【寄稿】ホールの現場は戦場やで!本当にあった人員不足の体験談【後編】

昨日公開の【前編】に引き続き、【後編】をお送りします。

 

寄稿者紹介

リーチ・マイケルジャクソン 氏

リーチ・マイケルジャクソン氏

<プロフィール>

某グループの、猛毒持ち管理人。

 

『前編』あらすじ

統括的な立場の役職者として、グループ旗艦店舗の稼動促進のためホール現場に張り付いて、陣頭指揮を執ろうとしたリーチ・マイケルジャクソン氏。

 

だがしかし、当の現場では、稼動がどうこう以前に「人員不足」が致命的なレベルにまで進行していた。

 

営業現場の改善策は、現場において見出す以外に無し。

 

それまで営業時間外業務やデスクワークのみ行っていた店長を怒鳴り付けホールにブチ込み、自らもまた一般スタッフと同じようにホールを駆けずり回る毎日。

 

その過程で、人員不足の原因や、営業現場の問題点が見えて来た・・・

 

【前編】はコチラから(リンクします)

-広告-


寄稿文

『ホールの現場は戦場やで!本当にあった人員不足の体験談【後編】』

 

時間を作って、従業員の面談を繰り返し行ない、内的阻害も出てきた。

 

「特定の人間が、職場の雰囲気を下げる」ような行為ばかり行なっとったわ。

 

また、「もの凄い意地悪なヤツ」がいて、「そいつに気に入られなければ残れない」と言うような、一番あってはならない最悪の風潮があったんやわ。

 

人員不足であろうとも、上記の2名は、即「排除」させてもらった。

 

改善しようとしない、腐っとる人間は、残すと周りも腐らせるからな。

 

と言う事で、さらに減ってしまったホール人員。

 

さーどうするw

 

みんなに話を聞いてみる。

 

「人員また減ったけど、モチベーション大丈夫か?」

 

なんて、声かける。

 

すると、みんな、

 

「前よりも頑張れる」

 

と、言ってくれた。

 

周りを腐らせていた2名が、本当に、阻害要因やったみたいやった。

 

そこから皆、笑顔が増え出したんやったかな。

 

人員不足は、すぐには解決しなかったが。

 

ワシも店長も、アルバイトスタッフが行なうような作業も一緒にやって、一緒に業務効率が向上する案を出し合い、様々なオペレーションの不備を見つけては改善し、人員不足を少しでも穴埋め出来る「何か」を毎日探した。

 

作業を1分でもカット出来るように、業務の効率化を目指した。

 

店舗の頭となるワシや、店長が実際同じ現場で働く事で、アルバイトスタッフや社員からは普段は聞けないような素晴らしい提案も多く挙がるようになり、そして必要な事はその場で即決し行動に移すことを繰り返した。

 

この時期は、ホンマに、過去最高に現場で仕事したw

 

やる事(改善業務)が多すぎて、とにかく時間が足りなかった。

 

こんな事を繰り返し、従業員の補充がコツコツと続き、教育もジックリ行ない、離職するスタッフもいなくなった。

 

入店したばかりのスタッフには、既存スタッフが皆でチームの輪に入れるべくコミュニケーションを取り、大切に迎え入れる風土が構築されだした。

 

取引先の人材派遣業者の所長や営業マンが、高稼働で人員不足の中、店長も含めた全スタッフが一生懸命ホールで働き汗を流す姿を現場巡回時に見て、緊急事態と判断し、「人員補強の支援を協力的に最優先で」行なってくれた。

 

その節は、本当に感謝(今でも感謝)。

 

今、旗艦店に相応しい稼働・収益実績に加え、役職者、社員の増員、またアルバイトスタッフから社員雇用希望者も出てきており、人員不足は当然解消された。

 

お客様をお迎えすべく、体制は万全に整ったわ。

 

結局な、稼働上げる為にマネージメントするつもりが、人員不足の解決に毎日取り組んだ3ヶ月間になってたわwwww

 

んでな、

 

「さて、人員体制も整ったし、そろそろ本業に戻ろうか」

 

と思った時には、既に目標稼働まで上がってたわwwww

 

店長や副店長(所謂、調整者)を強制的に現場に出す事に加え、とにかく「客を見て調整」させたんだわ。

 

常連の懐の状況を加味する事を学び、客の顔を見て、客とコミュニケーションもとる様になったんやわ。

 

不良客の対応も、率先してバンバン行なってたでw

 

最初は、店長・副店長に

 

「これは、どうなってんの?」

 

とか、

 

「あの客は常連か?」

 

とか聞いても、わからんから適当に答える事多かったわ。

 

わかるよね?適当に答えてる時ってw

 

ワシは、わかる。

 

でもな、今は違うな。

 

鬱陶しいぐらい店の事、何を聞いても答えよるわ。

 

ま、それが当たり前なんやけどな。

 

人員は十分に揃い体制は整ったが、未だ店長達は拘束時間の9割以上の時間をホールで過ごしている。

 

もう眠たくなってきた・・・

 

締めに入る!

 

今回の記事、ぶっちゃけいろんな意見ある思うが、そんなんどうでもええんだわ。

 

いちいち、コメントしてくんなよ!

