新型コロナウイルスの感染拡大と、ぱちんこ業界が被る影響について

今回は、新型コロナウイルスに関する動きについてお伝えします。

 

国会にて

新型コロナウイルスの感染拡大および ”世情” を受けて、立憲民主党所属議員である早稲田氏が3月6日の衆議院内閣委員会の席上において

 

「高齢者が長時間いるパチンコ店の休業について、働き掛けを考えるべきではないかという声が上がっている」

 

と発言し、それに対して国家公安委員長の武田氏が民業への介入には限度があると言及した上で、先だって警察庁を通じて全日遊連に要請した通り、従業員の感染防止、ハンドル等の消毒の徹底などの対策を講じている旨の回答をしたとの事でした。

 

本件については、同議員の選出が神奈川県第四区である事から、当初は神奈川新聞「カナコロ」が報じたのみでしたが、本日3月7日の5時にYahoo!ニュースとしてピックアップされた事から、より多くの人の目に留まっている事と推察します。

 

街頭デモにて

また、感染拡大の流れに便乗したような動きとして、差別史観に根差した排外的な団体である「在日特権を許さない市民の会」の前会長である桜井誠氏が先頭に立つかたちで、「日本第一党」がデモ行進を実施した事が3月1日に各メディアで報道されていました。

 

社会が不安定になると、その原因を外国人、特に中国人/朝鮮人/韓国人の方々に帰して攻撃的な言動に及ぶというのは戦前からも度々繰り返されて来た蛮行であり良識ある大多数の国民からは到底支持され得るようなものではありませんが、「マスクの買い占めは朝鮮人が行っている」などという事を主張しながら銀座界隈から首相官邸まで練り歩き、沿道の通行者とも一悶着起こしたとの事でした。

 

今回は特にぱちんこ業界に対して矛先が向けられた訳ではないようですが、いつ何時不当な口撃が始まるか警戒されるところであります。

 

全国各地で感染者情報が

こういった状況で、既に周知の通り日々どこかで新規感染者が出て来ており、日本経済に与える影響も憂慮され、そのマイナス幅は野村證券の試算では実質GDP成長率を1.1%押し下げるものとし東日本大震災以来の下げ幅になるだろうとしています。

 

また、大和証券の試算では観光客減は40万人水準となり宿泊/飲食をはじめとしたサービス業種の低迷により、仮に感染の拡大が3ヵ月で収束したとしてもGDP伸び率を0.2%程度、1年間続いた場合には0.9%程度押し下げるという見通しを示していました。

 

実際、カラオケボックスやライブハウス等の比較的手狭な営業スペースの業態を中心に「休業して当然」という世論すら構築されつつあり、休業の期間によっては壊滅的な打撃を受けるであろう事は想像に難くありません。

 

ぱちんこ業界では…

そして、ぱちんこ業界においては、各職域においてそれぞれ異なる様相での影響が出て来ております。

 

メーカーにおいては、新機種の製造に係る部材への影響により製造/販売台数や時期が予定とズレて来ているものもあります。

 

営業部署や販社でも、顧客であるホールへの訪問において面会を嫌がられる場面もあるなど、対人における警戒心が強まっていると言えます。

 

そして、接客最前線であるホール営業の現場では、警察庁および全日遊連からの要請への対処の意識や実行する施策の度合いに大きな高低があり、意識が高いお店であれば細部まで行き渡った対策を講じる一方で、そのような事は一切顧みないお店ではいまだに実質ノーケアという事例も見聞きします。

 

こういった状況で「不幸」なのは、感染者の方が立ち寄った事で休業などによる対処をしなければならない状況になったお店です。

 

まずは、2月中旬時点で12名の感染者が確認された和歌山県において、その内の1名が立ち寄ったとの県からの連絡を受けて、「123ライト有田店」は店内消毒のために防護服姿の一団を受け入れています。

同店は2月23日以降は営業を再開出来ていますが、同様の流れで休業を余儀なくされたお店が新たに出て来ています。

Twitter公式アカウント(リンクします)による告知文

《お知らせ》

お客様には

ご迷惑をお掛けしますが

何卒告知の事情をご賢察いただき

ご理解のほど

よろしくお願い致します。

 

会社としても、従業員の皆様にとっても、また地元常連客の皆様にとっても不運な状況かと拝察しますが、経過観察期間を無事にお過ごし頂き、大事に至らず晴れて営業再開の日が来る事を祈念申し上げます。

 

また、私も含めて同業においては、前述した経緯からやはりこれは他人事ではなく、いつ何時自社店舗が同じような事態に陥るかも知れない状況である事を再認識して、仮にそうなった場合にどのように振る舞うのか、上位役職者であればどのように判断し指示を下すのか、そういった事に思いを巡らせておく必要があります。

