【高射幸性スロット機】2019年1月末までに設置比率を15%以下に減らす取り組みの再検討について

今回は、一部のスロットユーザーの方は注視している、高射幸性スロット機の段階的な設置比率減の自主的な取り組みについてお話しします。

 

通知書面

最近はこういった情報も非常に早く、正確にユーザーの目に留まるようなご時世になっておりますので、既に目を通したという方も多いでしょうが、まずは資料としてこちらの通知書面をご覧頂きます↓

15%自主規制見直し検討

 

解説

日電協調べによると、2018年7月31日時点におけるスロットの全国設置状況データは、下記の通りです↓

 

  • スロット機総台数=167万9,226台
  • 高射幸性スロット機=30万5,278台
  • 総台数に対する高射幸性スロット機の設置比率=18.18%

 

上記数値から「2019年1月末時点での設置比率を15%以下とする」方向で比率減に取り組んだ場合は、この手の数値には若干の増減はつきものですが、ざっくりと申し上げて目標達成のためには5~6万台水準の入替が発生する事になります。

 

良く見掛けるような、スロット設置台数250台規模のお店で考えた場合には↓

 

  • スロット総台数=250台
  • 高射幸性スロット機=45台(18%)

 

こういった現況で、更に細かく見ますと↓

 

<高射幸性スロット機の内訳>

・メイン(5台以上設置)=ゴッド凱旋、ハーデス、バジリスク絆、初代まどかマギカ、モンハン月下雷鳴、北斗転生、サラリーマン番長

 

・サブ/バラエティー(1~2台設置)=化物語、黄門喝、ラブ嬢、戦コレ2、ゴッドイーター、銭形、エウレカ2、プレミアムビンゴ

 

こんな感じになります。

 

この状態から、来年1月末までの約3カ月で18→15%の比率減を行った場合には、設置45台→37台の減台になりますから、主な手法としては↓

 

①メイン機種の中で営業貢献度が見劣りする1~2機種をサブ/バラエティー扱いに変更し、その分を高射幸性以外の機種で補填する

 

②サブ/バラエティー島の機種構成を、高射幸性機種をほぼ除くかたちで見直す

 

最も単純なやり方ですとこの2つが挙げられる訳ですが、スロットコーナー全体の粗利金額のみを見て、マイナス影響を最小にしたい場合には後者の選択肢を選ぶお店が多いかと推察します。

 

その結果、ユーザー目線で見れば、贔屓にしている機種を打ちに行ったら、バラエティーの顔ぶれがガラリと変わっていて、打てなかった…

 

こういう状況も沢山出て来るでしょうと、最近のスロット関係の記事や「今週の見通し」記事で既にお話ししておりました。

 

観察眼が鋭いユーザーの方から見れば、

 

「え?マイホの高射幸性スロット機なんて、普段はゴッド、ハーデス、絆くらいしかまともに動いてないけど…」

 

「メイン扱いだと書いてある他の機種は、しっかり動くのはせいぜい金曜、土曜、日曜、祝日くらいだと思うが…」

 

こういった疑問点も出て来るでしょうが、ホール目線、特にボッタ店の言葉で言えば

 

「平均稼動なんかどうでも良くて、抜ける時には最近の機種よりも多めに粗利が残る高射幸性のメイン機種をより多く残しておきたい」

 

「月曜~木曜はショボいパフォーマンスでも、金曜、土曜、日曜、祝日にひとつ上の水準のパフォーマンスになって、それがお店的にはデカい訳だから、メイン扱いの機種は削りたくない

 

こんな感じの声が聞こえて来るのが実情でしょう。

 

もしも仮に、前述したメイン機種を削るのであれば、良くあるケースでは、モンハン月下雷鳴のセレクター周りの劣化などで已む無くこれを減台/撤去する、といったハード面の事情が関係して来るかと推察します。

 

つまり、本音としては、

 

