タフマンの不思議なCMを見ながら、ユニバーサル創業者岡田氏の事を思う

昨日は、この楽太郎、ビールを飲みながら1時間くらいTV番組を見ておりました。

 

「タフマンの世界:打ち上げ編15秒CM」

すり寄って来た犬のお腹をナデナデしながら、寝っ転がってTVを見ていると、そのうちCMになりました。

タフマンコンチネンタル

最近の記事でも紹介したヤクルト社が、6月あたりから流しているらしいこのCMです。

 

同CMの世界観やメイキング秘話については、ヤクルト社の公式HPを引用します↓

 

どこかにあるかも?タフマンの世界

広い宇宙のどこかに、もしかしたら存在するかもしれない「タフマンの世界」が舞台となっている今回のCM。

 

伊東四朗さん扮する“タフマン界のレジェンド”と、メイプル超合金の安藤なつさん・カズレーザーさんによる“今どきの新生タフマン”たちが、世代間のギャップや個人の感覚の違いで、うまくかみ合っていない様子をコミカルに表現しています。

 

懐かしい?小道具の数々

背景の美術をじっくり見てみると、ちょっと懐かしいオフィス用品やブラウン管のテレビなど、各時代を象徴するような小道具が配置されています。

 

カメラにはクローズアップされない箇所にも、こだわりがたくさん散りばめられているんですね。

©Yakult Honsha Co.,Ltd.

 

この楽太郎、タフマンは、疲労感がある時には、ノーマルのタフマンより1つグレードが上で、高麗人参成分が10倍且つローヤルゼリーを含んだ「タフマン スーパー」を愛飲しております。

 

なので、同製品のCMとなると、妙なシンパシーを覚えて目を遣りました。

 

すると…

 

なんでコンチⅡがあるんや

メガロポリスの片隅っぽい風景の、更にその端っこの方、画面の右下を注視してみると…

コンチネンタルⅡ

コンチネンタルⅡ

(1992年 ユニバーサル)

 

コイツがおる・・・

 

「コンチ4Xなら狂ったように打ったけど、Ⅱなんか知らん」という若い打ち手の方も多いかと思います。

 

まあ、青リンゴ図柄くらいしか共通点がないのと、今回の記事の主旨から外れますので詳しい事や私の思い出話などには触れませんが、ひとつだけ言えるのは、先ほど紹介したCMメイキング秘話にあったような”時代を象徴”するほどの機種では無かったという事です。

 

それがなぜ、敢えてこのCMに登場しているのかと邪推して参りますと、導き出される答えは1つかと思います。

 

それは、

 

ヤクルト社が、業務提携関係にある全日遊連のために、自社CMにてレトロスロット機を小道具として用いつつ

 

「手元に少しでもお金があったら、近所のホールに行って迷わずスロットを打て!」

 

という誘導メッセージが書かれたスライドを1/3000秒単位で繰り返し差し込むという禁じ手”サブリミナル効果”を用いた、ぱちんこ業界支援プランの一環である。

 

こんな感じかと思います。

 

・・・というのは冗談で、おそらくは広告制作会社やヤクルト社の中にも、「居やがる」んだと思います。

 

私や、打ち手の皆さんと同じ、「スロットが好きで好きで仕方がない、どうしようもない奴」が!

 

これは実に頼もしい事であり、往年の名機をこんな形で紹介して貰ったユニバーサルですが、読者の皆さんも既にご存知の通り、結構面倒な事になっている模様です。

 

業種としての性質上、ひょっとしたらですが、同社の今後の事業見通しや世間的なイメージ等に、若干なりとも影を落とす可能性も孕んでいる事案ですので、もしもまだご存知ではないという方がいらっしゃれば↓


是非、お目通し頂ければと思います。

 

けしからん!

しかしまあ、先ほど参照させて頂いたご両名はTwitterにて交流させて頂いている方々ですが、全く、不謹慎極まりないと言えます。

 

ぱちんこ業界内で岡田氏と言えば、

 

  • スロット遊技機の開発に係る法令のギリギリなところを追求しつつ、スロットシーンをその剛腕で牽引
  • ミジンコの如き中小ホールとの関係性は一切無視するような販売手法で、自社の利益を最大化させる事に尽力

 

こんな感じで、非常に尊敬されている大人物です。

 

そのような方を、こんな…こんな風に乱暴に扱うとは!

 

実に愉快 全くもってケシカラン事であり、この楽太郎、怒りに震えております。

 

コンサルH さん

とき43 さん

 

ユニバーサルあってのスロットシーンな訳ですから、是非改心して頂き、もっとちゃんとやって下さい!

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

「なんだかんだで、毎日覗きに来ている」という常連読者の方は、1日1回のPUSHにご協力願いますm(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2018年8月7日公開

6 comments on “タフマンの不思議なCMを見ながら、ユニバーサル創業者岡田氏の事を思う

  1. DG F1

    そんな手法だったから近所のいわゆる「ショボいホール」にはハナビやサンダーVが無かったのか…

    Reply
  2. ファウ介

    コンチネンタルは1より3より、2が一番好きだった異端児が通りますよっと(。・_・。)ノ

    Reply
  3. daidai

    私はリバティベル派(そもそもスロデビューがセンチュリー21)なので、コンチにはほとんど行きませんでした・・・瑞穂の大きい7で目押しを覚えましたね。間違いなく私の人生の一部を狂わせたのはユニバです。

    Reply
  4. ゴンザレス

    『ぱちんこ業界支援プランの一環である』ナ、ナンダッテー!

    たぶん「小道具倉庫の眠っていただけのもの&スロットマシンとは分かるが、そこまで有名じゃないもの」と言うことで選んだんですかね?ほかの物もそんな感じですし。

    しかし、岡田元会長は確かに『やっと』という感じですね。フィリピンはじめ世界中で有名な御方ですから。と言うか、たしか香港市場上場のホール企業の株もだいぶ持ってる方ですが、カジノ企業ならヤバそうだがホール企業の場合どうなるんでしょうね~(´・ω・)

    Reply
  5. ジャグキチ

    伊東四朗、、、

    まだこんなペテン師ボンクラお笑いがいたんだね。

    10年位前、ラジオを聴いていたらこいつが『格差ってもっとあっていいんじゃないかと思うんですよ。いやね、私みたいに努力している人間と、ノウノウと生きている人間があまり生活水準に変わりかまないと言うのはおかしんじゃないかなぁ。だってね、私なんか税金たんまり持っていかれるわけですよ。』と言っていて、唖然とした記憶が有る。

    すぐさま他の人(ラジオ局の人?)に止められてCMになったが、こいつはたかが低能お笑いの癖に勘違いして、何考えているのか。

    パパ活して金持ちゲットした剛力といい、ヤクルトのCMに出る芸能人にろくなのがいない。

    Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m