ホールコンサル、プライベート遊技中に見事に身バレする【寄稿】

今回は、寄稿して頂きました。

 

寄稿者紹介

林 秀樹 氏

林秀樹氏

<プロフィール>

販売商社に3年、ホール企業に10年在籍し売り手と買い手の双方を経験した後、株式会社エンタテインメントビジネス総合研究所に入社し、コンサルタントとしてのキャリアをスタート。

その後は、アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社を立ち上げ、代表取締役に就任。

現在は、ホール専門の営業コンサルタントとして全国各地を飛び回り、問題や課題を抱えているホールのサポートを行う傍ら、多くの業界誌に寄稿するなど、精力的に活動している。

 

Twitter/経営会社HPのフォローやチェックは、こちらからどうぞ!

↓ ↓ ↓

Twitter:@abc69726522

経営会社HP:アミューズメントビジネスコンサルティング株式会社

-広告-


寄稿文

『P店コンサル、P店で身バレする』

 

私はパチンコが好きでこの業界に入りました。

 

今でも、3時間の時間が取れたら、パチンコを打ちに行きます。

 

先日も、仕事が予定よりも早く終わったので、フラフラっとパチンコ店に行きました。

 

私のお気に入りは、CR綱取物語。

 

最近の煽るだけ煽ってハズれるリーチに辟易としているので、こういったシンプルな演出の機種が好きです。

 

お目当てのCR綱取物語はあまり設置されていませんが、設置されてさえいればだいたい空き台なので、すぐに遊技開始です。

 

この機種、基本的に回りません。

 

仲の良い店長曰く、

 

「こういう機種は好きな人だけが打つので、基本的にアケない」

 

実際、この日も全然回りませんでしたが、なにぶん確率が1/30、出玉が6000個なので仕方がないです。

 

2,000円で1回 回るくらい。

 

このペースだと、30回 回すのに6万円もかかってしまう。

 

うーん。

 

ちょっとだけイライラする展開でしたが、そこは常識人。

 

台パンとか足を組んでなどの悪態はつかず、黙々と玉貸しボタンを押し続けて、じっと耐えました。

 

そんなことを続けて12,000円目。

 

ここまでで、回転数は7回。

 

当たるわけもありません。

 

イライラしながら(見た目は紳士で)12,500円目の玉貸しボタンを押したときに、肩をちょんちょん、と。

 

「(心の中で)んっ?」

 

相手

「すみません、林さんではないでしょうか?」

 

「え、ええ。そうですが」

 

相手は、お店の制服を着ています。

 

相手

「すみません、私は〇〇店店長の△△と申します」

「業界誌やネットでお顔は存じておりまして、ちょくちょく来られていることは知っていました」

「いつもご来店、ありがとうございます!」

 

おお。

 

私は、パチンコを打つときは「パチンコをする普通の人」になっています。

 

業界人だからとかコンサルだからとかの目線、視点は一切なく、純粋にパチンコを楽しむ人になっています。

 

だって、好きなんですから。

 

そんな、ある意味プライベートな時間だったのですが、それをこれまでも見られていたとは!!!

 

ちょっとショック。

 

まず思ったのは、「いつも態度良くしていて、良かった・・・」です。

 

続いて、「もう、このお店には来れない・・」です。

 

そして、「ほかの店でも、同じように見られていたのかも・・・」と、思い至りました。

 

私はパチンコが好きです。

 

他のP店コンサルさんなんかでは

 

「仕事として業界に関わっているだけで、プライベートでは打たない」

 

という方も多いと聞きます。

 

でも私は、パチンコが好きです。

 

だから、仕事を離れたらパチンコを楽しみます。

 

お願いですから、パチンコ店で私を見かけても、そっとしておいてください。

________

寄稿文は、上記の通りです。

 

 

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

(コメントへの返信の有無などは、寄稿者に一任してあります)

 

 

「参考になった」という方や、常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2019年11月13日公開

コメントをどうぞ! ※返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m