昔と今とでは、営業における「警戒心」の度合いに差がある-回答

今回は、特に回答が必要なご連絡ではありませんが、若手の同業の方からのご連絡なので、せっかくですから記事にしてみたいと思います。

 

鰤º さんからのご連絡

楽太郎店長はじめまして。

 

私は■(注:エリア名)に展開しているとある系列店に■(注:役職名)として在籍している者でございます。

 

店長のブログはいつも勉強になることが多く書かれていて、参考にさせて頂いています。

 

ツイッターも好きで毎日欠かさずチェックさせて頂いていますが、いつも本当に独特なツイートばかりで楽しませて頂いています。

 

今日のツイッターですが、あるホール様が自動販売機の置き場所を変更したというのに返信しておられました。

 

あの返信の内容を見て、昔と今では営業の警戒心が全然違うんだなと率直に驚きました。

 

私の勤務店では外の自販機のコンセントを抜いてノートパソコンを充電しながら使っていたり、釣り銭が出ないと嘘をつく中国人がいたくらいで、上で寝ていたとか侵入したとか、そんな物騒なのはありませんので。

 

お忙しい中でやられていますので、ファンの要望にお答え頂くのは難しいかもしれないですが、そのような昔話のシリーズ記事で楽太郎店長が若手社員時代のエピソードが好きで、機会がありましたら続きを書いて頂ければ嬉しいです。

 

最後になりますが、これからもブログ、ツイッターの更新を影ながら応援していますので、お体にお気を付けて頑張って下さい。

 

それでは失礼致します。

________

ここまでが、鰤º さんからのご連絡です。

 

それでは、回答、という訳ではありませんが、ちょっとコメントさせて頂きます。

にわとり

ツイート内容

まず、今回ご連絡を頂戴するきっかけになったツイートを確認してみます↓

こちらですね。

 

昔と今とでは、営業における色んな場面での警戒度が違うと感じる、というご指摘については、仰る通りだと思います。

 

それだけ、まあ一応ですが、

 

ぱちんこ業界が「健全化」して来た

 

とも言える訳ですが、それと同時に

 

リスクを冒して、不正行為等に及ぶだけの価値が無い業界(遊技機性能)になった

 

とも言えるかと思います。

 

それなりに苦労して何か仕込んだりして、不正に玉/メダルを詐取しようとしても、まとまった出玉/メダルを得るための所要時間が長すぎるとか、有利区間の搭載も含めて一撃で出っ放しの状況になるようなスペック機が無くなりつつある、という事情が、いわゆるゴト師集団の不正意欲を減退させている、とも言えるからです。

 

また、店舗への侵入や潜伏、関係者を店舗に送り込むなどして何か悪い事を手引きさせたり、仕込みを行ったり、という事についても、昔よりはホール側の基本的な設備機器が格段に進化していたりセキュリティ/監視機器の精度が向上していたりするので、そういう行為に及ぶ事もリスクが高いという事情もあるでしょう。

 

もちろん、悪い輩/集団が、店舗管理責任者クラスを買収したり、脅したりして、自分たちに都合が良い状況を創り出そうという事案は今でもあるでしょうし、監視機器が発達したからこそ発生する気の緩みみたいなものもありますから、警戒の必要性は常にあります。

 

今回のご連絡のきっかけになった自販機絡みでは、私の経験上では、磁石ゴトを働いた者が、逃走時に証拠隠滅として店を出て直ぐの場所にあった自販機の上に隠して行った、という事がありました。

 

また、侵入の事案については、スロットの初代北斗の拳に裏ロム(V2チップの偽造基板をゲタ仕込みする、或いは主基板ケースごと交換する)というゴト行為が”流行った”時があって、その時はたしかどこかのお店が隣ビルとの間から外壁を破壊されて、壁島にあった北斗筐体に背面から手を加えられた、という被害事例があったかと記憶しています。

 

もう十数年も前になる訳ですが、当時、私はエリアの組合に出席している立場で、

 

「不正基板の事例もあるようだから気を付けるように、また別件では上野エリアでとある営業店舗が同じように外壁を破壊されて金品を盗まれるという、中国人グループ爆窃団による被害が出ている」

 

と、所轄の方から注意喚起された事も思い出されます。

 

そんなこんなで、単に自販機の設置場所ではありますが、悪意を持った輩は利用できる物や人はなんでも利用しようとする訳ですから、時代が変わっても、注意を怠るべきではないと改めて実感した次第です。

-広告-

昔話シリーズは…

最後になりますが、ご要望にありました

 

「昔話のシリーズ記事で楽太郎店長が若手社員時代のエピソードが好きで、機会がありましたら続きを書いて頂ければ嬉しいです」

 

…こちらについて、実は同じようなご連絡なりコメントなりを、結構頂戴しています。

 

この手のシリーズは、旧ブログ時代も含めて、いくつかあります。

 

  • 「再会したい懐かしの店員」シリーズ
  • 「ヤング楽太郎vs■■■」シリーズ
  • 「また打ちたい懐かしの裏モノ」シリーズ

 

こんな感じのものですね。

 

参考記事としては↓

 

・2016年4月19日公開

『再会したい懐かしの店員①-スーパーの精肉担当山田さん』

 

・2017年2月28日公開

『「どこへ行こうというのかね~?」-ヤング楽太郎編その②VS山佐の新筐体』

 

・2016年1月25日公開

『また打ちたい懐かしの裏モノ①ブルーラグーン』

 

まあ、今や危うくなった記憶を辿り、心の旅の果てに思い出したものをどうにかこうにか雑談記事に仕上げている訳ですが、これがまた書けば書くほど「身元バレ」のリスクが高まるという事で、その後は更新頻度を下げている、という事情があります。

 

この手の記事を書いていた2年以上前とは、

 

「楽太郎とは、一体どこの法人の、誰なのか?」

 

という事への興味みたいなものの度合いがちょっと違いますので、一応気に掛けている、というのが正直な回答になります。

 

ですが、やはりご要望にはなるべくお応えしたいという気持ちもありますので、機会を作って何かしら昔話的な記事は書かせて頂こうかと思います。

 

どうぞ、気長にお待ち下さい。

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

※「参考になった」という方や、常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2019年6月23日公開

2 comments on “昔と今とでは、営業における「警戒心」の度合いに差がある-回答

  1. Pingback: 6月23日(日)新ブログ更新-『昔と今とでは、営業における「警戒心」の度合いに差がある-回答』 | パチンコ屋の裏話 現役店長がこっそり更新

  2. 匿名

    健全化(笑)
    釘曲げで毎日犯罪を犯してる犯罪常習業界が何言ってやがる

    泥棒が泥棒を警戒してるだけやん(笑)

    Reply

コメントをどうぞ! ※返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m