【今週の見通し】2020年1月27日(月)~2月2日(日)

今週は関東圏でもついに降雪か?という報道です。暑いのは嫌ですが、寒いのも嫌です。

 

今週の判定

4円P 20円S
27(月) ×
28(火) ×
29(水) ×
30() ×
31(金) ×
1() × 💀
2() × 💀 ※お店によりゾロ目イベント
  • 「♥」有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日
  • 「○」遊べそうな日
  • 「-」お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日
  • 「×」特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日
  • 「💀」全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

 

そのような方は、幸いです。

 

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

また、仮に得られたとしても、それはごく短期的/個人的なものであり、人生設計上は何の役にも立たず、周囲の人を幸せにできるようなものではありません。

 

 

解説

<パチンコ>

基本的には、粗利主眼で営業するお店がほとんどです。

 

直近で供給台数および導入店舗数が多かったものはPウルトラ6兄弟Pビッグドリーム2激神であり、他に特筆すべき動きが無い以上、今回はこれらの新機種についてごく簡単にではありますがお話しする事になります。

 

とは言え、細かい数字を並べて他の同様のタイプ/スペック機と比較して…といったお話は私自身も面倒ですしユーザー目線でも構えて読み進める必要がありますから、今回はそういう事ではなくパチンコシーン全体を見た際にこれら2機種はどんな感じの位置付けなのかについてのみ述べさせて頂く事にします。

 

まず、前者について、ユーザーの皆さんからは

 

「京楽OKは、またウルトラ系なの?」

「という事は、その内またライダーでも出すんだろ」

 

といった声も聞こえて来そうですが、ハッキリ言って仰る通り…という事になります。

 

同社に限らず、いつまで経っても旧MAX機時代のタイトル機を今でもホールにとってのメイン機(確率1/300前後のタイプ機)としてセールスの中心に据えているのは何故なのか?

 

という事について、その理由としては

 

①なんだかんだでホールは、ユーザー側にイメージが定着しているシリーズ機種を好む(つまり、メーカーとしては売りやすい)

 

②払出性能が高く型式試験に落ちやすいタイプ機を根気強く持ち込んで適合させる(つまり、何度か落ちて費用が嵩む)にはリスクが生じ、敢えてそのような開発/販売上の判断が可能なのは自社で過去に実績がある主要タイトル機に限られる

 

…こんな感じの事情がありますので、業界人目線からすれば「仕方がない」とも言えます。

 

ただし、やはりユーザー目線では「新奇性が乏しい」という事になり、それは早々に飽きを招いたり「どうせ後で軽い確率帯でも出るだろうから、その時に打てばいいや」と敬遠する場面もあるでしょうから、軽視して良い事情ではありません。

 

そういった意味でも、最初にパチンコシーンに初代慶次や牙狼などが出て来た時のような流れを再度創り出せれば面白いのですが、それに関してはメーカー側の方々の頑張りに期待する他はありません。

 

個人的には、そういった初当たり確率が重めで現行規格上のハイスペックなタイプ機よりは、いわゆる「ライトミドル」に分類されるタイプ機でユーザー支持される機種がより多く出て来れば、沢山のお客さんが初当たりを体感出来て遊技の質が上がりパチンココーナー全体の雰囲気を良くする事に寄与すると考えております。

 

参考までに、都内のライトミドルタイプ機のシェアはこんな感じになっています↓

ご覧の通り、上の円グラフが2018年末時点で、下が2019年末時点です。

 

同タイプ機については、なんともう8年前になる訳ですが2012年に初代AKBが登場した時のような盛り上がりをもう一度目の当たりにしてみたいものだと心からそう思っており、もしもそうなればしっかり機種運用して増客に結び付けて行きたいと思っておる次第です。

 

さて、京楽のウルトラ6兄弟が20,000台水準でリリースされて4,400店舗水準で導入が進んだ事に関係して話を始めたのに脱線してしまった感がありますが、次の話題として挙げたビッグドリーム2に話を移そうかと思います。

 

同機については、私としては「今のホール/ユーザー動向をしっかり見て造ったな」と感じました。

 

その理由は、私は「1/300タイプ且つセグ(液晶非搭載)の”大量獲得”スペック」にはまとまった台数を設置するほどの需要が無いと思っているからです。

 

