今週の見通し-2018年10月29日(月)~11月4日(日)

コメント欄はどういった事を書いて下さっても構いませんが、最近の記事のコメント欄にて、リアルタイムな事件に関連して「お前の発信のせいで刺されて人一人■んだ、どんな気持ちなんだ」的な事を投稿された方がいらっしゃいます。こういうのは、実行犯が特定されていない状況では、冗談では済まなくなる場合もありますから、どうかご遠慮下さい。

 

今週の判定

  4円P 20円S
29(月) × ×
30(火) × ×
31(水) × ×
1(木) × × ※お店によりゾロ目イベント
2(金) × ×
3() 💀 💀
4() 💀 💀
  • 「♥」有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日
  • 「○」遊べそうな日
  • 「-」お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日
  • 「×」特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日
  • 「💀」全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

 

そのような方は、幸いです。

 

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

また、仮に得られたとしても、それはごく短期的/個人的なものであり、人生設計上は何の役にも立たず、周囲の人を幸せにできるようなものではありません。

 

 

解説

<パチンコ>

基本的には、しっかりとした粗利を残す事を意識するお店がほとんどです。

 

冬季賞与商戦および年末年始商戦を考えた時に、ここでしっかりした営業数字(売上/稼動/粗利)を作るべく、新機種と実績がある中古機を織り交ぜつつ、島/コーナーをいじってくるお店が増えて来るものと推察します。

 

アウト個数、粗利水準が月間で見て低い台はどんどん入れ替えて、冬季賞与や年末調整の戻り金などでユーザーの軍資金が純増する時期に、受け皿となり得る機種構成に変えて行くという動きです。

 

結果的には、余程酷い造りでもない限りは、11月~1月に出て来る新機種は手堅く売れる流れであり、メーカー側としては助かった格好だと思います。

 

この機械代の負担は非常に大きい訳ですが、これは全てユーザーから負担して頂く事になります。

 

特に11~12月は、ホール目線では「当初見通していたよりも、沢山の新機種が出て来たな」という印象です。

 

新しい物好きな会社員層にとっては、かなり危険な状況であり、文字通りカモがネギを背負ってやって来るのを待ち構えられていると言えます。

 

どうせ打つなら、より運用レベルが高いお店で遊ぶべきという事は再三申し上げておりますが、この事がズバリ当て嵌まる重要な時期がやって来るという事です。

 

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

—広告—

 

 

<スロット>

基本的には、しっかりとした粗利を残す事を意識するお店がほとんどです。

 

前述の通り、パチンココーナーで島/コーナー改変の動きが出て来るその一方で、スロットコーナーにおいては2019年1月末期限の「高射幸性スロット機」の設置比率減の目標達成に向けて、特にバラエティーコーナー内で、古めの台が新しめの適当な台と入れ替えられるという動きが出て来ます。

 

市場全体で見れば、直近3カ月間で概算で5~6万台規模の入替になるため、「贔屓にしている台を打ちに行ったら、ひっそりと撤去されていた…」という場面も、多くのお店で出て来るでしょう。

 

これは、ユーザー目線では「まだ認定切れまで置いておける期間が長い機種のはずだけど、なんでこの機種が撤去されるの?」という場面もあります。

 

こういった事情は、ホール目線では「全国データやユーザー評価的には良い機種って事になってるんだけど、ウチにとっては毎月薄利で営業貢献度が低いんだよなあ」という見方をしている場合も多々あるからです。

 

なので、例えば2020年秋口~年末時期まで置いておける、サラリーマン番長、黄門喝、戦国コレクション2、プレミアムビンゴ、ゴッドイーターなどであっても、そのお店にとって不要であったり、ゴッド、ハーデス、バジリスク絆、初代まどかマギカ、モンハン月下雷鳴などのより営業貢献度が高い機種の設置台数を維持するための犠牲になってしまう場合もあるという事です。

 

設定狙いのユーザーにとっては、普段通っているお店の機種構成の変化に関係して、そこがもしもまともな設定を普段から使用しているお店であれば、設定配分上の考え方の変化がどこらへんに出て来るのか等を、よく見極めて行く必要が出て来ます。

 

ただし、こういった変化が必ずしもスロットユーザーに対してマイナスに作用するかと言えばそうではありません。

 

ホールの中には、従来のように「特定機種にファンを付ける」という営業が難しくなるにつれて、「今後はお店自体にファンを付けよう」という考え方にシフトするところも出て来るからです。

 

もちろん、こういった取り組みは簡単にできる事ではありませんが、11月1日のような縁起が良さそうな日に設定配分を底上げしてユーザーを迎える事で心象を良くしようと考えたり、これまでそんなに強くなかった機種でも、扱いが改善される可能性も出て来ます。

 

色々とお話しして参りましたが、要は、変化の兆しに敏感になって頂く必要がある時期だという事です。

 

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

 

「バラエティーコーナーから、検定/認定切れで旧台が撤去されて行き、本当に打ちたい機種が少なくなって来た…という方や、「なんだかんだで、毎日覗きに来ている!」という常連読者の方は、1日1回のPUSHにご協力願います↓
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

 

<備考>

※市況の分析に関して、稼動や売り上げ、利益が高い/低いという判断には、エリアやお店の立地、営業規模、設置機種等によって差があります。

 

※遊技機の台粗利等に関しては、どのような調整数値で臨んでいるかや、そのお店の基本稼動(アウト個数/IN枚数)、どれくらいの期間でどれくらいの利益を得る事を目標にするか等によって大差が生じます。

 

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

 

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「参考になったぜ!」、という方は、そっと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2018年10月28日

5 comments on “今週の見通し-2018年10月29日(月)~11月4日(日)

  1. 匿名

    きたる6号機時代に向けて客に好印象を与えるべく
    せっせと6号機に設定入れてるから
    今が狙い時ですよ~的な
    裏話を期待している

    Reply
  2. 匿名

    4号機の貯金があった頃と比べると、6号機は出したくても出す余裕がないってのが店の本音なんじゃないでしょうか。
    4号機が撤去された頃スロットを減らしてパチンコを増やす店もあったと思いますが、パチンコも今の現状を見ると・・・。

    Reply
  3. ゴンザレス

    ああ、なるほど。

    捜査に行き詰まった警察が「突発的に犯行におよんだ犯人が自棄になって他人のせいにしたがってる(だから楽太郎氏にお前のせいだと言っている)」と判断してコメントの情報の開示をお願いすることもあるかもしれませんね、くわばらくわばら。

    早く犯人が見つかることを祈るばかり・・・(´・ω・) 家族の情報が出てくるのはツラい。哀しさを思うとキツい( ノД`)

    Reply
    1. 匿名

      あなたも人の不幸をネタにしてる下衆に過ぎないんですけど
      意図に反してそういうコメントになったのなら
      尚更あなた下衆の極み 
      客観性なさすぎます

      Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m