パチンココーナーに各台計数システムを導入するか否か、迷っている-回答

今回は、同業の方からのご質問にお応えします。

 

風来坊 さんからのご質問

初めまして、ツイッター・ブログを楽しく拝見させて頂いております。

 

■(注:都道府県名)の個人経営駅前パチンコ店にて勤務しているものです。

 

昨今の人手不足でアルバイトの求人に応募が少なく店舗運営に支障が出そうな状況に陥っております。

 

状況を環境に合わせる為に、アルバイトの時給アップや労働環境の改善など打てる施策の中の一つとして「各台計数機の導入」を提案するか思案中なのですが、楽太郎氏は各台計数機導入に対してどのような意見をお持ちでしょうか?

 

近年は全台各計数機の店舗も珍しくなくなってはいますが導入後すぐに元に戻した例などもありますし、出玉感がお客様に対する大きなアピールポイントである事は理解はしております。

 

メリット・デメリットの行ったり来たりで頭の中でグルグルしております。

 

店舗の立地や客層など条件等が細かくお話しできないので難しいとは思いますが、お答え頂けると助かります。

 

よろしくお願い致します。

________

ここまでが、風来坊 さんからのご質問です。

 

それでは回答です。

 

回答

各台計数システム導入時に考慮すべき事とは?

まず、従来ずっとパチンココーナーでは玉積みだったお店が、全台或いは一部の島を各台計数システムにしようかと検討する際に、考慮すべき事について整理してみます。

 

ポイントとなり得るものは結構沢山あるのですが、当該店舗についての情報が

 

  • 個人経営の駅前店
  • 人員不足

 

これら2点のみですので、なかなかに回答が難しい案件と言えます。

 

特に、基本稼動がどの程度なのか、島の配置がどんな感じなのか、低貸しコーナーの規模は、といった事を把握していないと、おいそれと

 

「こうした方が良いですよ」

 

といったアドバイスもしにくい案件と言えます。

 

ただ、幸いにして、駅前店という点では私と共通項がありますので、私なりの観点で1点だけ提案させて頂く事に致します。

 

それは↓

 

低貸しコーナーを、自店で一番稼動させにくい島に丸ごと移設し、そこを各台計数島にする

 

という事です。

 

関東圏の駅前店という事で、メイン入場口周辺には新機種か自店の定番/主力コーナーが陣取っているかと推察します。

 

そして、おそらくは1島、20~30台規模で低貸しコーナーがあるかと推察しますが、ここで各台計数システムを試すという事です。

 

ひょっとしたら、

 

「メイン入場口から最も遠い場所は、ユーザーにとってわざわざそこに移動して着席するに足りるだけの、目的性が高いコーナーにする」

※バラエティー、特殊ジャンル機(役物抽選機など)、低貸し など

 

というパチ屋のセオリーに則って、既に低貸し島は一番目立ちにくい場所にあるのかも知れませんが、そこで同システムを試せば、まずは玉箱の上げ下げなどのケアが無くなるので、巡回スタッフの労力減効果および他の面への目配り/気配り/心配りができるようになるというメリットが生じます。

 

これが10~20年前であれば、近隣に同システム導入店がそこまで多くないエリアであれば、急なシステム変更で常連客が戸惑ったりする場面も出て来たかも知れません。

 

しかし、現状であればユーザーはすぐに慣れてくれて、アナログ的な出玉感が無くなったというデメリットを、ユーザー目線での”使い勝手の良さ”というメリットが、ごく早い段階で上回る事が想定されます。

 

おそらく、遅番時間帯のピーク時稼動でも、現状のスタッフ数から1名減らして配置できるようになるかと推察しますので、「お試し」でやってみるには

 

  • システム変更のコスト面
  • ちょっとした人件費削減
  • ちょっとした巡回人数の削減
  • 各台計数システムならではのトラブルに慣れる
  • 一般的に低貸しコーナーは稼動水準が高いため、システム変更して、コーナー数字がどのように変化したか計測しやすい(低稼動コーナーでは、数字の上下、システム変更の効果の測定、常連客の反応の測定などがしにくい)

 

こういった観点で、ちょうど良い施策であり、仮に、説得に骨が折れるタイプの経営者の方だった場合にも、承認を得やすいかと推察します。

 

それでは次に、事前にTwitterの方で呼び掛けて、フォロワーの皆さんから色んなご意見をお寄せ頂いておりますので、こちらをご覧頂こうかと思います。

 

呼び掛けはユーザーに対してですが、ありがたい事に非常に多くの同業の皆様、その他業界人の皆様からフォローして頂いているアカウントですので、ホール関係者の方からのご返信も沢山含まれております。

-広告-

 

Twitterでのご意見

各台計数か玉積みか

 

Twitterでお寄せ頂いたご意見は上記の通りです。

 

約20時間で150件以上ものご返信を頂戴し、大変ありがたく思っております。

 

風来坊 さんにおかれましては、本件ご検討時の参考として、お役立て頂ければ幸いです。

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2019年2月26日公開

 

[追記]

記事公開後にお寄せ頂いたご意見も随時追記

2019年2月27日8時25分 時点での紹介ツイート数=167件

3 comments on “パチンココーナーに各台計数システムを導入するか否か、迷っている-回答

  1. 匿名

    所轄の台検査が昼間になってますが、台検査がある日だけ、別積みを控えるホールがあります。担当者が帰ると一斉に別積みを始めるとか、クソだと思います。若い社員やアルバイトには何と説明してるんだろうか?

    Reply
  2. 匿名

    迷わず各台計数の方が好き。
    確かに玉が積んであったほうが出てる感は演出できるけど、それはデータカウンターで大当り回数や出玉を見れば済むこと。

    Reply
  3. 匿名

    人手不足はこの先どの業界にも続く傾向があり、
    良い方向に向かうことを願っているうちに会社が傾くと自分は考えています。
    今後続く人手不足を補うためには、技術の進歩や設備への投資が必要であり、
    またそんな時代に自分達の会社や店舗の元で働くスタッフは何よりも貴重です。
    各台計数はそれら(人手不足)を軽減し、スタッフがより働きやすくするための
    投資であると考えております。

    Reply

匿名 にコメントする コメントをキャンセル