規則改正以後、究極神判、ロードファラオ、鳳凰インフィニティ、ゴールドマックスなどがリリースされ、来週は闘将覇伝が登場する訳ですが、かつて初代ビッグドリームがウケたようなスペックではもう造れない訳ですし、ホール側も「しっかり回せるような運用レベルにしないと、液晶非搭載機は通常のゲーム運びが単調になり稼動を維持出来ない」という事は分かっていながらも、どうしても最初から「どうせ短命だろう」「バラエティーコーナーの彩り程度に考えて1台の導入でいいや」という考え方からショボい運用レベルで放置してしまいがちと言えます。

 

このような事情を考慮して、新作ビッグドリーム2がビジュアル的に動きがある造りでリリースされた事については、メーカー側の妥当な判断を感じた次第です。

 

以上、直近の話題については、これくらいにしておこうかと思います。

 

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

—広告—

 

 

<スロット>

基本的には、粗利主眼で営業するお店がほとんどです。

 

スロットコーナーを俯瞰すれば、ズラリと多台数並べて長期運用に耐えられるような6号機は今のところ1機種もないので、特定機種をまとまった台数で抱えて持て余しているようなお店は、とても大変な思いをされている事と思います。

 

稼動を取るには粗利を削る必要があったり、頑張って運用しているつもりでもユーザーが事前知識を得ていて賢く立ち回っているので旨みが無い台なら早々に捨てられたり、狙い目ではない営業日なら見透かされて集客難になっている、といった具合いです。

 

こういった状況を(将来的に)打破する可能性があるのは、おそらくは新規則ジャグラーに代表される王道系ノーマル/RTタイプ機になろうかと見通しており、それ故にホールにとっては今の内から同タイプ機コーナーの運営においては手抜きができないと言えるかと思います。

 

他方、新規則ATタイプ機を一切導入しないという訳にもいかず、自店の常連客から新規則機の遊技感覚に慣れて頂かなくてはならないのがホール営業面での厳しいところですが、スロットシーンは来年2月からは6号機のみになる訳ですから、私としても「頑張ってコーナー運営する以外の選択肢は無い」という所感を持っております。

 

同じような気持ちで現場管理している役職者は全国に沢山いらっしゃるとも思っており、その頑張りは機種の入替や設定配分だけではなく「遊技空間作り」にも表れて来ます。

 

ユーザーの皆さんにとっては、単に新機種を導入しただけ=新台が打てるという以外の価値は提供してくれないお店ではなく、リセットなり設定の上げ下げなり効果的な据え置きなりを最大限絡めて「期待感」を提供してくれるお店の方が好ましい訳ですから、是非そういったお店を選んで遊んで下さればと思います。

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

 

「参考になったぜという方や、「なんだかんだで、毎日覗きに来ている!」という常連読者の方は、1日1回のPUSHにご協力願います↓
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

 

<備考>

※市況の分析に関して、稼動や売り上げ、利益が高い/低いという判断には、エリアやお店の立地、営業規模、設置機種等によって差があります。

 

※遊技機の台粗利等に関しては、どのような機種運用で臨んでいるかや、そのお店の基本稼動(アウト個数/IN枚数)、どれくらいの期間でどれくらいの利益を得る事を目標にするか等によって大差が生じます。

 

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

 

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「参考になった」「面白かった」という方は、そっと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2020年1月26

1 comment on “【今週の見通し】2020年1月27日(月)~2月2日(日)

  1. ジャグキチ

    今の内から同タイプ機コーナーの運営においては手抜きができないと言える

    楽太郎店長のような志がある店長って、日本全国に一体何人位いるのかなと思ってしまいます。

    ジャグラーも酷いもんですよ。50台〜100台あっても、旧イベント日に6がたったの1台!で赤字営業に見せかけているんだもんね。稼働マジックでほぼ満席だけど、騙される客も客・・・

    今週もトータルで勝ちを収めましたが、私の捨てた台をウェブデータで確認すると、全てマイナス。まぁ辞め時に間違いが無いという事ですけど(笑)でももうちょい遊ばせて欲しいです。

    Reply

コメントをどうぞ! ※返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m