地域のホールの「組合」はどんな活動をしているのか?-収入と支出編

今回は、ホールの「組合」の運営事情を紹介してみたいと思います。

 

組合のお金の出入りについて

一言で「組合」と言っても、どの段階(全日遊連=全国~方面=都道府県~ブロック=各地域単位)なのかによって出入りする金額や費目は異なる訳ですが、今回は各地域の組合のお金の事情についてお話ししたいと思います。

 

これは例えば、埼玉県であれば浦和、千葉県であれば千葉中央/千葉東/千葉西/千葉南/千葉北、東京であれば東京第2ブロック/第6ブロックといった具合に分かれている、ホール組合の中でも最小単位の組織の事を指しています。

 

より上位の組合組織や最上位の全日遊連におけるお金の事情も、ホール関係者内ではしっかりと公開されており、その都度適正な運営がなされていると私としてはそのように思っております。

 

なので、今回紹介させて頂く収入や支出、地域行政/社会への協力などを参考にしつつ、こういったものをより上位且つ大規模に実施しているのが都道府県遊協/遊連なんだな、全日遊連なんだな、と解釈して頂いて差し支えないかと思います。

 

そうして頂く事で、普段業界ニュースなどでメーカーとの遣り取り、取り締まり行政からの指導といった具合に割と大局的な事柄にしか目が行きにくかった組合事情が、割と細かい活動をしているんだな、というのがご理解頂けるのではないかと思います。

 

それでは、今回の『地域のホールの「組合」はどんな活動をしているのか?-収入と支出編』では、読者の皆さんの地域単位でのホール組合のお金の出入りについて、紹介してみたいと思います。

組合収入支出

<収入>

・組合費

各店舗による月間/年間負担金

 

・銀行預金利息

原則として主要銀行だが、エリアの信用金庫を利用する場合もあり

※一定規模以上の組合であれば、流動資産=普通口座と、固定資産=定期口座を併用する場合が多い

 

・雑収入

出入業者からの受取金など

※例:業者を招いた交流会への参加費

 

・加入金

エリアに新規出店があった際の、初回登録費

 

ざっと、こんな感じです。

 

組合費に関しては、設置台数などに応じて負担額が決まっているエリアがほとんどです。

 

雑収入に関しては、何かしらの金融商品の運用を実施している組合の話を聞いた事が無いので、実質的には例として挙げたように、交流会/懇親会などにぱちんこ業界と関りが深い一般景品業者や清掃業者、設備機器業者などが招かれた際の参加費的なものしか無いと思っております。

 

余談ですが、こういった業者を情報源にしている店長/部長クラスは結構居ます。

 

私自身がそうですが、本来あってはならない事でしょうが例えばこういった業者経由で大規模出店情報や閉店情報、どこかの店舗が県警本部から立ち入りを喰らったとか、指導/処分になるらしいといったような情報が洩れる場合もあります。

 

<支出>

・健全化のための支出

これらが集積されて、エリア内の適正な特殊景品流通(還流)の維持、健全化組織や依存問題対策機関などの運用資金/援助金となる

 

・各方面組合への負担金

上位組織である、都道府県遊協/遊連への支払い

 

・地域行政への協力費

防火、防犯、交通安全などへの取り組みへの協力

 

・寄付/寄贈

原則として、公共/社会福祉色が強い団体に対して実施

 

・特別寄付/支援

特例的な援助金

※例:難病に苦しむ方への援助や、高度医療/手術費の援助など

 

・地域交際費

地域の催しや祭事への協賛など

 

・地代家賃

組合事務所を借りている場合

 

・通信費

同上

 

・組合定例会運営費

会議室を別所に借りた際など

 

・広告宣伝費

 

・事務費、手数料など

振り込み手数料や証紙代など

※外部に監査役が居る場合は、そちらとの契約に関する支出が発生する場合もあり

 

・旅費交通費

別所で研修会や組合旅行、ボランティア活動などを実施した際の移動時に発生

 

・福利厚生費

親睦旅行、懇親会の開催費など

※例:新年会、花見会、暑気払い会、忘年会など

 

・雑費

 

ざっと、こんな感じです。

※細かい費目名の違いはあるでしょうが、大筋では同じようなお金の出入りかと思います。

 

季節の催し的なものや、組合旅行などが意外だったという方もいらっしゃるかと思いますが、結構この業界は昔からそういった慣れ合い、表面上のお付き合いは多かったりします。

 

ゴルフコンペとか、「研修」名目で1泊2日くらいでどこかに行ったりとかですね。

 

場合によっては、そういった場で腹の探り合いがあったり、「最近は取り決めを逸脱している店舗があったりするらしいですね~」「え?そうなんですか…どこだろ?(バレてやがるな…)」的な遣り取りがあったりします。

 

なので、こういった地域の組合内での交流は、やはり商売敵同士という事情もあるので、そこまで深く付き合うとか、発展性がある場にはなりにくいというのが実際のところです。

 

 

・・・以上、『地域のホールの「組合」はどんな活動をしているのか?-収入と支出編』でした。

 

 

近い内に、

 

役員選出の仕方や年間の活動スケジュールについて

 

この話題で続編記事を公開しようかと思います。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

「参考になった」という方は、下のボタンを押して下さい↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

 

[記事公開]

2017年1月20日

4 comments on “地域のホールの「組合」はどんな活動をしているのか?-収入と支出編

  1. Pingback: 地域のホールの「組合」はどんな活動をしているのか?-収入と支出編 | パチパチスロスロあんてな

  2. 匿名

    そんなことより新しい猫娘が激シコです
    スロのやつよりいいです
    たまらねえぜグヘヘヘ

    パチ化あくしろ(もちろん楽太郎の大好きな藤商事で)

    Reply
  3. 匿名

    近々組合の集まりに初めて参加する予定ですので参考になり大変面白い記事でした(^^)

    Reply

コメントを残す