食事休憩30分間で、ランチと食後のタバコ一服はちょっとキツいんじゃないか?

今回は、この楽太郎の近況と、ふと思った事についてお話ししたいと思います。

 

最近の楽太郎

直近1~2週間は、営業マンと面会したり新機種を見たり、小難しい契約をしたりと、社用で結構忙しくしておりました。

 

その傍ら、外出中に記事ネタ探しというか、お遊び的にやっていた「ウルトラ怪獣探し」ですが、無事に(?)3パターンの「キングジョー」を発見する事に成功しました。

20代以下の読者の方は、「何のこっちゃ」という話でしょうが、まあ、7月の話題の新機種であるCRウルトラセブンにも出て来る↓

キングジョー

©Tsuburaya Productions Co., Ltd.

 

こいつです。

 

どうでしょうか、私が街で激写して来た写真、良く似てますよね?

 

似てないですか?

 

…じゃあ、いいです。

 

半端な空き時間

そんなこんなで、外出したり面会したりと、おうちを離れて活動する日が多かった訳ですが、どうしても半端な時間というものが発生してしまいます。

 

本当に「意識が高い」男というのは、こうした空き時間にもトレードをしたり、ブログ記事を作成したりと余念が無いのでしょうが、はっきり言ってこの楽太郎は、資産運用に関してはほとんどの口座が嫁さん任せで、アクセス状況を分析したり収益性を向上させる事などにそれほど興味がなく、単に日々、その時々に思った事を記事にして公開しているだけといった具合に、かなり緩い感じでやっております。

 

そんな私ですから、出先で1~2時間くらい空いたら、ソフトクリームを買ってベンチに座って土鳩共の日向ぼっこ風景を観察したり、高架橋の上で風に吹かれながら LAZY LOU’S BOOGIE『いつもそこに君がいた』(TVアニメ『YAWARA!』ED曲)を口ずさんだり、パチンコスロットで1~2万円負けたりして過ごす事が多いです。

 

先週は、そんな感じのパチンコスロット活動中に、何と遊技開始30回転くらいで黄門ちゃま喝の土下座フリーズを引いて印籠8個GETしたり、シンフォギアで流れ星が流れまくって18連してみたり、北斗無双で初当たりを5回引きそれが全て150回転以内という驚異の確率だったものの全て通常当たりだったり、ドラマがある実戦になりました。

 

黄門喝のオスイチでのプレミアムフリーズは、かなり嬉しかったので遊技状況を何点か写真に撮ってありますが、前述の通り最近は結構忙しくしており、画像処理などが面倒ですからやめておきます。

 

そういう事は、この方に任せるという事で↓

時間、足りる?

そういったパチンコスロット活動で、ふと思ったのですが、北斗無双を打ったのはちょうどお昼で、ランチを食べたい時間帯でした。

 

単発続きで、ちょっと流れを変えたいとも思い、休憩をとってカレーライスでも食べに行こうとして店員さんを呼んだら

 

「お食事休憩は30分間で、お戻りになられない場合は空き台として開放させて頂きます!」

 

と、元気良く案内されました。

 

地方や郊外のお店なら40~60分くらいの休憩時間設定にする場合も多い訳ですが、飲食店も含めて営業店舗が沢山ある都市部では、30分しかないお店も結構多いと言えます。

 

これは、今まででしたら、まあいいかとそこまで気にしないお客さんも多いでしょう。

 

しかし、この先「健康増進法の一部を改正する法律案」「東京都受動喫煙防止条例(仮称)」の動きに関係して、手狭なビル物件で営業している小規模店舗などの場合は、店内に喫煙所を設ける事が無理で、喫煙者には店外のどこかでタバコ休憩してもらうなどの措置が考えられます。

 

そういった中で、喫煙者は食後の1本はお決まりのパターンな訳ですが、30分休憩でランチを味わって食べて尚且つタバコもゆっくり楽しんで、というのには少し時間が足りないようにも思うのですがどうでしょうか。

 

私はタバコは25歳くらいの時に辞めておりますので、喫煙者のそこらへんの心理や時間感覚みたいなものは、もうイマイチ良く分からないのですが、30分間で全部済ませるのはちょっとせわしないんじゃないかと思っております。

 

昔とは違う

それこそ、15年くらい前までであれば、

 

  • お客さん方には、ガンガン打ち込んでもらってナンボ
  • 食事休憩なんか本当はあげたくない
  • 遊技客が入れ替わり立ち代わりお金を突っ込むから、パチ屋っちゅうのは儲かるんや!

