で私見を述べさせて頂いております。

 

具体的に教えて頂ければ・・・

ですが、例えば今回のようなご質問であれれば、「機械内の小さな箱の蓋をあけたり・・・」という、何気ない表現の解釈が、実は結構難しかったりします。

 

この、「小さな箱や蓋」が、

  • ドア側に付いているものなのか
  • 筐体内にあるものなのか
  • 基板ケースなのか
  • サイズは?
  • 形状は?
  • 厚みがあるのか
  • 平べったいのか
  • 色は?
  • どんなフタなのか
  • どこらへんの場所に付いているのか
  • 蓋を開けるだけなのか
  • セグ表示部などがあるのか
  • スイッチ的なものがあるのか
  • スイッチの形は丸いのか、四角いのか
  • 材質はプラスチック主体なのか
  • 金属っぽい部品が付いているのか

 

こういった、より細かい情報がないと、分からない場合が多いです。

 

情報が多ければ多いほど、

 

  • 払い出し枚数カウント用のセンサーかも知れません
  • ホッパー内のメダル残量を把握するためのセンサーかも知れません
  • 役比モニターです
  • ワイヤーロックです
  • 物理的にドアオープンを認識して発報するためのセンサーです
  • 光学的にドアオープンを認識して発報するためのセンサーです
  • ドアオープン信号を検知するための配線です
  • セレクターの蓋が脱落しただけです
  • ホールコンピュータやデータランプに出力するための配線抜け/情報端子盤の点検です
  • ホッパーから溢れたメダルを回収ベルトに落とし込む部分です
  • 筐体に標準装備されている小型回収タンクです
  • キュインキュイン鳴らすための、後付けの光センサーです
  • 筐体の装置が正常に作動するか試すためのデバイスチェック機能ボタンです
  • 音量調節つまみです
  • エコ機能のON/OFFです
  • 不測の事態で出荷時状態に初期化されてしまったので、復帰させるための操作です

 

こういった具合に、より正確にお応えする事ができるようになります。

 

もちろん、打ち手の皆さんにしてみれば、

 

「そんな細かいところまでいちいち見てね~ぜ!」

 

というお気持ちになるのが当然な訳ですが、もしも今後こういった類のお問い合わせを頂く際には、可能な限りで結構ですので、前述したような観点で今一度状況を整理して、より多くの、具体的な情報を元にお問い合わせフォームをご利用頂ければ助かります。

 

この楽太郎、店舗運営/管理能力的にも技術的にも平々凡々とは言え、一応は現役店長ですから、お寄せ頂いたご質問に対して「分からんです!」と一言でメール返信するのは恥ずかしいので、是非ご協力頂ければ幸いです。

—広告—

 

ゴト師による不正はみんなの迷惑

今回のお問い合わせ文の最後に、

 

何か不正が行われていないか確認しているのではないか?

 

こういったご懸念がありました。

 

これは、昨日公開した記事にも関係して来ます。

 

【参考】2017年11月13日公開

『ゴッド凱旋の新たな不正事案発生について-高井砲は決定的』

 

つまり、悪意を持って不正行為に及んだり、不正な改造を施した基板を搭載した遊技機をホールに設置するような、ごく一部の者のせいで、純粋に遊技を楽しんでいたり、その遊技機を営業の用に供しているホールは、多大なる迷惑を被っているという事実です。

 

朝一2,000円で当てて、そのまま一直線で7,000枚払い出している。

 

中身は設定1。

 

ここまでは、日々の営業でも良く見かける状況です。

 

しかし、それに、

 

  • 出している遊技客に対して、話しかけて来る者が複数名居る?
  • たまに店外に出て電話をかけている(ように見える)
  • たまに下パネルが消灯する(MENUボタンを押している?)
  • 筐体左側に、常に友人らしき者が立っていて、カメラから死角になる
  • 遊技中にそわそわしている(ように見える)
  • 取り巻き連中がやけにスタッフに話しかけて来て、気を引こうとしている(ように見える)
  • 1BET/2BETボタンを押したり、変則押ししたりと、一般的な遊技とは異なる操作状況に見える

 

こういった、そのお店のチェック項目上のイレギュラーが重なれば、

 

「何か、不正を働かれているのかも?」

 

と思い、筐体内外に傷が付いていないか、変なにおいがしないか、標準装備品以外のものが付けられていないかなど、目視点検に及ばざるを得ない状況になるという事です。

 