「メイン扱いの高射幸性スロット機を外す時は、それに代わり得る6号機が出て来た時」

 

という事になります。

 

そしてこれは、一部のユーザーや取り締まり行政側、或いはメーカー側から見れば、

 

「自分たちにとって都合が良い事ばっかり言いやがって…」

 

という反応にもなるかと思います。

-広告-

情報提供者との遣り取り

以下、本件について、情報提供者とのTwitterでのDM遣り取りをそのまま紹介させて頂きます↓

________

情報提供者 ※12時過ぎ

「15%の件、動きありました」

 

「全日(注:全日遊連)から通知出ますよ、全日HPとどっちが早いか分かりませんが東京だと昼過ぎからメール通知行くはずです」

 

「もうご覧になりました?」

 

楽太郎

「今出先でして、機械見てるところです(笑)」

 

「9月の理事会で阿部さん(注:理事長)が見直し等々の事を言っていたあれですよね」

 

情報提供者

「そうです」

 

「見直し検討と言ってますが、実際にはもうこれは出来ません、6号機の予期せぬ供給不足が原因です、メーカー都合です、入替え費用負担により中小ホールが潰れるから、それは避けたいのでやむなく期限を延期します、というのが既定路線です」

 

「アナウンス時期はうまいです」

 

「試打会なくなって(注:6号機の展示機不足による「6号機ウルトラ試打会」の延期)、あくまで事実として、機械不足というのが周知になりましたから」

 

楽太郎

「それはそうですね」

 

情報提供者

「全日にしてはかなり考えた末の文面で出ますよ」

 

「費用負担で廃業だけでなく、(注:今の状況で設置比率減の自主的な取り組みを予定通りに)強行すれば組合脱退の店も相次ぐだろう、という内容です」

 

楽太郎

「ありがとうございます、今■(注:メーカー)に居ますんで、帰りの電車に乗ったら見ます」

 

楽太郎 ※16時すぎ

「通知書面見ました」

 

「まあ、じゃあいつまでに15%以下にするのか、そういった期限設定に苦慮するでしょうね」

 

「まず第一に、そう思いました」

 

「機械の供給の見通しが立たない、国内イベントによる入替自粛の可能性、エリア差あるかもですがやはりこういう事情は考慮しないといけないので、全日遊連としてこうだと11月の全国理事会の場で新たに期限を確定させるのは困難でしょうね」

 

「1月末時点で、という期限の延長については、反対する意見は出ないでしょうね」

 

「ウチもそうですがやってる店は既に15%以下で、やってない店はデータ上では18%ちょいな訳ですから、一般的なスロ台数200ないし300台規模のお店で見れば、その差は10台あるかどうか程度の差ですから」

 

「先んじてやって、やり損じゃんという不満はあるでしょうけど」

 

「遅かれ早かれやる事ですし、もしも何か月か高射幸性を3%多く継続設置していた時と外した時の粗利欠損が店の存続に決定的に影響するような経営/運営のところだと、そもそも長持ちしないでしょう」

 

情報提供者

「連絡ありがとうございます」

 

「私の周りだと本当にもう最後の一押しで、数台バラの台を外せば15%みたいなところばかりですね」

 

「予定狂ったとすればKPEですかね」

 

「案件入れてて(注:戦コレ家康)、回答延ばし延ばしで23日だったみたいなんですよ、担当営業からご用意できません、社内で、直近2つ3つ付き合ってないとダメみたいな話になってるので、みたいな」

 

「速攻で案件入れてて、今までのKPEならほぼ入る、これで15%クリアだと思ってたら落ちちゃったと」

 

「まあ、それでも適当な中古買って入れ替えるのは決まってます」

 

「もう既に高射幸性が減る前提で数字組んでますし、数字の目減りについてオーナーに慣れてもらってるような感じですかね」

 

楽太郎

「今日この情報出て、一番あれこれ議論が発生するのはホール側じゃなさそうですね、日電協内でしょう」

 