 

どのように事後対処するにせよ、最も考慮すべきは、

 

仮に休業を余儀なくされた場合でも、地元民の方々から営業の早期再開を期待されるような店舗運営を常日頃から心掛ける事

 

これに尽きると考えます。

 

目下の状況における広告宣伝のあり方も然りで、「見せ方」は気にするが「見られ方」には配慮しないという旧来的なホール運営の仕方は現代社会では一切通用しないという事を認識すべきであると言えます。

 

結びとして、僭越ではありますが、同業の皆様におかれましては現況における「あるべき振る舞い」がどのようなものであるか、それができない場合にはどのような事態を招く恐れがあるのか、こういった事を再考して頂ければと思う次第です。

 

 

以上、今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

※「参考になった」という方や、常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2020年3月7日公開

4 comments on “新型コロナウイルスの感染拡大と、ぱちんこ業界が被る影響について

  1. ジャグキチ

    国からの要請に基づいて、現在かなりの店舗が時間短縮営業されていますね。個人的には、時間短縮に何の意味・何の効果があるのかさっぱりわかりませんが。

    ただ、民間であってもこういう要請には応じています。

    さて、翻ってパチ屋といえば。。。
    時間短縮すらしませんね。それどころか、禁煙条例ギリギリの3月いっぱいまでは喫煙上等!営業ですね(笑)

    Reply
  2. 匿名

    感染者が来店したって話だから、店側も営業する以上はこうした事は今度増えると思う。
    怖いのは蒲郡みたく店内で吹聴する客が出てこない事を祈るだけ。

    Reply
  3. ゴンザレス

    デモ関連は、普段から言ってるような人らが言ってるだけだし心配いらんでしょう。むしろ日本人が世界から差別され始めてますし(´・ω・)

    ただ、いまの清掃状況とかを見ていると、身内(特に高齢者)に行かせるのは怖いですね。

    「うちのチェーンはコロナウィルス対策に力を入れてます」という文章がホームページにあった店に行きましたが酷いの何の。タバコの灰はそのまま、隣が席を離れても一時間は掃除せず、ガラスには手の跡、全くの普段通り。

    「見えるところでこんなに汚いなら、見えない所や見てない掃除は似たようなもの」と思ってしまうのが、人間の思考というもの。

    趣味打ちでコロナにかかりたくはないし、身内に重症者は出したくないし、リスクは少しでも減らすために行く止めるかぁ

    ・・・となるケースが普通だと思うんで、どうせ広告自粛せずに出すなら、チラシで「営業中はこんな掃除をこんな頻度でやっていて、営業終りはこんなにやってます!従業員はアルコールで手を洗ってます!」のアピールくらいやって貰いたいです(笑)

    Reply
  4. 中小企業のドクターK(三振じゃなく確変取りたい人)

    前ピンチをチャンスにとか書いたけど、チャンスていうお店がピンチになってますがな(スミマセン) 
    地元だと感染者が寄った飲食店なんかも公表されてないけど、上のお店みたいに感染者をきちんと公表して対応されているのは、とても素晴らしいと思います。 きちんとお客や従業員の事を考えてらしていい会社だなあと感じます。 これが可能な規模の企業はそうすべきだし、地元の人は是非こういうお店にいくべき。 
      
    コロナは(重篤化すれば)生命に関わるかもしれないけど、パチ屋さんも他業種のお店でも、店閉めちゃったら喰えずに働いてる人みんなの命に間違いなく関わる。 営業自粛は絶対よくない。 

    各人が情報を正しく集めて自己責任で判断し、自分の環境に合わせてコロナを正しく恐れるべきだと思います。 
    自分の場合、
    ネットあちこちみてもよく分からないし、親しいドクター何人かに聞いたけど言ってる事バラバラで全然わからないw 結局自分で判断して最近パチンコとか美容室とか外食も行き出しました。 
    ただ1月ほど警戒してたから危機意識がちょっとマヒして判断謝ってるかもしれません。 なので、コロナを軽視するのではなく適度に「恐れる」ことが重要かと。  

    お店は「かくれ感染客・従業員がいるかも」というリスク管理が需要です。
    お客は「自分が潜伏コロナかも」という意識をもってマスクを着用すべき。 知らぬ間に人にうつすといずれ自分にも帰ってきますよ、生活エリアが一緒なんだから。
    今はサービス業にとっては有事ですからね、経営者が現場回って従業員にマスク配るくらいの事した方がいいと思います。現場ほったらかしだと退職者出ますよ。

    Reply

中小企業のドクターK(三振じゃなく確変取りたい人) にコメントする コメントをキャンセル