【スロット】日電協の「メダルレス遊技機」構想について

今回は、主にスロットメーカーで構成される組合組織である、日電協の「メダルレス遊技機」構想についてお話しします。

 

メダルレス遊技機の実現について

まずは、そもそも

 

メダルレス遊技機ってなんじゃろな?」

 

という方のために、ごく簡単にではありますが解説させて頂きます。

 

スロットはメダルを用いて遊ぶ訳ですが、投入メダル数を3枚よりも多く最大で50枚まで貯留できる、いわゆる「クレジット機能」が付いたのは、1988~1990年にかけてです。

 

なので、時代区分上は2号機時代以降、という事になります。

 

これによって、ユーザー目線では純粋に遊技効率が向上し、ホール目線ではこの帰結として稼動(IN枚数)が伸びやすくなるというメリットが生じました。

 

「そんなに良い事づくめなら、上限50枚などと言わずに、1,000枚でも2,000枚でも貯留すればいいじゃないか」

 

というご意見も出て来るでしょう。

 

しかし、これには、法令上それを新たに認めてもらう事の必要性だけでなく、業界内ではいくつかの根強い懸念材料が存在したため、約30年にわたってクレジットは50枚までという状況が継続する事になりました。

 

この懸念材料というのは↓

 

  • 不正にクレジット上げをする輩が居る事
  • 業界内では、アナログ的な出玉演出が至上とされていたため

 

この2点です。

 

前者については、ZEEG筐体を筆頭にメダル投入部/識別部の性能が向上した事もあり、不正時には何かしらのエラーを発報しやすくなっていますので、その懸念は幾分か弱まったと言えます。

 

後者については、データランプやオプション的に付ける装飾ランプ(トップランプ)類の性能が向上したり、専用サイト等で出玉情報を公開するお店も増えている事から、業界内の考え方やユーザーの興味がアナログからデジタルへと移行したとも言えるかと思います。

 

こういった流れに加えて、取り締まり行政側やメーカー側の意向として、ホールの出玉状況(特にパチンコにおける通常ベース値)を管理できる仕組みの構築という新たなニーズが生じた結果、改正規則に

 

遊技者が遊技の用に供することができる遊技メダルの総数を電磁的方法により記録し、表示することができる装置=遊技メダル数表示装置

 

の搭載が認められる事になり、全てのメダル数をデータ管理するための性能面、法令面での準備が整ったのが現状と言えます。

-公開-

資料

それでは、本題に移ります。

 

以下で、日電協がメダルレス遊技の構想をまとめた資料を紹介させて頂きます。

※先週末に、A4用紙×7枚分の画像データとして、情報提供者から頂戴したものです。

メダルレス遊技機1

メダルレス遊技機2

メダルレス遊技機3

メダルレス遊技機4

メダルレス遊技機5

メダルレス遊技機6

メダルレス遊技機7

©日本電動式遊技機工業協同組合

 

資料は、上掲の通りです。

 

実際に、どんな感じの形でホールやユーザーの目の前に出て来るかまではまだ分かりませんが、この資料の記載内容に準じたものになるかと思いますので、ご記憶に留めておいて頂ければと思います。

 

 

以上、今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2019年2月18日公開

5 comments on “【スロット】日電協の「メダルレス遊技機」構想について

  1. のんべえ

    メイン基盤にメダル投入の「外部信号入力」を付けるという事ですかね。
    法令の変更も合わせてちょっとしたエポックメイキングな出来事ですね

    貸出ユニットと遊技機間の通信ラインがゴトで
    集中的に狙われそうな気がするのは私だけでしょうか

    Reply
  2. ゴンザレス

    出玉情報等を一元管理できたら何故過度な射幸心を抑制できるのか、それがよく分かりませんね。

    強制的に全国統一で使うカードを入れなきゃ遊技出来ないなら、月々の上限額を完璧に管理できそうですが、ただ一万円札入れてそれをクレジットに移せるだけなら、今より依存症対策が強化されてると言えるのか・・・出玉にしてもデータは家族や個人は確認できずにあくまでホール、各組合、カード会社にのみ閲覧が許可されているように見えますが。

    依存症対策は建前で、メーカーやホールによるデータ収集や経費削減やゴト対策が目的になりそうですね。

    Reply
  3. 匿名

    最近はずっとパーソナルシステムの店で遊技している。ドル箱積んだり、別積みする店が滑稽にさえ思えて来る。
    さらにメダルも玉も無くなれば、洗浄、集配システムも必要なくなり、ホールもコストダウンすれば良い。
    災害時もメダルや玉が散乱する事なく、安全面にも配慮出来て、尚良いのでは?

    パチンコのベース、スタート、出玉とかは、メーカーが管理すれば良いのに。常に値の高い店は優良店とし公表した上で、台購入の際のメリットが有るとか。
    面白い台もホールの運用で潰されているケースも多々有るのでは?

    Reply
  4. Pingback: パチスロもメダルレスに向かうそうだが | ギャンブルまとめ

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m