【今週の見通し】2019年10月28日(月)~11月3日(日)

今週以降、スロットコーナーでは、これまで何度も言われて来たひとつの時代の終わりという事が、「メイン機の認定切れによる撤去」という形になって、いよいよ現出して来ます。

 

今週の判定

4円P 20円S
28(月) × ×
29(火) × ×
30(水) × ×
31() × ×
1(金) 💀 × ※お店によりゾロ目イベント
2() 💀 💀
3() 💀 💀
  • 「♥」有給休暇を取得してでも打ちに行くべき日
  • 「○」遊べそうな日
  • 「-」お店ごとの考え方によって還元度に大差が出そうな日
  • 「×」特定の機種やコーナー狙いでない限り、打ちに行かない方が無難な日
  • 「💀」全体的に、絶望的な日

 

厳し目の判定になっており、読者の方の中には「いや、自分の近所には打てる店はあるぞ」という方もいらっしゃると思います。

 

そのような方は、幸いです。

 

※どのような日であっても、投資金額、遊技時間を決めての来店をおすすめします。

パチンコスロットは、適度に楽しむ遊びであり、深追いしても得られる利益は多くありません。

 

また、仮に得られたとしても、それはごく短期的/個人的なものであり、人生設計上は何の役にも立たず、周囲の人を幸せにできるようなものではありません。

 

 

解説

<パチンコ>

基本的には、粗利主眼で営業するお店がほとんどです。

 

先月の日程的な事情(3連休が2度あった)とも似ていますが、祝日絡みの日程で営業数字、特に粗利の上乗せに失敗したお店が多いものと推察します。

 

その最たる理由としては、これは言い出したらキリがない事ではありますが、荒天という不可避な事情が関係しています。

 

適当な経営規模のホール企業店舗であれば、単月の凹みが直接的に日々の機種運用レベルに大きなマイナス影響を与える、という事はまずありません。

 

しかし、中小規模のホール企業店舗であれば、当座の数字に欠損があれば、どうしてもなるべく直近で補填したいと考え、それ相応の運用レベルになってしまいがちです。

 

そういった事も総合的に考慮して、冒頭のカレンダーではかなり厳し目の評定をさせて頂き、結果としては「×」と「💀」しかない週になってしまいました。。。

 

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・特になし

—広告—

 

 

<スロット>

基本的には、粗利主眼で営業するお店がほとんどです。

 

先週以降、多くのエリアにおいて初代まどかマギカの認定切れによる撤去が始まりました。

 

今週はいよいよ、東京エリアでも同機が姿を消して行く事になります。

 

ホール営業の立場では、名残を惜しんでばかりも居られませんので、同機の後釜を考える事になります。

 

系列店舗からまどマギ2やSまどマギ叛逆を引っ張って来たり、リゼロの設置台数が少な目だったお店であればそれを増台してみたり、或いは単独機種での補填が効かずに複数の機種で寄ってたかって穴埋めに走るお店も出るなど、その対処は千差万別になるでしょう。

 

ここでひとつ言えるのは、同機の事に限らず、店内装飾も含めて何かのコンセプトに則った島/コーナー作りを徹底して来たお店は、年末年始はその維持に苦慮したり、或いは従来のその方針を別のものに転換せざるを得ない状況になるだろう、という事です。

 

いくつか、例を挙げると、まずはゴッド/ハーデスの島/コーナーにおいて、ハーデス撤去後はどうするのか?

 

冥王召喚では交代要員としては荷が重い訳ですが、年配の会社員層なら細かいスペックなど一切お構い無しに打ってくれると考えて、減台して倉庫保管していたものを引っ張り出したり、中古で買ったりするのも含めて、このタイミングで導入して来るお店も出て来るかも知れません。

 

これは、粗利作りにおいては比較的容易な機種なので、その面でのマイナスはありませんが、ユーザー側へのメリットは少ない(成功体験を積んで頂きにくく、稼動水準の維持が困難…)方策になると言って良いかと思います。

 

次に、初代まどマギ、まどマギ2、まどマギA、Sまどマギ叛逆で1~2島を作り込んでいたお店について。

 

業界内の一部では、ユニバーサル社は12月決算の切り札として叛逆の増販を仕掛けて来るのでは?