 

めんどくさいから。

 

店長は、現場で学ぶ事多い思うで。

 

んでな、現場に出るからには、いろんなものを毎日見つけ、営業の糧にしてほしい。

 

今回の記事の内容のように「泣いている従業員」がおるかもわからんし、内的阻害を最終的に迅速に解決出来るんは、店のNo.1やで。

 

従業員の話も、たまには聞いてやってくれ。

 

面談してやって、普段従業員(特にバイト)は、店長と接点がなく言いたい事もなかなか言わんし、だいたいの事は、店長以下の役職でカットインされるか、良き提案も、不満もシャットアウトされている事が多いんや(もみ消しや)。

 

で、アルバイトスタッフのみんなは、本当にお店にとってマイナスの事が現場で起こっていたら、「勇気を出して店長に話をしてほしい」(相談しなさい)。

 

店長は、お店(家)の主です。

 

よっぽどやる気の無い店長で無い限りは、自分の家で問題が発生していたら、解決しようと努力するもんや。

 

たまに、解決しようとしない店長もいるだろうがwwww

 

だったら、その職場を変えましょう。

 

やる気のない店長の店で働くのは・・・・・・・zzzzzzzz

 

あかん、記事の途中やけど、寝るわ。

 

ねむいわ。

 

では、今回はこんなもんで、サイナラ・・・・・・・・・・・・・

________

寄稿文は、上記の通りです。

 

 

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

(コメントへの返信の有無などは、寄稿者ご本人に一任してあります)

 

 

「参考になった」という方や、常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2019年10月26日公開

16 comments on “【寄稿】ホールの現場は戦場やで!本当にあった人員不足の体験談【後編】

  1. 水嶋ヒロ

    気付いたら稼働も上がってた、てのがいいわな。いかに今までマズかったか、ようわかるわ。グッジョブだったな。

    Reply
  2. おっさん

    昔、新店長として赴任したら景品カウンターでお局様バイトが牛耳ってて面倒臭かったのを思い出しました。
    皆ビクついていて、この景品はここにおく、品出しするのは何時、陳列の仕方はこう、階段コロコロ清掃に出掛けるのは何時、鏡拭き掃除は何時、みたいな(笑)
    面談しましたが我が強すぎて駄目でしたね。そうなるまでに修正してやれなかった社員がアホなんですが、まあ解雇させてもらいました。
    そしたら、バイト女子みんな気楽に働けるようになって空き時間に景品紹介のポップを手描きしてくれたり、季節装飾してくれたり、いい感じに変わりました。

    Reply
    1. リーチ

      それあるわな、御局さんみたいに古株になってしまうスタッフな。
      ワシもそういう女性スタッフおったんやけどな、とにかく最初は話しまくって味方につけるように頑張ったわ。
      相手理解して、社員や役職に協力的になってもらうまで時間かかったわ
      大変やんね、そのパターンホンマ

      Reply
  3. ぬいぬい

    業種は違うけど働く側で
    1年間ほぼ休み無しだったから会社逃げ出したわ。
    プログラマ2人だけで限界だったわ。
    読んでて人員補充の大切さがすげーわかったわ。

    Reply
    1. リーチ

      1年間休みなしとかキッツ!!!
      人員が不足する前に常に余裕ある形にしとかなあかんけどな。
      会社も削減する経費を「人件費人件費」言い出した時期は、マジ鬱陶しかったな。
      最終的には、稼ぐから人件費に口出すな。みたいな話で無理やり会社に納得させたけどなw

      Reply
    1. リーチ

      そうやな。古株の人間は、自分の居心地のいいようにやりだすし、派閥みたいなもん作りだしよるし
      排除せなあかんでホンマ

      Reply
  4. ねるねるね

    会社=家みたいな考えは無理。
    何度も言うが、1番の問題はその店の人件費を見てもなんの問題意識も持たない上層部。

    Reply
    1. リーチ

      その時期からな、管理の人間をグイグイ現場に入れてグループ全店の状況を精査させたわ。
      人件費は適正でも、中身も大事やもんな、残業の餌食になっとるスタッフもおったし

      Reply
  5. カカポ

    滅茶苦茶感動しました。
    自分は別業種の小売業で大規模FCの雇われ店長ですが同じ様な状況です。(自分は現場出ずっぱですが)
    売り上げもグループの中では中の上でしっかりやって行きたいと思っていたのですが、親の統括は何もしてくれないどころか求人にかかる費用が勿体無いなどと言いまるで関心がありません。
    お客様にも迷惑のかかる今の状況本当につらいです。
    愚痴になってしまいましたが、マイケル先生の様に強くなり、今回の記事を参考に今の店を今より良く強くして行きたいと思います!
    お客様にも

    Reply
    1. リーチ

      業種は違えど、頑張ろうな。上に上がるごとに数値しかみえなくなる傾向あるし、なかなか現場の想いは
      会社には届かん部分があり辛い事もあるけどな、変わらんのやったら自分が上に上がって
      会社変えるしかない。せっかく同じ会社に入った子たちが、苦しい思いするん嫌やしな、会社を守る事
      と従業員を守る事ってワシは同じやと思っとるのよ。従業員大事に出来ん会社が、顧客大事に出来るんかって話やわな。

      Reply
      1. カカポ

        忙しい中返信ありがとうございます!
        自分が上に上がるしかない
        目からウロコの思いです。
        現場を守ろうと現場に拘るより上を目指した方が現場の状況を変えられるって事なんですね!頑張ります!

        Reply

コメントをどうぞ! ※返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m