「適合してる手持ち5.9号機ネタがあるなら、組合員の皆さん、是非出してよ、という話になるでしょう」

 

「特に北電子に対して突っ込み、催促が出るでしょうね、手持ちのジャグラー早う、みたいな」

 

情報提供者

「なるほど」

 

「ハーデス2、これも手堅く売れる流れができましたね」

 

「蒼天は今サミーのスロに実績がないので微妙そうですけど」

 

「まあ今ホール側はこっちよりもパチンコの65%上限撤廃の方に注目してる感じですかね」

 

「情報漏れてて警察怒っちゃったようですけど事実なんですかね?」

 

楽太郎

「別の方から聞いた話だと事実ですね」

 

「あと、警察がらみで個別だと、ユニバーサル」

 

「エレコかも知れませんが、物議醸しそうなネタ持ってるようです」

 

「詳しくはお伝えできないんですけど、その方曰く、11月に波が荒い機種を出す方向で準備してるのに対して、警察庁、日電協が牽制していると」

 

「それに、T議員(注:実際には実名で遣り取りしました)も絡んで来てるみたいな」

 

情報提供者

「おおー」

 

楽太郎

「ご参考程度に、でも業界人こういう話好きですよね」

 

情報提供者

「(笑)」

 

「しかし、情報、噂、凄いスピードでどんどん出て来るようになりましたね」

 

「どれを信じるか、しっかり選ばないと(笑)

まあどれも参考程度にしておくのがベストでしょうけど」

 

楽太郎

「ちょうどさっきまで別の方(=ボス さんと同じ感じのDMしてましたよ」

 

「2000年くらいまでは、こんなに業界人発信者が出て来て、メーカー事情やホール事情、取り締まり行政絡みの事情がタダで見れて、ユーザーと交流するような時代が来るとは予想もできなかった」

 

「だから、多少むむっ?と思っても、どんどん情報や意見が出て来る現況は個人的にはウェルカムみたいな話をしましたね」

 

「私の場合は情報漏洩者という事でボロクソですけど、それ事実ですから(笑)」

 

「叩いている方の方が正しいんです」

 

情報提供者

「身投げみたいな発信行為なら賛同できません」

 

「くれぐれもバレないように、お気をつけくださいね」

 

楽太郎

「m(_)m」

________

DMでの遣り取りは、以上です。

 

 

今回は、これくらいにしておこうかと思います。

コメント頂ける方は、下の方からお願い致します。

 

 

「高射幸性スロット機の設置比率維持、ユーザーの立場ではウェルカム!」という方や、「なんだかんだで、毎日覗きに来ている」という常連読者の方は、1日1回のボタンPUSHにご協力願います↓ m(_)m
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

 

[記事情報]

2018年10月30日公開

 

[修正]

2018年10月31日8:59

議員名をイニシャルに変更

15 comments on “【高射幸性スロット機】2019年1月末までに設置比率を15%以下に減らす取り組みの再検討について

  1. 卯年

    お疲れ様です。
    あのツイートの後でしたから見ててヒヤヒヤします(-_-;)

    あくまでも攻める姿勢が大好きですが、この時間も永遠ではないようなそんな不安。

    Reply
  2. daidai

    hey鏡は期待に沿えなかったということでしょうか。最近のスロは怖くてさわってませんが。30年前のパチ屋が海だらけだったように、今後のスロもジャグだらけになるんですかね。

    Reply
    1. のんべえ

      逆に特定の機種に依らなくなるんじゃないですかね?
      店内全台バラエティみたいな・・・

      6号機は動きが見えないけど無いのも困るので数台だけ買っておく。
      入替告知は頻繁にしたいから既存の中古台も数台入れて新台入替にする
      という状況が続けばジャグばっかりという事も無いのかなと。

      Reply
  3. 匿名

    高射幸性スロの削減はお上から強制的に指示されるのを回避する為に自主的に削減するから勘弁してと泣きついたやつですよね?

