【北電子の動向について】6号機ジャグラー登場までの見通しや、「K-TACKS」構想について

今回は、最近動向に触れていない(と思う)北電子の事についてお話ししたいと思います。

 

最近の発信活動

このブログでは、読者の皆さんに対して「それなりに幅広く」情報と言うかネタを提供して、飽きないように配慮したり、更新が楽しみになるような運営をしたいと思って日々精進しております。

 

  • 得体の知れない謎の男
  • 本当に店長なのかどうかすらも疑わしい
  • いや、実在しているのかどうか?
  • 「楽太郎」というのは、複数名の業界人の集合体なのでは?
  • ダイナムの(統括)店長という噂だが…
  • 東京の西の方、私鉄沿線に思い当たる人が居る

 

こんな感じに色々と憶測を生んでおりますが、そういった詮索なりどんなイメージを持っているかについて等は、全て読者の皆さんにお任せしたいと思います。

 

まあ、ひとつ言えるのは、この楽太郎、関東圏のどこかに、ちゃんと存在しております。

 

文章の調子から、割と堅物に思われがちですが、実際には結構ポップな感じのオッサンです。

 

たぶん、Twitterの方が実物に近いノリなので、もしも興味があるという方は、フォローでもしてやって下さい。

 

1日1~2時間、時間を見つけて集中的にフォロー返し/返信するくらいしか時間的に余裕が無いのが申し訳ありませんが、一応毎日チェックさせて頂いております。

↓ ↓ ↓

楽太郎のTwitter

 

そんな感じで、精力的に発信活動している訳ですが、メーカー事情についても、主要メーカーだけに偏らないように、弱小処(失礼…)や設備機器メーカーに関しても、ネタを見つけて話題として取り上げさせて頂いております。

 

最近3か月くらいの記事やツイートを振り返れば↓

 

  • マルホンのシャカリーナが楽しみ(お金貰って紹介してる訳ではない、勝手にやってるだけ)
  • ハイライツが遊技機事業から撤退しそう(タダで遊技機置いてくれとか言ってる)
  • 愛喜の小林社長の手料理うまそう(でも、卵料理ばっかな気が…)
  • サミーの北斗転生に不思議な挙動?(全容解明は難しいが、頑張って調べてみた)
  • フィールズはずっと大人しかったが、必ずまた妙な販売条件付けて何かやらかす(そういう連中である)
  • ユニバーサルのセールスに注目(新作ハーデスや、変わり種のA+ATネタが1つある)
  • 豊丸は実はネタ持ってる(新作平家以外で、まだ表に出ていないのではファラオとか)
  • エース電研の島設備パンフレットが突っ込みどころ満載(一方的に改善点をアドバイス)

 

こんな感じですね。

 

他にも結構ありますが、まあ、あらゆる偏見を排して、その都度ネタとして成立しそうなものを記事/ツイートしております。

 

意外に意識しているのが、同業のフォロワーさんが増えて来た事で、「それなりの」ネタを発信しないとやはり飽きられてしまう事です。

 

どの業界もそうでしょうが、同業の目は誤魔化せないので、いい加減な情報だと胡散臭いだけでブログ更新やツイートを楽しんで貰えません。

 

なので、やはり「それなりの」ネタで臨むように、私なりに気を付けさせて頂いておる次第です。

サーフィン

北電子の動向

さて、そんなこんなで、今回は最近触れていなかった北電子の動向についてお話ししたいと思います。

 

<ジャグラー事情>

まずは、なんといっても6号機ジャグラーの状況です。

 

これについては、

 

  • 手持ちの5.9号機ネタがある内は、5.9号機ジャグラーしか出さない
  • 6号機ジャグラーは、なるべく遅らせて市場に投入する方針

 

この2点に尽きます。

 

直近では、

 

2019年2~4月に、手持ちの5.9号機検定型式(ゴーゴー/ファンキー)のどちらかを出す予定

 

こんな感じです。

 

また、北電子と言えば

 

「設置中の旧ジャグラーを売却してしまうと、心象が悪くなって新作ジャグラーが出た際に欲しい台数を割り振ってくれない」

 

といった話も良く見聞きします。

 

これは事実であり、しっかりとジャグラーを運用しているお店を重視するのが原則ではありますが、売っても大丈夫なジャグラーは、その都度あります。

 

春先までで見れば↓

 

  • スーパーミラクルジャグラー
  • ニューアイムジャグラーEX-KA
  • アイムジャグラーEX-AE/KT
  • アイムジャグラーEX-AnniversaryEdition

 

これらです。

 

もちろん、中古売却できるのは、認定取得していない検定機に限られる訳ですが、上記型式であれば、売れる時に売ってしまっても、それで新作ジャグラーの購入希望を出す際に「減点」される可能性は低いと言えます。

