【今週の見通し】2020年1月13日(月)~1月19日(日)

成人とは名ばかりのガキんちょ共が社会に出て来る訳ですが、パワーマネジメントするとハラスメントになるご時世なので、ご注意。

 

今週の判定

4円P 20円S
13() 💀 💀
14(火) × ×
15(水) × ×
16() × ×
17(金) × ×
18() 💀 💀
19() 💀 💀
  • 「♥」有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日
  • 「○」遊べそうな日
  • 「-」お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日
  • 「×」特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日
  • 「💀」全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

 

そのような方は、幸いです。

 

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

また、仮に得られたとしても、それはごく短期的/個人的なものであり、人生設計上は何の役にも立たず、周囲の人を幸せにできるようなものではありません。

 

 

解説

<パチンコ>

基本的には、粗利主眼で営業するお店がほとんどです。

 

パチンココーナーの状況としては、昨年同月比で遜色が無い運営が出来ているというお店も結構沢山あるものと推察します。

 

昨年の同時期にはCR牙狼TOG、CRAKB48誇りの丘、CRルパン三世LAST GOLDなどの旧規則の新機種と向き合いながら営業数字を作ったお店が多い訳ですが、あれから1年経って営業の主役は新規則機に代わりつつあり、それでしっかりコーナー運営出来ているとなれば、「今後の見通し」についても改善したと言えます。

 

ただし、新規則機に慣れてくれたのは会社員層だけであり、年配客は大海、若年層は慶次漆黒や北斗無双或いはシンフォギアなどをメインで遊技していて新規則機には見向きもしてくれず、まだまだ見通しが拓けた訳ではないというお店もあるかと思います。

 

これに関しては、お店の規模によるところが大きいと言えます。

 

設置台数が多いお店はどうしても前述したような旧規則メイン機をまとまった台数抱えておく必要があるので、これがごっそりと入れ替わったらこれまでその島/コーナーで遊技していたお客さんはどうなるのか、「今年はこれからまとまった機械代を掛けて入替して、それで営業数字が下がる年になるんじゃないか」と不安に感じるところもあるかと思います。

 

その一方で、設置台数が少ないお店、もっと言えばエリア内で序列が低いお店などは客数/稼動よりも日々の粗利や機械代の遣り繰りを意識しつつコーナー運営しがちであり、そういったお店は特定機種をまとまった台数並べて置くのではなく、なんなら総バラエティー化しています。

 

そのようなお店は、やろうと思えば中古機主体でかなりハイペースで新規則機化を進める事も可能であり、特定の旧規則機に営業数字の大部分を依存しているという事も無ければ、先々の入替による大幅な客数減の心配もありません。

 

なので、エリアの序列争いには無関心で、地元の常連客から支持されて「小ぢんまりとした」営業を心掛けているお店の方が、今年中にまとまった機械代が掛かる見込みも無く、意外に健全で気楽な営業が出来ていて見通しも悪くない、という場合も沢山あるかと思います。

 

そういった意味で、ユーザーの皆さんは「普段使いするお店」を再考して頂く場面があれば、大型店ではなく中小店舗の方が普段の機種運用レベルが高かったり、機種に応じた運用の仕方を心掛けていて遊べるという場合もあるかと思いますので、そういった意味であらゆる偏見を排してお店選びして下さればと思います。

 

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

—広告—

 

 

<スロット>

基本的には、粗利主眼で営業するお店がほとんどです。

 

スロットコーナーの直近の話題としては、前回の記事でお話しした通りハッピージャグラーVⅡの認定切れの最終段階であり、現時点で2,500台水準で残存している同機は13(月)~14(火)にかけて東京、大阪、山形、岐阜などで外れ、寿命を終える事になります。

 

これは、「お目こぼし」対象であった「低射幸性認定切れノーマル機」の代表格であるニューアイムジャグラーEXなどの旧ジャグラーの12月末の撤去と併せて、営業数字作り上かなり痛い撤去となったお店もあるかと推察します。

 

では、今後の見通しはどうなのかと言えば、しっかりしたパフォーマンスを期待できるマイジャグラーⅣとゴーゴージャグラー2を中古で買えるかと言えば高価過ぎて手が出せず、また先日発表された新規則機第一弾ジャグラーの購入希望を出しても必要台数を割り振りして貰える保証は無く、そういった意味では現時点で既に「これまでジャグラー島/コーナーだったところにベニヤ板を貼っている」お店は、言い方が悪いですが生き残りを考えた時にかなり見通しが悪化したと言わざるを得ません。

 

ユーザーの皆さんに対して「そういうお店には行くな」という訳ではありませんが、お店に「遊ばせるだけの体力があるのか否か」、また「営業施策および入替に計画性があるのか否か」というのは重要なチェックポイントと言えますので、注視して頂きたいと思います。

 

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

 

「参考になったぜという方や、「なんだかんだで、毎日覗きに来ている!」という常連読者の方は、1日1回のPUSHにご協力願います↓
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

 

<備考>

※市況の分析に関して、稼動や売り上げ、利益が高い/低いという判断には、エリアやお店の立地、営業規模、設置機種等によって差があります。

 

※遊技機の台粗利等に関しては、どのような機種運用で臨んでいるかや、そのお店の基本稼動(アウト個数/IN枚数)、どれくらいの期間でどれくらいの利益を得る事を目標にするか等によって大差が生じます。

 

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

 

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「参考になったぜ!」、という方は、そっと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2019年1月12日

コメントをどうぞ! ※返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m