【寄稿】パチンコの空台開放絡みのトラブル事例

今回は、特にご質問という訳では無く、読者の方からのご連絡内容を【寄稿】扱いとして紹介させて頂きます。

 

R.T. さんからのご連絡

こんにちは

いつも拝見しています。

 

先日店の対応や老人の頭を疑う出来事があったので送らせていただきます。

 

A店にて空き台札が刺さってる大海ブラック

 

店員が刺してるところも見ています

 

を遊戯して5分ほどたったところで50すぎのおばさんに肩を叩かれ

 

私の台なんだけど

 

と言われました

 

玉もあったはずだと言うので玉は無かったこと、何より空き台札が刺され開放されていることを伝えると顔を真っ赤にし

 

なんで札ささってんのよ!

 

と大声を出しながらコールを押し店員を呼びました。

 

老人は店員に怒鳴りながら文句を言い店員は私の肩を叩き玉は無かったかと聞いてきました。

 

失礼しますや申し訳ありませんもなくいきなり体を叩く行為にまず衝撃を受けましたが玉はなく何よりいま空き台札がささってる状況

 

そんな適当に仕事をしていないよねと言うことを伝えると

 

まあそうですよねと言う対応をされました。

 

カメラを確認するように言うとカメラでは確認しきれなかった旨を言われました。

 

その後すぐ当たり後でずっと立っていた老人は顔を真っ赤にして他の台に消えていきました(笑)

 

店員からはトラブルに対する謝罪や説明も無くまたヘラヘラした顔をしながらホール周りを始めたため頭に来てそれ以来ホールには行ってません。

 

対応した店員はおそらく30代の社員でそこそこ大手にもかかわらず対応がおかしいこと。

 

何より老人も大人なのにアホみたいに怒鳴り散らし理性を保てない。

 

パチンコ屋はトラブル対応や頭のおかしい老人対策などはしていないのでしょうか?

 

ちなみにA店は以前より客数が落ちており近隣のB店の稼働は上がってると感じるので客も店にはあまり期待していないんだと思います

________

ここまでが、R.T. さんからのご連絡です。

※店名は、伏字にさせて頂きました。

ねこ立腹

所感

まず、スタッフ対応で不愉快な思いをされたという事で、心象が悪くなりその後はお店への足が遠のいてしまったのは残念でした。

 

いきなり身体を触られるというのは、特に女性客にとってみれば不作法以外の何物でもない行為であり、やはりしっかりした声掛けなり態度なりで接しないと、業況が厳しい中で更に地元客を減らしてしまう原因にもなると痛感致します。

 

サービス/接客への印象や満足度は、お客さんによって違う訳ですから、全てのお客さんに、お店に対して好印象を持ってもらう事は不可能に近いです。

 

ただ、少なくとも、「悪い印象を与えない」事は出来る訳であり、今回のA店はお客さん同士のちょっとした揉め事という「営業上よくある事」で不愉快な思いをさせているのですから、おそらくは他にも色んな場面で落ち度が多い営業をしているのだと推察します。

 

今のぱちんこ業界全体を見ましても、ユーザーに対して好印象を持ってもらう事が難しいのであれば、せめて悪い印象は与えないように、という努力は必要だと思っております。

 

そういった事が、全く分かっていないお店もいまだに沢山あるため、それ故にやはり遊技人口は減っているし、今後もどんどん減って行くのだろうなと、私としてはそのように思っております。

 

実際にあったトラブル

さて、それでは、今回のご連絡内容が空き台絡みのトラブルという事で、せっかくですから過去に私が体験したり営業現場で遭遇したトラブルの中から、同じように年配の方が絡んで面倒な事になったというものを2つ紹介させて頂こうかと思います。

 

①プロレスに発展した隙に…

忍術決戦CR影(2005年 サンセイ)の新台開放時のトラブル。

 

今になって思えば、「なんでこんな機種を、こんなに沢山買ったのか」と恥ずかしく思う台数を導入。

 

それでも、新装開店当日は、整理券が欲しいお客さんで熾烈な抽選になった。

 

その抽選の際に、自店では関知していないところで年配男性同士の揉め事があったらしく、整理券をGETしたお客さんが指定台番号の座席に座ろうとした…

 

その時に、整理券を取れなくて立腹したお客さんが島端から突進して来た。

 

助走を付けて、着席寸前のお客さんにスタン・ハンセンばりのウェスタンラリアートを喰らわせる形でぶつかり、床に倒れて揉み合いになる。

 

スタッフが止めに入っている、その最中に、新台なのに誰も座っていないと判断した年配会社員客が普通に着席し、すぐさま初当りを引く。

※CR影の大当り確率=1/498.5

 