 

という噂もありますが、10月最終週の時点では、同社にその予定はありません。

 

また、仮に急遽その様な決定を下したとしても、同機はサミーとの合弁会社ZEEGの筐体である事から、現在はサミー機の製造(S北斗天昇、Sエウレカセブン)に全力を傾けている事で部材不足であり、尚且つそれに台風19号の影響も加わったため、必要数の筐体を用意できないという事情があるので現実的ではないと言えます。

 

更に、バジリスク絆の島/コーナーはどうなるか?

 

まどマギの島/コーナーにしても、バジリスク絆にしても、結論としては、一時的に年末に掛けて出て来るサミー機やS金太郎、Sルパン三世イタリア、Sマジカルハロウィンなどで穴埋めするお店も出て来て、更にそこにタイミング良く大都の新機種が絡んで来た場合には、そちらの機種によって補完される可能性もあると想定します。

 

つまり、ユニバーサル社は、数か月間ではありますが、かなりのシェア減に見舞われる可能性が高いものと推察します。

 

ただし、ホール側がキツいのは、今回の局面に限りません。

 

来年春先から夏場にかけて、北電機の6号機ジャグラーが2型式リリースされる訳ですが、これはおそらく若干の供給不足になり、導入を希望しても必要数を割り振ってもらえないお店も出て来る可能性があります。

 

つまり、来年の上記期間に、認定切れで撤去になるハッピージャグラーニューアイムジャグラーEX-KTを、スムースに6号機ジャグラーに置き換えられないお店も出て来る可能性があるという事です。

 

では、当座の対応として中古で旧ジャグラーを買うかと言えば、割高感があってそれができない、という事になり、色んな意味で「これまでのジャグラー島/コーナーの営業数字(=売上/稼動/粗利)が大きく崩れる」お店が出て来るでしょう。

 

営業におけるジャグラーの貢献度が低い、というお店は、まず無いので、どの島/コーナーからその「欠損分」を持って来るのかと言えば、それが可能なものは無い、という状況に陥る可能性もあります。

 

特に、期待値稼動中心のユーザーの皆さんは、こういった「島/コーナーの再編」にも是非注目して頂き、

 

直近では、ホールはどの島/コーナーに力を入れているのか?

 

今後、どのような機種運用をして来ると想定されるのか?

 

こういった事に思いを巡らして、立ち回って下さればと思います。

 

 

今週の主な新台(地域差あり)↓

・S蒼穹のファフナーEXODUS など

 

「参考になったぜという方や、「なんだかんだで、毎日覗きに来ている!」という常連読者の方は、1日1回のPUSHにご協力願います↓
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

 

<備考>

※市況の分析に関して、稼動や売り上げ、利益が高い/低いという判断には、エリアやお店の立地、営業規模、設置機種等によって差があります。

 

※遊技機の台粗利等に関しては、どのような機種運用で臨んでいるかや、そのお店の基本稼動(アウト個数/IN枚数)、どれくらいの期間でどれくらいの利益を得る事を目標にするか等によって大差が生じます。

 

また、この見通しはあくまでも私見ですので、色々とご意見あるかと思います。

 

その際は、お手数ですがこちらからコメントお願い致します↓

 

「参考になったぜ!」、という方は、そっと押して下さると嬉しいです。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事公開]

2019年10月27日

3 comments on “【今週の見通し】2019年10月28日(月)~11月3日(日)

  1. 近場の二つのお店が、10月になってリニューアルと謳ったよく分からない新装をやったのですが、片方は島の配置替えとジャグラーの専用大当たり回数表示器撤去、もう一方はただスロコーナーの照明を暗めにしただけで、以前より出している様子は全く見られませんでした。6号機の客付けもうまくいってないようですし、何のつもりなんでしょうね??

    Reply
    1. 匿名

      何のつもりでしょうねって?
      ただの苦し紛れだってことはあんたもわかってますやん
      仮に期待してそんな店に打ちに行ったとするなら
      あんたはただの病人ですやんw

      Reply
  2. ジャグキチ

    獣さん
    ジャグナビ撤去と言う事ですが、静岡県じゃありませんか?静岡県だとしたら、射幸心を煽るから撤去しろと通達が出たので・・・みたいですよ。
    違う地域だとしたら、、、わからないです(笑)

    Reply

コメントをどうぞ! ※返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m