    それすら出来ないとかどんだけゴミクズ業界なんだよ

    これでこのゴミクズ業界には強制力を持った規制しか通用しないのが分かりましたね

    Reply
  4. 匿名

    正直者がバカを見ますね。計画的に入れ替えして、買わなくても良い台を買っている所もあるだろうに。結局、努力目標であってペナルティーも無いですし。組合って何なんでしょうかね?強制力も無い、力も無いならやめちゃえば良いのに。

    Reply
  5. 匿名

    延期が決まったら警察との出来レースだったこと確定ですよね。射幸心よりも店が経営を維持できるかどうかのほうが利権をむさぼる警察には必要なわけで、同じ論理で6号機の緩和ができるようになります。
    やはり、、そこまで話がついていたのか、、、というのが感想で驚きはないですね。
    これで、短期を緩和して 結局5号機時代よりもあらくなってるじゃん!というのをもともと計画しているものと思います。その間に中小を淘汰するという作戦です。

    Reply
  6. ゴンザレス

    T議員なんて生々し過ぎるし、頭に思い浮かんだ名前と違うと面倒だから、X議員とか予想しにくいアルファベットにして欲しかったような、妄想を楽しみたくもあるような(笑)

    戦コレ家康は結構楽しみな人も多いだろうに、「入ると思っていたら入らなかった」という話もチラホラ出てきていて、実に悲しい(´・ω・) 近所のホールにも入って欲しかったが入らん気がしてきた。

    Reply
  7. 匿名

    ん〜、だから
    楽太郎さん何か考えがあろうがなかろうが
    確信犯的な言い回しがドヤ顏の幼児っぽいですよ…

    最近は一定の理解はしているつもりですが、
    いい歳したおじさんの幼稚なドヤプレイは見るに堪えません
    もう少し大人になってください

    Reply
  8. 匿名

    組合の書類を画像で公開するのは駄目でしょ。
    スロメーカーの内部事情を晒すのも駄目、情報正確なら営業妨害だし、違ってたらフェイクニュースだし

    そういうことわかってんかな、ここの人  

    Reply
    1. 匿名

      わかってやっていると言っておりますよw

      しかも組合やメーカーなどからマークされている様ですが
      お咎めは無く注視されてる状態らしいので
      事実上、黙認されている状態ということなんじゃないですか?

      本人も最近、ガクブル演出を醸してはおりますが
      黙認されてるのを理解していて、ケロッとして過ごしております。

      実はこの人こそが、あれほどコケにしていたフィー○ズの営業マンだった!
      ってオチもあるかもしれませんよww

      Reply
  9. 匿名

    出来レースとかw
    ならなんで6号機ウルトラ試打会なんて金かけて準備して
    中止で更に金掛かるようにしたんですかね

    6号機が思っていた以上に通らなく
    配給不足なのは事実ですよ

    Reply
  10. 匿名

    ツイッターにて、発信内容的に身バレ即解雇ということをご発言されているということは、即解雇になるようなことをしている自覚があるのですねw
    他方で、改めるつもりもないとご発言されていますが、素晴らしいお考えで感服致しますwww

    Reply
  11. 匿名

    この程度の内容で即解雇なんてありえないですよ
    仮に本当に即解雇になるような人材なら
    もとより数店舗を任せる要職に抜擢されたりはしませんね
    そういう諸々のこと全てを含めてこの人は確信犯なんですよ
    簡単に言い換えれば自信過剰な方なんでしょう
    もちろん仮に即解雇されても痛くも痒くもないほどの貯えも既にあるからですね

    Reply
  12. Pingback: 高射幸性スロット 1/31までに15%以下が延期となる可能性 | フルスロットる!

コメントをどうぞ! ※2018年に入ってから、本社業務が加わって忙しい立場になってしまいました。返信ご希望のご質問などは、お問い合わせフォームをご利用下さいませm(_)m