そこで、当てた会社員客も巻き混んで

 

  • 抽選で新台整理券をGETした年配男性
  • 抽選の並び時に上記当選客と口論などがあったらしい年配男性
  • 上記2名の仲裁に入った男性社員(優秀だったが後ほど退社)
  • 事情を知らずに着席し、すぐさま初当たりを引いた年配会社員
  • これはイカンと判断して現場に急行した、当時まだ精悍な顔立ち/体格の楽太郎

 

これらが入り乱れての混戦になる。

 

最終的には、抽選時に何事か揉めたらしい2名は、なだめられて気が抜けたらしく退店。

 

事情を知らぬまま座って当ててしまった会社員は、その後も新台で楽しく遊ぶ。

 

…こんな感じの結末に。

 

②ウチじゃないのでは?

15年くらい前に、スロットコーナーに(機種は失念

 

「持ちメダルが全部なくなっている!」

 

と、激しく怒る年配客が降臨。

 

スタッフが事情を聴くと、食事休憩に行って帰ってきたら、空き台として開放されてしまっている、との事。

 

当時は「食事休憩用の手渡しカード」などを運用していないお店も多く、自店でもそういったものは使っていなかったため、監視カメラでチェックする事に。

 

しかし、いくら時間を遡って見ても、該当の年配客の姿すら確認できず。

 

お客さんの怒りが頂点に達しようとしたその時に、対応にあたっていた男性社員がふと閃く。

 

「お父さん、ひょっとしたら…ですけど、打ってるのって、アッチ(指さす)のC店じゃないですかね?ウチじゃなくって…

 

「そんなはずはない、馬鹿にするなよ!」

 

と、なおも怒るお客さんを連れて、道路向いにある競合のC店へ。

 

C店では、食事休憩時間を超過しても戻って来ないそのお客さんに困っていた。

 

対応を終えた男性社員のコメント↓

 

「道路渡らないと来れないウチと、C店と、どうすれば間違えられるんですかね?」

 

向こうのスロットコーナーの床は絨毯で、ウチは普通のフロアーですけど、違いが分からないもんなんですかね?」

 

「勝手に間違えて、こっちは対応し損な訳ですけど、お客もC店のスタッフも、こっちにスンマセンでしたの一言もありませんでしたよ」

 

といった感じで、凄く立腹して戻って来た。

 

ちなみに、C店はスロット専門店で、自店はパチンコスロット併設店である。

 

 

・・・以上、最後に私の昔話も絡めつつ、空き台に関するトラブルを寄稿という形で紹介して参りました。

 

 

今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「年配客は、どんな行動をとるのか予測不能だ…」と思う方は、下のボタンをそっと押して下さい。

※「なんだかんだで、毎日覗きに来ている」という常連読者の方は、1日1回のPUSHにご協力願いますm(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2018年7月29日公開

3 comments on “【寄稿】パチンコの空台開放絡みのトラブル事例

  1. 匿名

    パチンコ屋の接客に期待してはいけません。稼働が落ちて大変な時に陣頭指揮を取るべく現場に繰り出す上司はおらず、営業活動を行うべく客を接客し、意見に耳を傾ける店長も居ないのに、スタッフがまともな接客を行う訳がない。「ああ、また面倒臭い事を言い始めた。」と思って終わりです。エリア長ボスさんや楽太郎さんは積極的に現場に出られている様子ですので、そういう店は期待出来ますが。
    お年寄りですが、玉があっても人の台を打ってしまう人は結構居ますね。「玉は無かった。」と言い張る。悪気は無く、不注意たから何を言ってもダメ。玉だけでは無く、私物も同時に置く必要がありますね。

    Reply
  2. 匿名

    投稿の話は「ま、パチンコ屋だからね」と言った感じで元々その程度と受け止められるのですが、楽太郎さんが挙げられた2例は楽太郎さんの普段からの言動から考えていた店長としてのお仕事にちょっと残念に感じるところがありました。

    ①の件では「抽選時に何事か揉めたらしい」の詳細がないので何とも言えない部分もあるのですが、この記事からだけで言えば整理券を得ていた年配男性は一方的な被害者であり併せて件の台を打つ権利は年配男性にあるはずで、年配男性が退店し年配会社員が打ち続けた(そもそも打ち始められてしまったのが)のは公平性に欠けるように思えます。
    ②の件では悪いのは年配客でありC店も困っていたと言う状況なのに、C店スタッフにもヘイトを向けるのは筋が違うのではないでしょうか(立腹していたのは楽太郎さんではなく男性社員ではありますが報告を受けているという事は部下と思われるので、上の立場としては諭すべきだったのでは?)

    Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m