また、不正の予防や牽制として、一定枚数以上の獲得時には、所定の点検(の振り)を行うようにマニュアル規定しているお店もあるでしょう。

 

気持ち良く大量獲得していたり、或いは不幸にもハマっていて気分が悪いお客さんが、自分が遊技している台を長々と点検されたり、インカムで何やら報告を繰り返されるのは、不愉快と言わざるを得ません。

 

また、お店側としても、本来はそんな事はしたくありません。

 

そういった意味でも、ゴト行為は絶対に許されない、そのようにお話しして、この記事を締めたいと思います。

 

最後になりますが、yamada さんにおかれましては、大したお返事ができなくて申し訳ありませんでした。

 

また何かありましたら、どうぞお気軽にコメント/お問い合わせフォームをご利用頂ければと思います。

(お返事は全て順番で対応しておりますので、1~2週間ほどお待ち頂く場合が多いですが・・・)

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「筐体内の箱・・・これがウワサの、店長ボタンに反応して作動する”天井ストッパー”装置か!?」という方は、下のボタンをそっと押して下さい↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2017年11月14日

6 comments on “スロットで出しているとスタッフが「筐体内の小箱の蓋を開ける」時がありますが、これ、何ですか?-回答

  1. 山田太郎

    こんにちわ楽太郎さん、いつも楽しく拝読させていただいております、今回は自分のしょうもない質問を取り上げて
    下さってありがとうございます、今度はもう少し具体的に説明できるように追加の際はしっかり見るようにします。
    ただ今度があるかが問題です、長年通ってきたホールでただでさえ出ない店なのですが、新基準の影響か
    もうどうしようもない程スーパー激辛になりまして、さすがの私でも行くのが馬鹿らしくなってきました。
    他のホールに行かない私はそれに伴いパチ、スロから遠ざかってしまってます、ベニヤ時代も経験しており
    ホールの復活を願いますが今回ばかりは無理かもわかりませんね。

    Reply
    1. うさぎ団

      山田太郎様
      私も2号機時代から楽しんでる者ですが、
      ホントに状況厳しいですよね。
      スロットにきつい規制が入ったときはパチが緩和
      その逆も多くあり、規制が入るときでも何かしら明るい材料が
      あったものですが、今回ばかりはホントに何もないですよね。
      自分としては、低換金率・ラッキナンバー制にでも
      戻ってくれないかなと願っております。

      まぁ、無理でしょうが・・・
      足が遠のくばかりですね。

      Reply
    2. 楽太郎 Post author

      山田太郎 さん
      まともな回答になりませんでしたが、そんなこんなでどうもスミマセン。。。
      それにしても、山田がyamada だと、それだけでかなり印象が違うというか、一気にイカした感じになるので不思議なものです。
      これが、横文字の魔力なのかも知れません。

      Reply
  2. しょう爺

    どうも、楽しく拝見さして頂いております、私は昔から平台「一般電役?」を楽しんでる者ですが、最近楽しく打てる平台が無いのが寂しいですが、今後、平和などのメーカーからは、その様な機種は開発されるのでしょうか?一発台的なのは、もういいかなと、老人をいたわる台を楽しく、マッタリ打ちたいものです。
    (^ν^)

    Reply
    1. うさぎ団

      しょう爺様

      平台とはハネ物のことですかね?
      自分もパチンコはじめた頃は、1000円握りしめて朝から並んで
      釘もまともに見ることができないくせに走ってハネ物に行ってました。
      ハネ物に走るのは自分と友人だけでしたがw

      賞球もオール10とか13とかあって、少ない金額でもそこそこ遊べてたましたね。
      それこそ、色んなメーカーが個性のあるハネ物を出しており、
      玉の動きひとつで一喜一憂していました。
      また、店ごとに置いてある機種も違って
      店の個性を楽しめていました。
      今は、ホントにハネ物少ないですもんね、
      あっても釘が厳しすぎますよ、へたしたらデジパチよりも
      早く玉がなくなってしまいますもん><

      Reply
      1. 楽太郎 Post author

        しょう爺 さん&うさぎ団 さん
        業界的には、平台と言った際には、狭義には「チューリップ台」を指しますね。
        特賞がなくて、チューリップ開放で出玉獲得するタイプのやつです。

        広義では、羽根物なども含めて良いでしょう。

        最近の機種で敢えて本来的なものに近い例を挙げれば、愛喜のコスモアタックみたいなやつです。

        Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m