 

みたいな考え方のお店が多かったと言えます。

 

しかし、業況の悪化なり遊技客の行動パターンの変化などにより、今ではいくら人気機種でも終日フル稼動するかと聞かれれば決してそうではありません。

 

また、台間隔が狭い環境でお客さん方は鮨詰めみたいに肩を寄せ合って遊技しながらみんながタバコをプカプカすって煙がモクモク…というホール状況が当たり前だ、という訳ではありません。

 

別に、食事休憩を30分間だなんてケチな事を言わずに、40分でも50分でもあげて問題がないお店は沢山あると思います。

 

そこまでシビアに時間設定しなければならないのは、一部の高稼動店に限られるものと推察しますが、読者の皆さんはどのようにお考えでしょうか?

 

以上、楽太郎の近況および、食事休憩に関してちょっと思った事についてお話しして参りました。

 

 

今回はこれくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「ホール内の禁煙化には、大賛成である!、という方は、下のボタンをそっと押して頂きますと、楽太郎の人気ランキングが上昇します。

※「なんだかんだで、毎日覗きに来ている」という常連読者の方は、1日1回のPUSHにご協力願いますm(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2018年5月31日公開

5 comments on “食事休憩30分間で、ランチと食後のタバコ一服はちょっとキツいんじゃないか?

  1. Pingback: 食事休憩30分間で、ランチと食後のタバコ一服はちょっとキツいんじゃないか? | パチパチスロスロあんてな

  2. ジャグキチ

    スマホを買い換えたからなのか、新しいサイトだからなのか、書き込み出来そうなので久々に書き込みます(笑)

    食事休憩について、とある店を思い出した。どこの店だったか失念しましたが。

    ポスターにデカデカと『会員特典・食事休憩は会員のみ可能』と書いてあって、そういう店はたまに見かける(会員じゃないと休憩無しっていうのもどうかとおもいますが)のですが、その内容にビックリ。

    『食事休憩10分』

    は?何かのプリントミス?10分延長サービスの間違い?と思って店員に確認すると、

    『メンバーさんだけ食事休憩10分です。1日に1回だけ取れます』との事。

    唖然としました。ちなみに店内ガラガラでした。

    >15年くらい前までであれば、
    >食事休憩なんか本当はあげたくない

    15年前ではなく(笑)、去年の事です。

    Reply
  3. 匿名

    近所には40分くらいが多いですけど、近くの店じゃないといけないですね。
    ただ、戻ってくる気がなかったり、台確保の為に休憩取る人も多いので、1時間とかになると店も困るところはあるのかもしれませんね。特に最近取材が来ると全台系が見えるまでほとんど打たずに休憩を取る軍団が良くいます。酷いと5台並びで休憩取られてたりします。

    Reply
  4. ゴンザレス

    意外と低いですね、順位。まさか一般人パチンカーの方より低いとは(笑) というわけでポチポチ。

    あれって嫌がらせの長時間休憩を防ぐ為とか併設してる飯屋を利用させる為と思ってましたが、なるほど稼働の為だったんですね。

    Reply
  5. ファウ介

    昔は割と都市部の店でも打ちましたが、そんなに短かったですかね。記憶が曖昧ですが。

    タバコに関しては、どうしてもそう言うルールならば、一旦戻って休憩解除して数ゲーム回して吸いに行きますので、それほど気にならないかな。

    それより楽太郎さん、残ってる旧基準機で、黄門喝わりと好きですよね( ^ω^ )

    Reply

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m