【平成30年北海道胆振東部地震】ぱちんこ業界への節電要請について-資料まとめ

今回は、「平成30年北海道胆振東部地震」に関しての、私の備忘録としての記事です。

 

ブログの「検索」メニューについて

2015年10月1日に開設した旧ブログも含めると、もうすぐ記事数が1,000本を超えます。

 

本業の傍ら運営させて頂いている都合上、掛けられる時間や労力は限られており、返信のスピード感にも自信がありませんが、ある程度の更新頻度やモチベーションはずっと保ち続ける事が出来ているので、それに関しては読者の皆さんの存在が大きいと思っております。

 

そういった中、最近増えているのが、「こういうのは、過去記事で採り上げた事がある話題かどうか?」という事です。

 

PCやタブレットで閲覧して下さる方々は、検索フォーム(記号「🔍」)がサイトの右上にあるため、問題は無いかと思います。

 

しかし、スマホでの閲覧に際しては、ちょっと分かりにくいかと思います。

 

画面の左最上部のメニューボタン(こんな感じの記号です⇒「≡」)をタップして頂く事でサイト内検索が可能な「Search」フォームがTOPに開きますので、そちらに検索ワードを入力してお調べ頂きますようにお願い致します。

 

私自身も「玉川課長補佐の行政講和って何だっけ?」とか、「規則改正前後の動きを確認したい」といった場合に、全日遊連や所属遊協の組合員専用ページにログインしたり業界メディアで調べたりするよりは、自分でまとめた記事の方が分かりやすかったりする場合もあるので、よく利用しています。

 

そんなこんなで、使い勝手が良い機能の割には、スマホ読者の皆さんからあまり知られていないメニューボタン「≡」について、紹介させて頂きました。

 

さて、今回の記事は、上記のような感じで

 

「平成30年北海道胆振東部地震の際の状況って、どんな感じだっけ?」

 

と後々振り返りやすいように、資料をまとめておく意味合いでの記事になります。

-広告-

経産省から警察庁への要請文

平成30年9月9日

警察庁 生活安全局長 白川 靖浩 殿

経済産業省 資源エネルギー庁長官 高橋 泰三

 

平成30年北海道胆振東部地震による節電への協力依頼について

 

平成30年9月6日に発生した平成30年北海道胆振東部地震の影響により、北海道電力管内において相当の供給力不足が発生することから、経済産業省として、9月7日に節電 の要請をさせて頂いたところです。

 

9月の平日は、8時30分から20時30分にかけて電力需要が増加するため、大規模停電を避けるためには、道内全域で、東日本大震災後の節電目標並みの、平常時より1割程度の大幅な節電が不可欠です。

 

老朽火力発電設備の故障等のリスクを踏まえると、8時30分から20時30分の時間帯において平常時よりも2割の節電を目指していただきますよう、 お願いいたします。

 

そのため、パチンコ業界の実効ある節電の取組が進むよう、業界の皆様への周知徹底及び 実施徹底をお願いいたします。

 

業務御多用の中誠に恐縮ですが、御協力のほどよろしくお願いいたします。

 

警察庁から業界団体への要請書面

北海道地震要請文

 

全日遊連から北海道各遊協への通知書面

北海道地震全日遊連書面

 

経産省発出「節電のポイント」

節電のポイント

1. 節電の時間帯

電力需要が増加する8時30分から20時30分

 

2. 節電の割合

道内全域で、平常時よりも1割程度の節電が不可欠(東日本大震災後の節電目標並み)。

ただし、発電設備の故障リスクや、病院・上下水道等の節電困難な施設があることも踏まえ、 家庭・業務・産業の各分野に対し、平常時よりも2割の節電を目指すことを要請。

 

3. 各部門での節電対策

(1) 家庭

家庭での消費電力量では、照明が最大。

テレビ、冷蔵庫などの待機電力も多い。

3割以上の消灯などの「家庭の節電対策メニュー」を、世の中に広く周知。

 

(2) 業務

照明の割合が非常に大きい。

団体や企業に対して、「事業者の節電対策メニュー」を周知し、 執務エリアの照明の間引きや、使用してないエリアの消灯を徹底。

 

(3) 産業

業種ごとに使用形態が異なる。

関係省庁を通じた所管業界に対する節電要請とともに、 道内の大口需要家に対する個別要請によって、最大限の対応

 

以上、分かりにくいメニューボタンの紹介と、平成30年北海道胆振東部地震における業界の対応についての資料をまとめさせて頂きました。

 

 

「こういう事は、しっかりやらないといけない業界やで」と思った方や、「なんだかんだで、毎日覗きに来ている」という常連読者の方は、1日1回のPUSHにご協力願いますm(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2018年9月10日公開

2 comments on “【平成30年北海道胆振東部地震】ぱちんこ業界への節電要請について-資料まとめ

  1. 匿名

    こんな取り組みもありますよ。
    来週末あたりだったかな?
    とある業界販社の組合主催で「すすきののゴミ拾い&数百人規模で焼肉パーリー」
    は?
    その金、全額被災地へどうぞ。
    ススキのではなく被災地へどうぞ。

    Reply
  2. どうにならないものか

    少数ではあるが、当日&翌日に営業再開した店舗があるみたいですね。
    本当に残念。 組合非加盟のホールでは無かったようだが北海道は組合の力が無いのか? 
    地震直後で電気が完全復旧していないなかで、無理をして営業する必要があったのか。
    世間の厳しい目、ひいては業界バッシングに繋がるのはわかりきっていたことなのに。

    Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m