※一応、担当営業マンに「検定機だから、売れるうちに売っちゃうぜ!」という連絡はしておいた方が無難ですが…

 

要は、ホールの懐具合的にそこまでシビアに接する事ができない業況であったり、メーカー目線では「貢献度がそんなに高くない」と思っているミラクルなどであれば、「売れるんなら、売ってしまっても構いません」というスタンスです。

 

しかし、今後も新作ジャグラーを買う予定があるならば、絶対にやってはいけない事が1つだけあります。

 

それは、マイジャグラー4を売ってしまう事です。

 

同社としては、割り振りに相当難儀して同機を提供したという経緯もありますから、中古市場での取引価格の高騰(230~260万円水準)を見て

 

「ウハっ!売却値で一儲けや!」

 

などといった行動をとれば、新作のセールスにあたって案件入れがあっても、割り振りゼロも考えないといけないという事になります。

 

「一度買ったら、もうそれはこっちの資産な訳だから、どう扱おうが、いくらで売却しようが、そんなの勝手でしょ!」

 

というのもまた事実ですが、メーカー側の立場に立てば、そういった観点で取引先を区別しないと、生産/販売台数には限りがある訳ですから、何とも対応し切れないというのが本音でしょう。

-広告-

<「K-TACKS」の構築>

次に、1年以上前から記事でちょこちょこ触れていた「北電子版DK-SIS」とも言える、同社ホールコンピュータ使用店舗の遊技機データのネットワークデータバンク化およびその情報公開の見通しについてお話しします。

 

これは、現時点での構想では↓

 

「K-TACKS」

ケイ・タックス

 

このような名称で準備が進んでおり、滞りなく進行すれば、2019年11~12月のOPENが予定されています。

 

このデータバンクには、ジャグラーシリーズのデータのみに特化した

 

J-TACKS

ジェイ・タックス

 

という名称で準備が進行しているデータバンクもあります。

 

2018年9月時点で、北電子のホールコンピュータ利用店舗数は、シェア2位にあたる2,000店舗を超えています。

 

ホールコンピュータにもシリーズがあり、内訳としては↓

 

  • 旧シリーズ「O-Proof®」(オー・プルーフ)=200店舗
  • 新シリーズ「VORFORCE®」(ヴォルフォース)=1,800店舗

 

こんな感じです。

 

打ち手の皆さんにとっては意外かも知れませんが、同社のホールコンピュータ事業は非常に好調であり、製品としての品質や使い勝手、サポート面に関しても、一定以上の評価を得ていると言えます。

 

もちろん、5号機時代に「ジャグラーの購入時に有利になるように」という腹積もりで導入したお店も多く、それによって一気にシェアを拡大したという経緯もありますが、純粋にホールのデータ管理機器としての需要もしっかりと存在したというのが実際のところです。

 

現時点では、K-TACKSで集積したデータを元に、現在ダイコク電機が行っているような市場分析/レポートを元にしたプレス向けの発表などを定期的に行うか、といった細かい事までは決まっていない模様です。

 

しかし、最低でも1,000店舗分のデータを元にしたものになる事は確実なので、今後は機種パフォーマンス査定において一定以上の存在感を示す可能性は高いと言えるでしょう。

 

そんなこんなで、ごく簡単にではありますが、最近触れていなかった北電子の動向についてお話しして参りました。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「K-TACKSか、名前はカッコイイな」と思った方や、「なんだかんだで、毎日覗きに来ている」という常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2018年10月10日公開

1 comment on “【北電子の動向について】6号機ジャグラー登場までの見通しや、「K-TACKS」構想について

  1. ジャグキチ

    ジャグラーも6号機になるんだね、当然ながら、、、、

    遊びやすくなるように
    ・チェリー(他の小役含)重複ボーナスは廃止して欲しい。

    4号機だと設定通りの素直な出方をしたのに、5号機のジャグラーはめちゃくちゃ荒れますよね。

    例えば設定6でも4号機だと240分の1位だったのに、5号機だと380分の1!?
    それとチェリー重複1200分の1を組み合わせて240分の1って、そんな詐欺みたいな台造りってどうなんですかね、、、、

    ・台毎に確率を変えないで欲しい。

    4号機だと全部確率が同じでしたけど、誰も文句言ってませんでしたよね。

    別に私は全部順応出来るから違っていても構わないのですが、ジジババにもわかりやすくするために、これは必要だと思います。

    後、ミラクル系みたいなのや、アイジャグみたいなビックよりバケ確率が良い台は要りません。

    パチスロは適度に楽しむ遊びです、、、、

    適度に楽しく遊ばせろ、ヴォケェ~!

    楽太郎様、もしジャグラーの開発担当者(川崎さん?)とお会いする事が御座いましたら、よろしく言って下さい。

    Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m